自然災害だけで滅んだ街は無い

東北大学の医学部同窓会は、卒後25周年に同級生がカンパを募り、毎年の総会の折に特別講演会を企画するという(珍しく?)洒落たことをしている。
特別講演会は市民も参加可能で、過去には安藤忠雄さんや玄侑和尚、もう少し若いところでは海堂尊氏、香山リカ氏なども講演された。
今年は仙台医学校から数えて140周年ということで力の入った企画となり、19日に塩野七生さんを交えた鼎談「瓦礫と大理石 廃墟と繁栄」、20日はオペラ夕鶴のコンサートだった。
「え? いったい誰のつてで塩野七生なの?」という疑問は、鼎談の前にちょっと控え室に御邪魔させて頂いて(広報室として写真撮影をさせて頂いた関係です)、昭和62年卒の幹事を務める上野義之先生(山形大学教授)からのお話で解決した。
昔からの大ファンで、留学時代にローマにある塩野七生さんのお家を訪問されたこともあるという!
そうか、熱い思いは伝わるのだと思って、いいなぁ……と感じた。
お陰で生(なま)塩野七生さんにも会えたし。
d0028322_2028962.jpg




塩野七生の著作を若い頃から読んでいた訳ではないのだが、昨年フィレンツェの学会に参加が決まったあたりから読み始めたら見事にはまってしまった。
そもそも、ギリシア・ローマ神話は好きだけど世界史は好きではなく(というか、歴史の教科書というのがキライ)、『ローマ人の物語』という文庫本にして全43巻という長大な物語を読み通すなんて自信が無く、完全に食わず嫌い状態だったのが、読んでみると、その登場人物の描かれ方に引きこまれたのだ。
「お勉強」としての歴史が嫌いだったのは、「鳴くよ鶯、平安京」「良い国作ろう鎌倉幕府」的に「事実の暗記」の側面が駄目だったのであり、歴史を作った「人間」のドラマは面白いと気づいた。
また、『ローマ人の物語』ではローマ帝国がなぜ繁栄したのかについて、征服した属国からも優秀な人材を登用したり、それぞれの特技を生かして多様性を確保していたことが挙げられており、『ルネッサンスとは何であったのか』でも、ルネッサンスが興ったヴェネツィア、フィレンツェ、ローマに関して同様の指摘があり、これは常々、大事だと思っていたことだったので首肯した。
私が西洋文化と思っていたものは、かなりキリスト教文化に偏っていて、実はそれ以前に「多神教」の文化が長く栄えていたことにも気付かされ、自分は「多神教」側にいると感じた。
ちょっと男性的な言葉遣いも(しばらく前に傾倒していた高村薫と同様に)好みだった。
なぜ、もっと早く出会えなかったのかと思ったが、出会いはいつだって遅すぎることは無いはずだ。

その鼎談の中で出てきた塩野七生さんの言葉に「自然災害だけで滅んだ街は無い」というものがあった。
人々がその街を必要とするなら、どんな酷い自然災害があっても、そこに街は再び興る。
人々がその街を見捨てたときに、街は滅びる。

なるほどと思った。
ローマ帝国の街はそれ以前の廃墟の上に建築されてきたので、ちょっと掘るとそれ以前の時代の遺跡が出てきたりするのだが、塩野さんは今回の東日本大地震の瓦礫処理のことが気になるという。
今回、荒浜、女川、石巻を視察され、県庁にも取材に行かれたとのことだが、「瓦礫の持ち主を探すなんていうことをしていたら復興が遅れる」と、日本的な几帳面さや平等主義、合理的に考えない習性にはモノ申す、という立場だった。

もう一つ、こういう「非常時」にはリスクを取れるリーダーの存在が必要であり、民主的なプロセスは平和な時代のものであるとも言われた。
まったく、今の日本には「リーダーになりたがる」人は多いようだが、自分でリスクを取るという、腹の座った人材が欠けているように思う。
塩野さん曰く「日本はリーダーを育ててこなかった」。
d0028322_2025424.jpg
本日は丸善でサイン会があるというので出かけたのだが、通常のサイン会と違って先着60名に整理券を配って、一人ひとりとお話ししながらという趣向だった。
冒頭のスピーチで、安藤忠雄さんと一緒に被災地の子どもを育てるプロジェクトを行なっていると仰ってらした。
残念ながら、学生さんと論文手直しのアポイントがあったので、サインを頂く順番まで待つことができなかった。
本当はひとつ訊いてみたかったことがあって、それは「(ノーベル賞受賞者の)リタ・レヴィ=モンタルチーニ女史とご面識はおありでしょうか? 塩野さんの目からご覧になって、どんな女性でしょうか?」ということだったのだが……。
もし思いがあれば、きっと叶うと信じて、次にお目にかかるチャンスを探したい。

【関連リンク】
拙ブログ:安藤先生へのファンレター
拙ブログ:柳沢発言とリタ・ レヴィ=モンタルチーニ
by osumi1128 | 2012-05-20 20:31 | 雑感 | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31