神経科学大会3日目:栄養と神経科学のシンポジウム

学会3日目は朝8:30からのシンポジウムを国立精神・神経医療研究センターの和田圭司先生とともにオーガナイズ。
お一人、キャンセルが出たのでゆったり話せたのは有り難かった。
神経科学大会は数年前から英語化が進んでおり、昨年あたりからは一般口演含めてすべて英語になったのだが、それをきちんと講演者に伝えていなかったので、お一人、スライドも日本語、発表も日本語となってしまったことは反省点。
最後の講演の釣木澤朋和さん(味の素ライフサイエンス研)の発表が興味深かった。
ラットの機能的MRIにより、アルコール、ショ糖、コーン油、そしてグルタミン酸(味の素、ですからね)等を摂取させたときの脳の活動変化を捕らえていたのだが、アルコールで抑制がかかるのはリーズナブルとして、ショ糖で全体的に活性化が見られたことは、「頭が疲れたときには甘いものを食べましょう」の科学的根拠かもしれない。

昼時は来年第34回大会のプログラム委員会を開催し、大会企画シンポジウムを決めた。
あと1年、きっと早いのだろうと思う。
by osumi1128 | 2010-09-04 07:14 | サイエンス | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31