STAP細胞顛末

ワシントンDC入りしました。
予想に反して昼間の気温が10℃より高いようです。

11jigenさんの検証によりSTAP細胞に関するNature Articleの図に、筆頭著者の博士論文からの図がスキャンしてコピペされていたことがわかり、共著者である山梨大学の若山先生から「確証が持てなくなった」というコメントが出されました。
STAP細胞の論文の問題について

山梨大からの発表によれば、手元にあるSTAP幹細胞を第三者の手に委ねて検証してもらう、とされています。

そもそもSTAP細胞が誘導できたのか、という問題とともに、私自身は今回のNature論文が出たときにもっとも「面白い!」と思った以下の点が気になります。
それは、「ES細胞は胚盤胞注入実験により胎盤組織にならないが、STAP細胞は「53%」の個体において胎盤組織に「10%程度」なった」という点です。
これは、ES細胞よりもSTAP化すると、さらに発生を遡ってリプログラミングしたことになるので、発生生物学的観点からはとても大事(おおごと)なのです。

ただ、11jigennさんのさらなる検証によれば、その博士論文の中にも多量の盗用があるようなので、そうなってくると何を信じてよいのやら……。

例えば、上記の実験を「捏造」するのであれば、以下のようなやり方が考えられると思います。
最終的に見せたいのは「胎盤に緑色に光っている細胞がいる」ことなので、胚盤胞の発生段階の胚を全身GFPで光るマウスから作って、それをバラバラにして若山先生に渡して注入実験を行った場合、若山先生にはそれがSTAP細胞か、Fgf4-induced stem cellsなのかはわかりません。
実際、論文には「Fgf4-induced stem cells」は「cag-GFP-labeled(全身光る)」とされているので、遺伝子の解析をしても区別は付かないでしょう。

唯一可能なのは、実際の実験ノート(もしあれば)や、動物実験施設における記録(誰が出入りしたのか、どのような種類のマウスがその実験のときに飼育されたり交配されたりしていたのか)を調べることだと思います。
STAP細胞であれば、生後すぐのマウスの脾臓の細胞をもとに作られているはずですから、cag-GFPマウスを交配して数日目の胚を得る、というようなことはしていないはずです。
……でも、これも動物施設ではなくて、通常の研究室内で交配などしていたらわからないかもしれません。


今回の事件では、私も多くのことを学びました。
最初のブログ記事の時点では、まさか捏造が含まれているなど思いもよらなかったので、今、読み返すとかなりイタいですが、自戒を込めてあえて取り下げないことに決めました。
(借用した画像は後で外しておきましょう)

若山先生は、世界で初めて「体細胞核移植によるクローンマウス」を作製された方で、それは「クローン羊」のドリーが生まれてから2年後のことです。
実際には、クローンマウスを作ろうとしたのは若山先生だけではなく、皆さん成功しなかったのですが、1981年に「成功した!」という捏造論文が出ています。

イルメンゼー事件~幻に消えたクローン成功~


この論文の元になっているのは、1958年のカエルでの核移植です。
そう、ジョン・ガードン先生が行って、ノーベル賞受賞に繋がった実験です。
(ノーベル賞受賞対象は、オタマジャクシの細胞の核を移植した1962年の論文ですが)
「カエルでできるなら、哺乳類でもできないか? できたら畜産などには役立つし……」ということでトライした研究者は1958年以降、世界中に多数いたはずです。
でも、20年経った1981年の時点でもダメで、1998年、つまりカエルの実験から40年経って初めて若山先生がマウスで成功したという、長い長い歴史があります。

ちなみに、このイルメンゼー博士は、他にも捏造論文を出したことを間接的に聞いたことがあります。
in vitro(実際には培養皿)で卵子と精子を受精させて、それを形がはっきりするくらいの胚(マウスなら10日目くらいでしょうか)にまで発生させた」というのですが、これも実際には発生6〜7日目くらいに起きる「着床」というイベントが無いと哺乳類の発生は進まないことが現在では定説となっています。

私がSTAP細胞で面白いと思ったもう一つのポイントは、「生体内でも何らかのストレス等により細胞が若返る(リプログラムされる)ことがあるのだろうか?」という点でした。
そういう細胞が「癌の芽(cancer stem cells)」になるのではないか、という妄想が湧きます。
この点については、私自身はポジティブに考えています。
Cell Reprogramという名前の雑誌も刊行されているくらい、研究人口は多い分野で、Cell誌の2月号にはこんな論文も出ました。

Nonstochastic Reprogramming from a Privileged Somatic Cell State


ですので、STAP細胞問題は、1年で再現性がどうこう、ということではなく、もっと長い目で見るべきなのではないかと思います。

ただし、それと研究不正の問題はまったく別のことです。
科学には愛と誇りをもって臨みたいものです。

科学への愛と誇り(このタイトルは、東北大学の『研究者の作法ー科学への愛と誇りをもってー』という冊子のタイトルから取っています)


Commented by 小林 at 2014-03-12 11:08 x
初めてコメントさせて頂きます。
「ガードンの研究のオリジナリティ」という記事から読み始め、ときどき拝読しています。
ガードン博士の記事を読んだのは、山中氏ノーベル賞受賞の関連で、同時に賞を受賞した人がいる(しかし、その情報が少ない)のをグーグル検索して、貴ブログにたどり着きました。
今回のSTAP細胞 事件、顛末のまとめ記事も興味深いです。マスコミが報じる報道は、過剰に持ち上げ、過剰に叩き下ろす嫌いがあり、 研究成果の内容に落ち着いて触れることが少なく、また、性急に結果を求めすぎる嫌いがあります。
その意味で、本ブログのような、落ち着いた筆致で、科学者の方が書かれているブログは、門外漢にとってありがたいです。
6歳の子供に、STAP細胞の顛末をどう伝えようか迷っていたのですが、大隅先生のおっしゃる「科学への愛と誇り」をキーワードに、話してみようと思います。ありがとうございました。
Commented by final_theme at 2014-03-12 11:33 x
大隅先生の昨日の理事長声明感動しました。
マスコミも先生の声明を受けてまともな報道を始めました。有難うございます。
今回ブログを読ませていただきまして少し書きこませて頂きます。
確かに先生の言うように生体内で何かしらのリセットがあるから癌化するのではというのは納得です。
しかし今回の様な発見者(捏造・剽窃常習犯)がつけた名称を使い続けるべきでしょうか?
もし、生体内で細胞のリセットが発生したとしてその時それを実証した人が新たに名称をつけるべきだと思っています。
あの名称はもう見たくありません。勿論論文の取り下げが前提ですが・・・
Commented by STOP不正 at 2014-03-12 15:18 x
大隅先生、初めまして。
研究者の端くれとしてSTAP細胞をめぐる一連の騒動(?)にが気になっております。
昨日の理事長声明はスタンディングオベーションものであり、大変感銘を受けました。他の日本の関連分野にある学会からの声明が全くない中、日本分子生物学会が声明をいち早く出したことに大変意義があると考えております。ただし、一つ残念なのはそのすばらしい声明は日本語版Onlyなのです。学会の英語版ホームページを見に行ってみましたが、英語版の掲載はありませんでした。国外にも日本のサイエンスのモラルは死んでいないということを発信するためにも、是非とも英語版の掲載をお願いしたいところです。

さて、この記事で先生が仰っている通り、STAP細胞作製や分化能に対する再現性と不正とは全く別のことであると認識しております。
残念なことに研究者倫理が欠如したまま、博士号を取得してしまった研究者が今後出ないように、微力ながら自身も貢献したいと考えております。
Commented by タク at 2014-03-12 18:35 x
初めてコメントさせて頂きます。
僕は文系で細かいことはよく分かりませんが、STAP細胞の信憑性は高いだろうと類推しています。つまり、個人的には小保方派です。
というのか、報道をよくよく見てみると、今報道されている内容は、科学論文の体裁としては間違っていて、信じるに足りないと体裁上言わざるを得ない、と言うことかと思います。画像の転用や博士論文の意義の部分が拝借されていたことは状況証拠としては反論のしようもない。だから仕方なく撤回に踏み切るしかない。山梨大学の教授はそう考え、小保方さん自身もそのことに同意していると言うことだろうと思います。
でも、個人的に気分が悪いのは、小保方さん達の成果を、一般の論文でもありがちなハショリを指摘することで台無しにしようと言う人間のさもしさです。揚げ足取りによってこの成果を妬む人間の浅ましさです。
Commented by 飯尾 at 2014-03-12 20:33 x
>タク様
僭越ながらご忠告させて頂ければ,細かいことがよくわからないのであれば,他者を断定的な表現で批判されることはおやめになった方が良いかと思います.

このブログのリンク先に書かれているとおり,「独創性の尊重‐アイディアは研究の命です」
研究者は,数多の論文を読み,そこに対して自分の研究がどのような意義を持っているかを熟考し,そして論文を書きます.

論文を書くこと,そして新たに何かを生み出すこと.
これらの苦労と楽しさを知っているからこそ,既存研究への敬意を表して,正確な引用を心掛けるのです.
“一般の論文でもありがちなハショリ”などではありません.

これらの点があまりにもおかしいという批判に対し,さもしさ・浅ましさなどと書いてしまうことそのものが,自分にとっては非常に気分が悪いです.
そもそも今問題になっているのは,存在を示す証拠となる写真が別のものであったという極めて本質的なものであり,揚げ足どりのような類のものではありません.
Commented by 飯尾 at 2014-03-12 20:37 x
>大隈先生
はじめまして.
横からすみませんでした.
自分もかつて研究に携わっていた身であり,どうしても看過できませんでした.


科学には愛と誇りをもって臨むという言葉には感銘を受けました.

大規模なねつ造があるとその分野全体が委縮してしまうことがあると耳にしたことがあります.
山中先生のiPS細胞の研究は,研究そのものはもちろんですが,ES細胞の捏造発覚後での発見であったことも,分野の信頼を回復させたという点で大きかったと聞いております.

細胞のリプログラムについても,今回の件で研究が委縮することなく,なんとか無事に研究が進んでほしいと願っています.

失礼します.
Commented by Lazy_8 at 2014-03-12 23:16 x
はじめまして。
私は、工学研究者で、かつ研究開発企業経営者です。
私が修士課程の学生の頃までであれば、小保方さんをけしからんと思っていたと思います。しかし、今は、仮に100%の捏造であったとしても彼女を責める気にはなれません。研究業界がどれほど、出鱈目に満ちているかを既に知っているからです。企業から見れば、多くの大学教授は「詐欺師」か良くて「たかり屋」です。あるいはかつて、JSTの研究資金で何が行われていたか先生もご存じでしょう?
この問題を論ずる研究者がネット上で「研究倫理」という言葉を安易に持ち出すのは、多くの研究者が一般社会の倫理を、とうに破り捨てていることの裏返しではないでしょうか。
一般社会の一部である学問世界で研究をしながら、学問世界の倫理と一般社会の倫理は異なるというのは、最低の言い訳でしょう。
胸に手を当てた時、何割の研究者が、我に正義あり、と彼女を責められるでしょうか(半数いるか)?
むしろ彼女はごまかしが下手でした。多くの研究業界で、遥かに悪辣な研究者が幅を利かせています。

Commented by ↑意味不明 at 2014-03-12 23:50 x
子供の好き嫌いの遊びではなく、科学ですので、根拠をあげず「類推」で信憑性を語ったり、検証何の主張を鵜呑みにして「成果」がどうとか言うのはまったく意味を持ちません。科学は検証され事実に基づく故に、有用で強く美しいのです。
Commented by IKE at 2014-03-13 02:13 x
初めまして。私は製造業で開発の仕事をしてます。私は仕事で、1回だけ上手くいったが、その後再現しない現象に立ち会った経験があります。持論ですが、世の中の理論・理屈は人が勝手にルール付けしたもので、1回成功した後再現しない現象は、真の原因を解明できてないから再現しない。それは開発できたとはいえないと思っております。クローンの話は先生も若山氏のコメントでも2年未満の期間で再現しなくて当然のように書かれているのですが、それでいいのでしょうか?小保方氏の論文の記述や写真の転用、盗用等は興味ないのですが、ゆるぎない証拠をなぜ論文を査定するとき、求めなかったのか理解できないです。開発は、日常的に解決の糸口について考え続けることは当たり前です。その為、開発者は極限状態を求められるし、人間は極限状態ならモラルは、期待してはいけないと思います。開発者は高いモラルで仕事するのは当然ですが、査定する側はモラルによらない方法で査定すべきと思います。論文には”動かぬ証拠””誰でも再現できる方法の明示”を求めるべきと思います。実験ノートも画像の合成や創造もモラルが低ければ可能だと思いますが、どうでしょうか?
Commented by U2 at 2014-03-13 06:36 x
画像の使い回しなど、研究者として最低限の倫理観に欠けるのは間違いないと思いますが、例として挙げられているような、意図的な「捏造」を示唆する案件は今のところ無いように思います。この段階で、このような「捏造」の仮想ストーリーを大隅先生のような方が、公に語られるのを目の当たりにすると、個人的にはかなり違和感があります。TCR再構成など、科学的な見地から見て批判されるべき問題、及び、剽窃、画像転用など研究者の基本的ルールに関する意識の欠落の問題、を指摘するレベルで抑えておくべきではないでしょうか。捏造については、理研の報告を待った方が良いと思います。
Commented by くろと at 2014-03-13 09:32 x
盗用、剽窃、捏造のデパートのような異様な博士論文に絶句するばかりです。これはもう一種の病気で、むしろそれが一種の魅力となって、良いデータを即座に持ってきたり、ケーキを焼いたりして権力ヲヤジに取り入る不思議な才能ともなったようです。この虚言癖の不思議な女性が、どのようにして再生医療研究の先端の研究機関の中心に潜り込めたのか。再生医療の発展と言う題目で投じられた、大予算と人事権のチェック&バランスを欠いた個人への集中。公私混同が幅を利かすのを許容する原始的な研究所運営。女性科学者を増やせという(それ自体はとてもよい)要求。特許や知的財産を名目にして作られた、外部の検証から隔絶した閉じた研究空間。羊頭狗肉を極めて上手に行う広報のプロの間違った活用。いろいろな要素が時宜を経て、ちょうど悪い案配にコンスパイヤしてこんな事態に立ち至ったのでしょう。これらは研究所のガバナンスの改善ですむでしょう。しかし問題の根は多分もっと深くにあるような気がします。今の世の中で、国家が、社会が、科学をどのようにサポートするのが良いのかとう根幹に関わっているのではないか。我々はまだ、機能するモデルを見つけていないようです。
Commented by 西村誠 at 2014-03-13 10:50 x
U2さんの発言に同意です。
研究者倫理についての指摘や、明らかな捏造について指摘するのは良いでしょうが、
権威のあるお方が根拠もなく捏造ストーリーを公の場で述べるのはいかがなものかと思います。
やってることが捏造研究者と変わらないのではないでしょうか?
至急謝罪と訂正を求めるレベルです。
Commented by IKE at 2014-03-14 13:58 x
世間は、小保方氏に責任追及をしておりますが、違和感があります。情報を総合すると小保方氏が発見したことに間違いはないと私は思っております。恐らくSTAP細胞は実在し、作れるのでしょう。ただし、論文を査定する側(理研やネイチャー)は成果に興味あるが、技術的には興味なかったのではないでしょうか。成果発表だけを急がせた結果、検証や準備不十分なまま論文発表したのでこういったことに至ったのではないかと考えます。
早大の話も、イントロだからと査定側も見てなかったのではないかと思います。弊社においても同傾向があり、どこでもある話だと思います。そういった環境下で育てば、転用に対する問題意識は薄れるし、本人が発表に対して時期尚早と主張しても、周りの人全員が賛成してれば、社会人として、同意せざるを得ない事態にもなると思います。では研究者は時期尚早と思えば、報告しない。でしょうか。共同研究者が多くなるほど、そのコントロールはできないと思います。
ならば、どこで食い止められるのかをよく議論すべきと思います。私は論文査定において世界共通の明確な基準を設けることだと思います。U2さんの指摘もご尤もですが、理研の報告で事実がでてくるのかは?です。
Commented by 一科学者(他分野) at 2014-03-14 17:30 x
理研の報告が先ほどありましたが指摘された2点は「データの取扱いに不適切な点はあったが、研究不正には当たらない」とのことでした。「不適切」というのは便利な言葉ですな。なんでも玉虫色にしてしまう。「研究者のするべき取扱いとして不適切」と言うべきものも曖昧になってしまう。誰にでもミステイクやエラーはある。どう不適切であったのか明確にしておかないと意味が無い。科学者の良心が疑われている。この上は「分子生物学会」に学会として厳しく追及していただくことに期待するしかない。よろしくお願いします。
Commented by at 2014-03-15 10:39 x
画像の使い回しは、「捏造」そのものでしかないと思いますけど。これを捏造と呼ばずしてなにを捏造と呼ぶのでしょうか。
Commented by westopn at 2014-03-15 19:14 x
このブログ自体は抑制的、知的節度を持って書かれていると感じますが、日本分子生物学会の大上段に被った声明は何でしょう。自分たち集団の権威を振りかざし、水に落ちた子犬を痛めつけるような内容には幻滅しました。理研が当事者能力で対応するはずです。この声明は集団の低質さを宣言したものと感じました。
Commented by U2 at 2014-03-15 20:25 x
同意してもらえない方もいらっしゃるとは思いますが、個人的な見解としては、

(1)テラトーマが実際にできているけれど、SMAのIFがきれいに出なかったので、他の画像と差し替えた、という状況(やってはならない事ですが)であれば、何もないところから捏造されたとは言えないと考えます。実際H&Eの所見でsmooth muscleが確認できれば、SMAはなくても良かったと思います。

(2)もし、テラトーマができていないにもかかわらず、他の無関係の実験の画像を持ってきて、テラトーマができたかのように見せかけるのは、捏造ですので問題です。

この2点を見極めるのが、理研の調査に求められていることと考えます。慎重な対応を望みます。
Commented by >IKEさん at 2014-03-17 12:20 x
情報を総合すると小保方氏が「捏造」したことに間違いはないです。おそらくSTAP細胞は実在しませんし、作れません。実在証明の画像が他のものの転用なのですから言い訳の余地はありません。
また、小保方氏がSTAPに関する論文を書いたのは初めてではなく、一度ネイチャーに「細胞生物学を愚弄」と却下されてそれから何年も経っていますので準備不十分ということは考えられません。
周りの環境の責任も確かにないわけではありませんが(特に早稲田と東京女子医!)、私情をもって彼女自身の責任追及の手を緩めるのは彼女自身にとっても教育上良くないと思います。
Commented by 法科大学院生S at 2014-03-21 05:53 x
はじめまして。横からコメントさせて頂きます。
私は、法律系大学院生です。21世紀はバイオの時代とも言われ、法律系にも目が離せません。
大隅先生のサイトを時々 拝見させていただいており刺激いただいております。特にSTAP細胞はコメントも興味深く読ませていただきました。
さて以前から気になっていたのですが、ご本人以外の人物映像掲載ですが、ご当人の了解をえられておりますでしょうか。大変 気になります。
(画像を撮り忘れたのが、返す返すも残念です……。お料理の画像を撮るのは忘れないのですが、人物を忘れます……)でお料理の画像は問題ありません。「人物」となると大問題に発展します。(苦笑)で済む問題ではございません。当人への迷惑行為を誘発したり、肖像権侵害にもなります。今後は映像には「本人の了解を得て掲載します」など明記されて方が宜しいかと思い、あえて失礼ながら提言させて頂きました。
大隅先生の無事のご帰国とご活躍を祈りつつーー春まじかの京都より。
Commented by osumi1128 at 2014-03-21 12:07
法科大学院生Sさん、ご心配ありがとうございます。はい、もちろん事前に「ブログに載せても良いですか?」という許可を頂いて掲載しております。
Commented by osumi1128 at 2014-03-21 12:09
さらに言えば、相手の方の立場等がある場合や、私的な集まりのときには最初から相手の方の画像を撮影することは控えています。
Commented by 一科学者(他分野) at 2014-03-27 01:12 x
>(1)テラトーマが実際にできているけれど、SMAのIFがきれいに出なかったので、他の画像と差し替えた、という状況(やってはならない事ですが)であれば、何もないところから捏造されたとは言えないと考えます。実際H&Eの所見でsmooth muscleが確認できれば、SMAはなくても良かったと思います。(U2さん)

専門外ですから用語がちっとも分かりません。ですが、「捏造」ということばに、そちらの分野では厳密な定義があるのでしょうかね。私は文字通り「でっち上げること」と解します。であればデータの差し替えは「(取れなかった)データのでっち上げ」です。当然(お書きになっているように)やってはならない事であり、このような操作(やってはならない操作)を意図的に行なうのは「状況」のいかんに拘らず「科学者として恥ずべき事」であり、「テラトーマが実際にできた」かどうかという結果だけが重要なことではありません。

分子化学学会においては「真実」に対しては厳しい姿勢で臨んでいただきたいと思います。

すべての科学者の信頼の問題でもあります。
Commented by U2 at 2014-04-05 22:31 x
「科学者として恥ずべき事」であり、やってはならない事である事は明らかで、このへんの倫理観が筆頭著者に欠けている事は明らかですので、これを指摘する事は何の問題もないです。ただ、これが「捏造」なのか「改ざん」なのかは、調査が必要という事です。実際、理研は「捏造」と判断した訳で、テラトーマのH&Eも存在しないのでしょう。最悪の事態になっていると思います。ここまでひどいと、どうしようもない。この場合は、指導者の責任も厳しく追及されるべきでしょう。
Commented by 中年おじさん at 2014-06-27 22:43 x
私はこの問題で多くの研究者の本来の研究が妨げられていることが非常に残念に思います。若山先生には早く本来の研究に戻ってほしいし(どうしても若山先生の気持ちがすまなければ5パーセントの減給などのけじめをつけて)、笹井先生の連帯責任は逃れようもないけれども、早く理研の辞任などで責任を取った上で一研究者として海外に行くのもいいし、今まで扱っていた研究資金とは及ぶべくもないけれども、私立大学などに移って自らピペットを持つつもりで一からやり直すのもいいと思います。この期に及んでSTAP再現実験を理研がやるというのは資金、人材の無駄遣いに他ならないのではないでしょうか。
Commented by K.T. at 2017-05-01 14:10 x
初めてコメントいたします。
stap細胞の話題も過去のものとなりました。
ただ、BPOのNHKの「不正の深層」という番組が小保方氏に人権侵害があったと言うニュースがあり、其れに対する著名な方々のコメントに違和感を持ちました。stap細胞の有無、論文不正と関係なく、人権侵害はあったと私はあの番組を視聴して、感じております。
小保方さんも論文上の不備は多くあり、其れに対しては責任があります。しかし、若山さんも同じ調査委員会の調査対象者でした。調査対象者が自ら調査に乗り出すと言うのは間違いです。若山さんが解析して貰ったstap幹細胞が本物かどうかも分かりません。
若山さんはクローンマウスの世界的権威という事ですが、若山さんの論文でのクローンマウスの作成は、未だに若山さんだけで、第三者追試成功者はいません。その後の論文もそうです。
stap細胞は、今は京大におられる大田氏のES細胞だったと調査委員会は結論を出しましたが、その大田ES細胞を調査委員会は何処から取り寄せたのでしょう?京大から直接ではないと調べられた人がいます。又stap細胞実験当時には大田ES細胞は若山研究室にはなかったということですが、2009年に書かれたこの論文には同じ岡部マウスが使われており、若山研究室にあったといえます。
Ohinata Y; Ohta H; Shigeta M; Yamanaka K; Wakayama T; Saitou M
A signaling principle for the specification of the germ cell lineage in mice.
Cell 2009年
大田氏の2000年の論文もジャクソンラボから取り寄せています。
Tg(Acr-EGFP,CAG-EGFP)N01Osb
by osumi1128 | 2014-03-12 04:18 | サイエンス | Comments(25)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31