小中学生向け「<ろんぶん>って何?」ジュニア中日記事140406

過日、中日新聞の記者さんから「小中学生向けの紙面に<論文>について載せたい」という依頼があり、先週、記事になりました。
「コピペルナー」の金沢工業大学大学院杉光光一教授とご一緒。
栗山真寛さん、お世話になりました。
新聞社の許諾を得てこちらに掲載致します。
オンライン記事「なるほどランド」はこちら↓

勉強・研究 基本ルールは?

d0028322_08373626.jpg

Commented by clarahaskil at 2014-04-13 11:52 x
私は科学者の実験ノートとはどんなものかよくわからないのですが、ずっと以前から、「わたしのラブノート(Lab Note」っていう企画をやったら面白いのでは、と思っていました。というのは昔ある本で、物理学者のヤン・チェンニン博士がパリティ非保存のアイディアを発見した時のノートの写真を見て、非常に強い印象を受けたことがあったのです。色々な数式が乱雑に書き付けてあるそのノートの片隅に、何かひっそりというか、静謐な佇まいで、その発見は書き付けられていたように記憶しています。
Commented by itabe at 2014-04-17 15:14 x
科学研究者は独善的で独創的で多分に真摯(故意に嘘つかない)です。新規性があり論文掲載要件の必要条件を満たしていれば、嘘や勘違いや間違いがあっても良く、十分条件(命題の真性)はなくても良いのです。過去のノーベル賞受賞にも学問的間違いがありました。論文の真偽については掲載雑誌や関連文献雑誌学会で議論し、科学的評価を積み重ねるしかないのです。生物学の分野は特に時間とお金がかかるので、レシピがあれば再現が簡単に出来るなど思う方が間違いです。
Commented by itabe at 2014-04-17 15:15 x
学問的に確立されている学生実験などでも初心者ではほぼ100%失敗します。自然科学は過去の知見に基づき新たな知識の創造を行うのですから、コピペは当然の行為ですし、実験科学であるなら多くあることでしょう。実験しない研究者なら多くの実験論文のコピペを系統的に並べ新規解釈を論文にするなど一般的に行われています。(倫理的に出典が必須ですし、一字一句違わないのなら以下引用文献参照でいいと思うのですが)
Commented by itabe at 2014-04-17 15:17 x
また博士号は、研究者としての免許であり、それを発行した機関が右往左往している現状は、発行機関として自己改革が必要で、一旦与えた免許を剥奪する行為は自己改革ではなく他力本願で発行機関として恥ずべき行為です。
一般人やこの分野に明るくないメディアが評価や議論すべき問題ではありません。ましてや論文を取り下げろなど論外です。論文掲載が議論の始まりなのです。嘘ばっかり記載してると評価されたら研究者としておしまいですが、独善的にでも研究継続し得たら解釈次第で嘘と思われていた事実が新規発見発明につながるかもしれません。
Commented by itabe at 2014-04-17 15:18 x
今回、本来なら独立し自由な研究者が、理研の行政改革に巻き込まれ、理研の指導のもとに論文発表しているかの誤解がされています。
彼女はまだ若い成り立ての研究者で未熟さを感じますが、外部の揚げ足取りのような議論はやめて論文の新規内容について議論すべきです。
今の理研やstap細胞の議論は科学の道をそれてます。
by osumi1128 | 2014-04-13 08:40 | サイエンス | Comments(5)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31