日本のアカデミア人材育成が危ない・その1【コメント表示】

「今年は空梅雨」なんて嘯いてごめんなさい……。
昨日などは、しっかり梅雨でした。

ところで、先日、元三重大学学長の「つぼやき」ブログのアクセス数がものすごいことになった、というお話でしたが、関連したデータを示しておきます。
この10年間で若手教員のポストがいかに減ったか、これをなんとかしないと日本の教育も研究も科学技術振興も駄目になりますよ、ということです。
d0028322_824717.jpg

資料の元はこちら



いろいろな問題というのは、一つの原因だけで生じるものではありません。
アカデミアポストの減少減少に至った要因には以下のようなものが考えられます。
・少子化による学生数減少に対応するため+日本の研究力を増すために「大学院重点化」政策が撃ちだされた。
・大学院重点化により、大学院生の定員を増やすために大学院生の指導ができるとみなされる「教授」ポストを増やす必要が生じた。
・教授を増やすために、教員の定員枠の助手(当時)や講師の分を減らして、教授ポストに振り替えた。
・大学院を修了する博士人材ポストとして「ポスドク1万人計画」が打ち出され、その後もポスドクは増え続けた(現在1万5千人程度)。
・(上記の図は平成10年と平成19年の比較なので、まだ反映されていませんが)年金受給年齢引き上げに対応して、大学教員の定年延長をし、若手ポストの空きが出るのが遅れている。


「つぼやき」の豊田先生が挙げられた図はこちらです。
d0028322_8374059.jpg

2006年を境にした減少が、他国と著しく違うことが見えますね。
「大学の職階別教員数」グラフでいうと、助手・助教のポストが底を打った(だとよいのですが)のが2006年です。
21世紀COEの次の施策でグローバルCOEが開始されたのが2007年度、つまり法人化以降に為されたいろいろな「大学改革」で、研究の実行部隊の中心となるべき助教クラス人材は減り、教授は増加した大学院生の指導(メンタル含め)に加えて、種々の書類書きも膨大なものになって疲弊した、というのが私の見方です。
もう一つ、日本学術振興会特別研究員のPD(博士研究員レベル)の申請にあたり、人材の流動性を桝ために「研究室を変更すること」が義務付けられたことも、せっかく手塩にかけて育てて、さぁ、学位論文に加えてもう1つ2つ書けたらいいね、という段階の人材が、新しい研究環境に移って、そこで一からはじめなければならない、ということも論文数に影響したのではと考えます。

今、なんとかしないと、この国の人材育成は駄目になると思います。
なら、どうするか、次のブログに書くつもりですが、ご意見コメントとしてお寄せ下さい。
Commented by Kazushi IKEDA at 2012-07-08 14:31 x
若手ポストが上位ポストに振り返られた一番の原因は,団塊世代を全員教授にするためだと思っています.
Commented by しるこ at 2012-07-08 19:55 x
大学も、仕分けを受けた国の研究機関である独立行政法人も今後は期待できないということで、もう企業に頼るのが一番と思っています。工業系の企業は研究開発費が下落していませんし、商社などは海外への投資が盛んです。自動車メーカーも電気自動車への研究を継続しているみたいです。論文数は減るかもしれませんが、特許などが期待できると思います。

最近、大学の教官やポスドクを眺めていると、あまりにもストレスを受けすぎて楽観主義的になっている印象を受けます。危機感も過剰に溜め込みすぎるとかえって能力低下がもたらされると思いました。
Commented by 土屋俊 at 2012-07-08 22:01 x
ご主張の趣旨にあまり影響しないとは思いますが、事実関係についてのコメントです。2番目のグラフは、Scopusという文献データベースを基礎しているので、生命科学系ということではなく、全分野の論文数だと思います。絶対数12000もそのように理解できます。広い意味の生命科学系(biology, biotech, infectious disease, medical specialities, brain, health)では、その半分くらいになるのではないでしょうか。
Commented by すみません at 2012-07-10 10:23 x
まことに僭越ながら教授にひとつ質問させてください。
論文数と、経済成長率の相関はどうなっていますか?
70年代くらいからのデータはございますでしょうか。
Commented by 木内敬太 at 2012-07-10 23:43 x
論文数激減の背景、気になっていましたが、実態がよくわかりました。分析ありがとうございます。
Commented by 海外ポスドク at 2012-07-13 14:59 x
女性である大隅先生がどの程度同意されるかわかりませんが、ここ何年も日本とアメリカで就職活動をしているPD(男)から見ると、日本の論文発表数が停滞・減少している原因の一つは、PIポジションへの女性・外国人の限定・優先採用であると思います(少なくとも私の研究分野では)。

最近政府が進めているこの政策のために、元々女性のPDが少ない私の研究分野(システム神経科学)では、女性や外国人なら非常に低い競争率でPIに採用されてしまい、その結果、経験・実力のないPIが多く生まれています。そしてただでさえ少ない若手PIのポジションの一部をそのような能力の低い人材が占めることになっています。さらにその結果、そのような女性・外国人よりも能力の高い日本人男性PDがPIの職に就けず、他職種への転職あるいは海外の研究職への就職を余儀なくされています。これでは日本の論文数が停滞・減少するのも当然のような気がします。
Commented by 海外ポスドク at 2012-07-13 15:02 x
すみません、先ほどのコメントの続きです。

もちろん女性や外国人研究者を増やすことに異論はありませんが、そのような政策は、元々「日本の研究レベルの向上」という目標のもとに進められているのであるのですから、女性・外国人優先採用によって逆に論文数などの研究レベルが下がってしまうのは本末転倒です。言うまでもなく、研究のレベルを下げずに、女性・外国人研究者の割合を増やす取り組みをしなければ意味がありません。そのためには、性別・国籍に関わらない公平な競争を維持しつつ、なぜ女性・外国人研究者が少ないのか?という直接の原因を探ってそれを解決させることが不可欠であると思います(米国では業績が同様のときにだけ女性を優先採用するという制度をとっているので、それにより研究のレベルが下がることはありません)。

「女性・外国人PIは増えたけど、その多くが三流研究者ばかり」ということにならないように、現在の政策の早急な転換を切に願います。
Commented by osumi1128 at 2012-07-19 05:48
海外ポスドクさんへ
日本の女性研究者は2006年から急に増加した訳ではありませんね。外国人研究者もしかり、です。増えた分の絶対数は微々たるものです(そもそも女性は13%程度しかいない)。ですので、論文数の急激な減少との相関性は低いと思われます。また、そもそも論ですが、「女性・外国人PIは増えたけど、その多くが三流研究者ばかり」という偏見には同意しかねます。
また、「業績が同様のときにだけ女性を優先採用する」というのは日本でも一般的な考え方だと思います。東北大学では女性枠を設けて人事を行なっている訳ではありませんが、この数年の間に優秀な女性教員を採用できています(例えば、最先端研究の採択者等)。
ともあれ、(男女含め)若手のポストが少ないことにより、「女性・外国人が優遇されているからだ!」というご意見を持たれるのは、もっともなことだと思います。
「なぜ女性研究者が少ないのか?」については、例えば下記の資料を読まれることをお勧めします。
http://annex.jsap.or.jp/renrakukai/enquete.html
Commented by osumi1128 at 2012-07-19 06:02
土屋さま
ご指摘を踏まえて記事を訂正しておきます。
また、別エントリーにも同様の主旨のコメントを頂きました。
Commented by osumi1128 at 2012-07-19 06:04
すみません様
経済成長との相関は同じ報告書には載っていませんが、科学研究費の総額がだいたい2000頃で頭打ちになっている、という事実はあります。
1970年代の論文数等の報告については見たことがありません。データベース化されていない頃なので、集計が難しいと思われます。
Commented by osumi1128 at 2012-07-19 06:05
しるこ様
論文数激減の理由は企業からの論文発表が減少したからである、という分析が為されています。別エントリーを御覧ください。
Commented by すみません at 2012-07-22 22:44 x
コメントありがとうございます。
ということは、2000年ごろまでは科学研究費は増え続けてきたということですね。
Commented by 海外ポスドク at 2012-07-27 07:25 x
大隅先生、コメントありがとうございます。

>「業績が同様のときにだけ女性を優先採用する」というのは日本でも一般的な考え方だと思います。

とのことですが、残念ながら大手就職サイト等を見ていると以下のような公募がしばしば出ています(この例は工学系ですが生物系でも同様です)。

機関名 : 香川大学
タイトル : 知能機械システム工学科の准教授、講師、もしくは助教(但し、女性限定とする)の公募

このような男性が多い分野において女性限定の公募をしたら競争率が通常公募よりもかなり低くなるはずなので、通常公募と同じレベルの研究者が採用される可能性はとても低いはずです。したがって全体として見たら、このような女性限定公募が日本の研究レベルを少なからず低下させているのは明らかです。

もちろん私もそれが論文数の急激な減少の主要因ではないとは思いますが、女性限定による低倍率での公募によって採用されたPIがただでさえ少ない若手PIポストの一部を占めていることを考えると、「無関係」として一蹴してしまうのは乱暴すぎるのではないでしょうか。
Commented by 海外ポスドク2 at 2012-07-30 22:53 x
今更横やりで申し訳ないのですが、上記とは別人です。
女性優遇公募は肌身で感じますが(米国でもよくしゃべる女性ほど採用されます)、それをいってもしょうがないというのが現状でしょうね。
ただ、元々学部、大学院の段階から女性が少ない分野で、教員だけの女性比率を短期的に、短絡的に上げようというやり方が気に入りません。本来なら、学部などの男女比を考慮して、教員側も調整するか、何より、任期なしの高齢連中が男ばかりでどけようがないのを、これからの採用だけで是正しようとするという構造が間違っています。この構造がポスドク問題とも似ているんだと思います。
そもそもとして、男女平等、機会均等が大事なのであって、本来的な男女比率などは問題となるべきではないのですが。

横やり失礼しました。日本には戻れない一人として、少し提言させていただきました。
Commented at 2012-07-31 17:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 海外ポスドク at 2012-08-12 17:08 x
何度も恐縮ですが、また以下のような女性限定公募が出ていました。このような研究能力とは無関係な基準をもとに若手PIを採用し続けたら、日本の研究レベルが多少なりとも低下するのは自明でしょう。(PI公募と同じように科学雑誌の投稿にも女性枠があれば話は別ですが…)。
 
先生のおっしゃるような「業績が同様のときにだけ女性を優先採用する」という考えが全研究機関で徹底され、女性限定公募がなくなることを切に望みます。
 
機関名 : 首都大学東京
タイトル : 公立大学法人首都大学東京の専任教員公募(都市教養学部理工学系生命科学コース・准教授)ゲノム、多様性、バイオイメージング(女性限定)
研究分野 : 生物学 - 基礎生物学
複合新領域 - ゲノム科学
職種 : 准教授相当
勤務形態 : 常勤 (任期あり)
募集終了日 : 2012年10月01日
URL : http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D112080364&ln_jor=0
by osumi1128 | 2012-07-08 08:51 | 科学技術政策 | Comments(16)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31