学位論文

数日前に本学医工学研究科の修士課程学生さん3人が訪れて、STAP細胞論文等についてお話しました。来週、インタラクティブな講義でディスカッションをする予定とのことで、「そもそも<再現性>とは?」「科学と社会の関係」などについて話しました。

「再現性」は科学を生業とする誰もが重要と思っていますが、それは「どの程度」のことなのかは、もしかするとラボによって基準が異なるかもしれないことを指摘しました。例えば「100回の試行」をして、「2回再現」されたらば、それは「再現性があった」と言って良いことなのかどうか? 100回行わなくて「10回の中で2回成功」したら? じゃぁ、「5回のうち2回」だったら???

もしかすると、話が具体的になると、ラボによって基準が異なるかもしれないと話しました。あるいは「コピペ」の問題も、「メソッド(材料・方法)」のパートではどこまで許されるか、分野によっては「イントロ」にはオリジナリティーが無いので、前任の方のものとかなり似ていてもOKとみなされる分野もあること、結果のパートでも、修士論文くらいであれば、前の学年の方や同じラボの同級生の文章とかなり似ている可能性もあるのではないか、などについて指摘しました。このあたり、本当に分野によって、実際、ラボによって異なる可能性があります。

さて、本日、早稲田大学理工学研究科の学位論文について発表がありました。以下、引用します。
理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが3年前に早稲田大学に提出した博士論文について、大学の調査委員会は「内容の信ぴょう性が低く、学位が授与されることは到底考えられない」としながらも、これは小保方リーダーが誤って下書き段階の論文を提出した過失によるもので、完成した論文は別にあったなどとして、博士号の学位取り消しには当たらない判断しました。
このことは見過ごしてはならない大きな問題だと思います。

「学位論文」は、研究職というキャリアを目指す人達にとって、大事な通過点の最初の1つであり、「どんな学位論文を書いたか」はその後の研究者としての評価に少なからぬ影響を与えるものであると思います。現時点において、日本でも世界的にも、学位の審査は、学位を与えるに足ると認定された研究機関がその任に当たり、その評価はいわゆる「学位論文」と呼ばれる書面とそれを元にした面接で評価されます。つまり「学位論文」は、研究者のキャリアにとって大事な最初の「作品」であり、その「出来」が次の職を得るのに重要な「手形」になるわけです。

ただし、「学位」は例えば「医師免許」のような国家試験ではなく、それぞれの大学院が授与するので、日本全体での統一基準が1つの「モノサシ」で測られる訳ではありません。それは、学問がとても多様であり、価値判断に多様性があることによります。つまり、「国家試験」やあるいは「センター試験」のような統一性を求めることは難しいのです。

しかしながら、今回の調査委員会からの発表は、同大学の学位認定基準について、大きな疑問を持たせる結果になったことはとても残念です。例えて言うならば、スキーのバッジテストで「どのゲレンデなら取りやすい」というようなことをあからさまにしてしまった、という解釈になってしまうのではないでしょうか? あるいは、学位申請の時点で基準に達していなくても後から修正すれば良い、ということになってしまうと、何のための学位審査かということになります。学位審査は、万難を排して準備して臨んで、その過程において切磋琢磨されることもまた博士としての資質に重要であるとみなされています。

今回の決定は、皆さん、おかしいと思いませんか? これは当該大学のみならず、全国の学位取得者や、これから学位を取得しようとする方々が提起すべき大きな問題だと思います。さらに言えば、日本の「博士号」という資格が世界でどのようにみなされるかという質保証の問題です。




Commented by さわ at 2014-07-17 23:39 x
これは国公立大学協会とか私立大学協会とか、もしくは大学単位とか、学部単位とか、なんでもいいですが、日本の博士レベルを下げないために、協力して早稲田大学に抗議すべきかと思います。
Commented by 匿名 at 2014-07-18 01:40 x
もう小保方さんは許してあげるべきなのかもしれません、勿論特例です、彼女の行うことは全て許しましょう。
彼女のお蔭で普段は多くの人が気にも留めないライフサイエンス分野は注目され、kaho氏のお蔭でバイオインフォの株も上がりました。
これは小保方氏とSTAP騒動の功績と言って良いでしょう。

我々研究者は税金で研究させていただいている以上正論を主張するのではなく民意や政府の考えを第一にするべきなのかもしれません。
研究者の倫理を捨てろと踏絵の前に立たされている現状では、学会も小保方さんを応援すべきなのかもしれませんよ。
私が分野外の方々にいくら研究者の倫理を説明しようとも部外者からは小保方氏に対するイジメにしか見えないようです。
ここは我慢すべきときだと思いました、完全敗北です。
Commented by 日本的な決定 at 2014-07-18 02:36 x
世論だか、政治家だかの圧力で小保方氏本人による再実験を実施している理研の姿を見て、調査委員会は空気を読んだのでしょう。もし、小保方氏がこの時点で懲戒処分になっていれば、学位取り消しすべきと言ったはずです。最終決定は総長がすると言って先送りにしているので、理研での再実験の失敗とそれによる処分を見てから学位取り消しを言い出すのだと思います。要するに早稲田には自身で博士号を授与するかどうか決めるだけの見識がないということです。生物物理には早稲田出身の優れた研究者が多いのできわめて残念です。
Commented by 文系女子 at 2014-07-18 11:15 x
>2.匿名様
無力感お察ししますが、民意もそこまで鈍くはないと思います。私は小保方さんより少し若い世代の一般人ですが、この問題を、敗者と勝者が誰かではなく、真実と偽りがどこに宿るか、知りたいと感じています。公金が注がれている以上、知る権利があるはずです。

それから小保方さんは、いじめられているようには全く見えません。文科省も、早稲田も、理研も、弁護団も、守ってくれています。それに比べ、今までこの分野で業績を積み上げてこられた方の誇りは?これから研究者を目指す方の向学の日々は?誰が正しく評価し、守ってくれるのでしょうか。

最後は私達一般人が、まちがってるものはまちがってる、一部の政治家の力ではまげられないということ、声をあげていくしかないと思います。未来を担う若い民意は、真の研究者とともにあるということを忘れないで下さい。
Commented by リケジョ at 2014-07-18 11:16 x
いつも先生のブログを拝読しております。生命系修士課程のリケジョです。自分はW大ではありませんが、W大については、学部時代からコピペのレポートで単位が取れるとか、いろいろな噂を耳にします。一人の学位を取り消すかどうかの問題だけではなく、そもそも、学部のカリキュラムから変えるべきだと思います。ライフサイエンス分野は博士を取ってからの就職が難しいので、みすみす、W大卒というリスクをとる学生はいなくなるかもしれません。受験生が減ることは間違いないでしょう。私は、W大のライバルといわれている大学の修士課程に在籍していますが、W大と自分の大学が2chなどでよく一緒にされています。自分の大学もOA入試がありますし、W大の内情はけっして他人事とは思えないので、正直、博士進学を迷い始めています。
Commented by 修正論文 at 2014-07-18 12:11 x
普通、学位審査の口頭試問の後、書き直し事項が出て、その後、修正論文をチェックする機関(指導教官)があると思うのですが、そんなごく当たり前のことが、なされていなかったことに驚愕しています。修正論文をチェックしている方がいれば、3年前に提出され、チェックされた修正論文が存在するはずですよね。早稲田大学はアカデミズムの誇りと倫理観を持って、この問題をきちんと処理すべきと思います。
Commented by 通りすがりの院生 at 2014-07-18 12:47 x
こんにちは
ぜひ、共有したい問題意識があるのでコメントします。早稲田の総長は博士号認定プロセスの改善に乗り出すつもりのようですが、それならばぜひ「主査と副査の選出基準」ももっと考えたほうがよいという理解を多く共有できませんか?
実のところ、私も早稲田の他研究科博士の院生なのですが、今回の(仮?)判定に極めて極めて強い危惧を覚えております。私は仲間内の審査が一番悪い点だと思っています。東大物理では(D論執筆者との)共著論文があると、審査員になれないと聞きました。これは、大学の独自性にかかわらず、必須条件あるいは原則ではないでしょうか。この辺は、共通ガイドラインにしてもいいはず。
正直に言うと、早稲田の博士号は無価値と見なすと研究者まで言っている状況は怖いですせめて他研究科には飛び火しないでほしいのですが、そうもいかないのでしょうか?(レッテル主義では本質的に小保方らと同じ気もしますが)
Commented by yukiyama at 2014-07-18 12:57 x
取り替えた論文は誰が審査したのでしょうか。取り換えはいったいいつまで許されるのでしょうか。まさか入試で、あれは下書きなので取り換えたいといってきたら早大はどうするのでしょう。委員長の三百代言がまかり通ったら、良識というものが世の中から無くなります。今回の裁定はただの屁理屈で、自然科学から遠い存在です。
Commented by 技術開発者 at 2014-07-18 14:40 x
こんにちは、大隅先生、そして皆様

仕事柄、工業製品の品質保証に関連した研究開発をしていますので、この問題も製造業が不具合のある製品(欠陥品)を出荷してしまった場合と類似して考えてしまいます。

不具合品の出荷は起こすべきではありませんが、やってしまうこともあります。重要なのは、不具合品の出荷をした場合の対処です。それを正しくできれば社会からの制裁は最小限で済み、それを誤れば、社会からの制裁は会社が生き残れないところまで増大し得るものです。今回の早稲田の対応は製造業の会社で言えば、「会社としての存続を危うくする対処」に近いものに見えます。

通りすがりの院生さんへ、残念だけど社会ってそういう残酷さがあります。経営者がリコール隠しをしたために工場が閉鎖され解雇される工員さんまで出るのが現実の社会なんです。
Commented by 理論なき論理 at 2014-07-18 16:49 x
「内容の信ぴょう性が低く、学位が授与されることは到底考えられない」が下書き段階の論文なので
「博士号の学位取り消しには当たらない」
という理論らしいが、
完成した論文は「不正が指摘されたうち、冒頭の文章はそのままでしたが、細胞の写真は削除されていた」という情報から判断すると、
「内容の信ぴょう性が低く、学位が授与されることは到底考えられない」という内容でありることに変わりはないはずなのですが・・。
Commented by ao at 2014-07-18 18:27 x
ご発言の趣旨に賛同いたします。ただ、早稲田の決定ではなく、調査委の発表ではないでしょうか。なぜこのような発表をしたのか、複雑怪奇な意図があるような。ともあれ調査委の発表であり、大学としての決定は総長が改めて行うと明言されていました。独立性がどれほど担保されるか不明ですが。何度もおっしゃっていた総長の表情に苦悩が見られました。何かが水面下で起きているのでしょうか。本当に不思議な「刺激性惹起」現象です。。。
Commented by clarahaskil at 2014-07-18 20:39 x
早稲田大学の学位審査の問題というよりも、博士課程における教育の放棄と言うべきではないでしょうか。

Vacanti は PhD ではないのだから、ハーバード大学では PhD の学生の指導教官になることは認められていないのではないでしょうか。そういう人が主宰する研究室に学生を送り込んだということが、そもそも問題です。

また、小保方氏の博士論文の基となったTissue Engineering 掲載の論文の責任著者が Vacanti だというのもおかしなことです。博士論文のもとになるような論文ならば、その責任著者には早稲田大学の指導教官がなるべきではないですか。

そもそも、この Tissue Enngineering という雑誌は、 Vacanti が Founding Editor で、Editorial Boad には東京女子医大の大和雅之氏の名前もありますから、査読といっても形式的なものだったのだろうとことは容易に想像できます。

学生の時に、審査のしっかりとした雑誌に投稿して査読者の指摘にしっかりと応えるという経験をしていないのだから、査読者のコメントを読まなかったというのも、無理のないことだと思います。
Commented by 通りすがりの院生 at 2014-07-18 23:51 x
>技術開発者様
私もその手の社会的影響はわかりますね。ただし、博士論文は執筆者の外部評価された多様な論文の集まりなので、完全に学校名で決まるものでもありません。もっと、個人に宿るものであるということです。博士号審査があの様なら、いっそ大学は裏方に完全に引っ込み、論文集を個人ブランドにするくらいでちょうどいい(どうせ審査を事実上外部委託しているのだから)。

問題はここです。中途半端に大学が利益目的でしゃしゃり出てくるから、研究に関係ない名前(=早稲田)が混じってしまう。すると、もはや研究をしていたのかどうかすらわからない人の研究が、同じグループの中の人の研究に並んでしまう。これはいい迷惑です。博士号が研究者の免許なら、その人はもう独立の企業です。今の日本の大学教育は、独立起業(比喩)をさせる要素が足らないんです。

博士論文を、一定の分野ごとの質を担保しつつ、いかに創造的な独自性を発揮させるか、こういう考え方が必要でしょう。前者はガイドラインのようなもの、後者はそこの専門家の評価。今回は前者がないから後者を隠れ蓑にした不良品が出た。なら、早稲田も巻き込んで共通理解を探るべく、改革に乗り出すべきでしょう?
Commented by JJ at 2014-07-18 23:58 x
I have read about Ms. Obokata's plagiarized thesis and Waseda University's reluctance to rescind her Ph.D. As a PI in the U.S. this shameless lack of integrity by the University is extremely disturbing. I have no idea whatsoever how anyone with a shred of academic conscience can tolerate the irreparable damage she has caused on the entire field of science and its process. As of now, I vow to NEVER hire anyone who receives a degree from Waseda University because I must conclude that Waseda is incapable of quality control of its graduates. I also recommend my colleagues to do the same.

Moreover, the current situation of Ms Obokata being still allowed to "replicate" her retracted work at RIKEN is beyond me. I am closely following the story surrounding this debacle as a measure of the academic integrity (if there is any left) in science in Japan. I sincerely hope that Japan won't lose its hard earned respect by responding to this mess in a wrong way.
コメント
Commented by 隠遁者 at 2014-07-19 11:07 x
一般に学位論文は複数冊製本して指導教員や主査、副査などに献本するほか所属していた研究室と大学で保管されるから、相当数の製本下書き博士論文があちこちにあるはずだ。とすれば、下書きなんて毛頭考えていなかったことになる。既に回収して処分したかもしれないが、そうだとすれば証拠隠滅である。或いはできるだけ証拠を残さないようにするために製本は国会図書館用に一冊だけで済ませたのかもしれない。だとすると、今度は確信犯ということになる。しかも指導教授や主査などがそのことを了解していたとすれば組織ぐるみの隠蔽工作であり、関係者全員が共同正犯ということになる。下書き論文で博士の学位を授与したというのは、前代未聞、世界初、宇宙初、空前絶後の大事件である。そして、それを非としないで学位剥奪に該当しないと結論づけた調査委員会も世界に希なる愚劣集団ということになる。その結論を真に受けて、その通りの結論を早稲田大学が出すとすれば、早稲田は世界の笑いものになるだろうし、そうしたことを許した/そうしたことに何の批判も懲罰を加えない日本私立大学協会を初め各種の大学協会や日本学術会議、文科省も同列に扱われるだろう。
Commented by SV at 2014-07-19 17:16 x
To JJ 
Where have you heard that Waseda is reluctant to take any actions to the problems of Obokata's Doctor thesis? Waseda University officially has not yet stated that they DO NOT WANT TO rescind her degree. I bet you are Japanese, and I think you should be ashamed. What you want to do is to threat the people of Waseda University with the students as hostages in order to encourage the reforms of the academic circumstances, isn't it? In fact, Waseda University deprived a graduate of his degree in the past for his misconducts. This is the problem of Japan as a whole. 大臣の働きにも期待する。
Commented by 良くある誤解 at 2014-07-20 04:43 x
clarahaskilさん
アメリカではMDの意味合いが日本とは全然違います。MDは単なる医師免許ではありません。医学「研究」のトレーニングを完了した証であり、PhDと同等以上の意味合いがあります。神経科学で有名なSolomon Snyderも正式な学位はMDのみです(名誉博士号みたいのは持ってるようですが)。
Commented by AC at 2014-07-20 05:09 x
私は大阪大の菊池誠さんの意見に概ね賛成です。小保方さんの博士論文と同様のクオリティの博士論文が、同じ研究室から何本も出ていることや、小保方さんに誤魔化そうという故意的な悪意が無かったように見られることを考えると、今回の件で本当に信じられないようなクオリティであったのは、彼女自身よりも、彼女の指導教官や大学の指導体制であると言わざるを得ないと思います。

早稲田(や他の多くの大学)の規則は、学位授与側がデタラメな指導・審査をした場合の対処は定めておらず、学位を規則に従って剥奪するためにはマトモな指導者に対して小保方さんが悪意を持ち不正を働いたことで利益を得たと認定する必要があります。

私は小保方さんに博士レベルの研究能力があるとは全く思いませんが、悪意があったとも思いません。彼女は被害者に近い立場だと思います。
Commented by JJ at 2014-07-20 09:49 x
To SV

Did I ever write that I am not Japanese (though I am not)? As I wrote, I am a PI at an American university (that doesn't mean that I am American either) and I can read some Japanese and I have Japanese friends and colleagues as well. What difference does it make how I got the information?

Anyway, I am fully aware of Waseda's official and unofficial responses to this situation. Having taken a peek at Ms. Obokata's (allegedly draft) thesis, it's simply unimaginable how they can come up with this ridiculous logic and the President sitting on the side without being furious about his committee (by the way, mostly anonymous???) suggesting not to revoke her Ph.D. How can a President of a major university not be embarrassed to death when his own committee suggests the university to turn into a diploma mill?

コメント
Commented by JJ at 2014-07-20 09:50 x
Waseda officials may not have yet made a final decision, but the very fact that they still haven't taken a decisive action on such a blatant disrespect to science and academic integrity says a lot about them.

Anyway, I am not trying to "encourage the reforms of the academic circumstances". It's not really my business to worry (though I do care for my Japanese friends and colleagues) about how Waseda or Japan degrade their own reputations in the scientific community. I am simply protecting my own (and my colleagues') interest by not hiring anyone associated with a university that can't do its job. I am sure Waseda's students have many other places to go to in Japan and elsewhere that are more tolerant about research misconducts. It just won't be my lab, and maybe my colleagues'.

コメント
Commented by 技術開発者 at 2014-07-23 13:09 x
こんにちは、通りすがりの院生さん。

>研究に関係ない名前(=早稲田)が混じってしまう。すると、もはや研究をしていたのかどうかすらわからない人の研究が、同じグループの中の人の研究に並んでしまう。これはいい迷惑です。

お気持ちはよく分かるんですよ。沢山の製品を数多くの工場で作っていた大手の食品会社の一つの工場で衛生管理の手落ちがあり、製品による食中毒が出てしまう。とたんにその食品会社の名前のついた製品が売れなくなる。他の工場は一所懸命に衛生管理をして安全な製品を出荷しているのにも関わらずです。場合によっては食中毒を出していない工場でも売れ行き不振で閉鎖になり、工員さんのレイオフがおきることもある。それが、産業の品質管理ミスによって起きる現実というものなんです。だからこそ、品質管理ミスは一工場の問題ではないというのが私みたいな品質管理屋が経営者に言うことなんですけどね。

なんていうか、早稲田大学の経営層はそういう問題を理解してない様にみえるのですよ。
Commented by 隠居2 at 2014-07-23 15:23 x
学位審査の口頭試問のプレゼンにおいてfake, 剽窃が無かったかをまずチェック。  若しあったら口頭試問が成り立っていないので即無効と思いますが。  ない場合は口頭審査で合格なので本論文の扱いをどうするか?
Commented by 隠居2 at 2014-07-24 17:14 x
続) 自分は約半世紀前の論文博士なので、よく分かりませんが学位取得過程で 公聴会や審査がイカサマ資料に基づいて行われたのであれば過程そのものが無効ではと思うのです。  もしそれに問題がなければ、後は学位論文の扱いですがこれと学位認定との関係はどうなんでしょうか?  
Commented by 理工系ですが・・・ at 2014-08-01 04:37 x
通りすがりの院生さん、大隅先生、皆さま

通りすがりの院生さんの言っている
>「大学は研究に関係のない名前」で
>「博士論文は執筆者の外部評価された多様な論文の集まり」
というのは多くの大学院で当然とされている認識なのでしょうか?
もし早稲田大学の指導や学生の間でそのような認識が共有されているとすれば、少し寂しいなと私自身は思います。

ご指摘の東大物理の例は、他の学科でも同じような思想があり、私の知る限りでも主・副査の中に他専攻の先生や専門外の方が入る例がいくつかあります。横断的な研究テーマの場合でもできるだけその研究から遠い人が1~2人は入ります。

その理由は、「仲間内の審査」を避けるためと言うよりも、博士論文そのものが「外部評価された論文の集合」などではなく、「それを超えたものである」という考えがあるからだと思います。私のいた学科では審査の前に指導教授が目を通し「それまで出した論文の寄せ集め」と見なされる場合には指導が入ります。新しい知見が加わる必要はありません。でも書く切り口が違い、とても詳しく書くのです。どちらかというと教科書や解説書を書く行為に近いと思います。
Commented by 理工系ですが・・・ at 2014-08-01 04:44 x
続きです)私はいままで、どんな学位審査をするかというところに大学や学科の(さらには教授の?)個性が出ると感じていました。実際「○○研で鍛えた」というのが海外でも通用する「ブランド」になっている例も良く見かけます。

通りすがりの院生さんがこれから学位論文を書くなら、学科の方針にもよるでしょうけど、教授とよく相談し、多少ケンカ腰になるくらいでもいいですから個性を求めてみるのもいいのではないかと思います。そういうところから大学も変わっていけると思います。
勝手なおススメで申し訳ないのですけれど、自分の卒業後のためにもチャレンジしてみたらどうでしょう。研究者を目指すなら上で挙げたような学位論文を作る経験はきっとプラスになると思います。

もちろん教授側がそれに応える体制も必要だと思います。でも、まず今年から心構えだけでも関係性を変えられるはずです。

大隅先生も言われるように、もちろん学科によって違いはあると思います。でも、今ある専門誌に載せられる力を審査するだけでは大学院と呼ぶのはやはり寂しいと思います。
Commented by Sanesuke1018 at 2014-08-04 05:16 x
26年前に日本の大学の物理系で課程博士号を取得しましたが、大隅さんの意見にまったく同意します。調査委員会の見解であろうが、あの内容で公表する早稲田の見識は学位授与機関として不適切と思います。長い目で見れば、まず早稲田が自らの首を絞めただけでしょうが、日本の科学、あるいは社会のあり様を貶める可能性があると感じると、何かしなくてはいけないと強く感じます。
by osumi1128 | 2014-07-17 23:21 | サイエンス | Comments(26)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31