価値ある博士号取得者に必要なのは「問題解決力」以上

昨日、生化学若い研究者の会(通称:生化若手の会)主催のフォーラム「価値ある博士号取得者になるために必要なこと」に呼ばれてお話をしてきました。

私以外の登壇者が、吉田文先生@早稲田大学と森郁恵先生@名古屋大学と「全員女性」っていうのも興味深いことでした。

3人の講演の前に「生命科学夏の学校」で行ったアンケート「質の高い博士号取得者はどのような素養を身につけた人材であるか」の結果として、上位に「問題解決力」「コミュニケーション力」が挙げられたということが紹介されました。講演後のパネル討論ではそれを受けての議論があったのですが、「問題解決力は<普通>であり、質の高い博士号取得者を目指すのであれば、それ以上でなければならない」という点において登壇者の意見が一致していました。

「問題解決力」という言葉からは、「問題はどこかから・誰かから与えられる、それを解決する」というような意識を感じます。おそらく、大学受験、大学院受験までは、そういう能力を鍛えるように訓練されているのだと思います。でも、大学院以降は、一流の研究者になるためにも、博士号取得者として違うキャリアパスを目指す場合も、「<問い>を立てる力」つまり「問題発掘力」や「問題設定力」が重要なように思います。

パネルの最後にフロアから「ではどうやったら<問題設定力>を上げられますか?」という質問が出て、「セミナーに参加したときなど、背景を聴いている間に<自分だったら、どんな問いを立てるか、どうやって解決するかをシミュレーションしてみては?」、「他の広い研究分野を知ることによって、未解決の問題や、解き方のツールを発掘する」などのアドバイスが為されました。

自分の発表では「<タグを付ける>ことと、ネットワーキングが大事」ということに加えて、依頼されていた「研究倫理」関係の話をしたのですが、結局時間が足りなくて用意したスライド、使い切れなかったので、こちらに貼り付けておきます。
d0028322_09142502.jpg
このスライド、「価値ある博士号取得者として備えるべき素養」に対する私なりの考えというつもりで用意したのですが、5つの「力(ちから)」がカタカナの「カ」に見えるのが面白い(ウコンの力、とかですねww)ので、それをジョークに使おうと思っていたのです(←ネタバラシww)。でも、パネル討論のときに「英語や国語など書く力が大事」ということだけは伝えました。

3つの「性」のところに「計画性」を加えることもありだと思っています。とくに時間を「逆向きに捉える」ことが大事で、「今日、これこれをやったから、明日はこうしよう」だけではなく、「いついつまでにこうしなければならないから、その前のいついつまでにこれこれをしよう」という計画を立てることができるかが大事だと思います。

これらは、すべての点において卓越していることが大事、というよりも、自分の個性を自覚することが大切だと思います。その足りないところを、友人や同僚と協力することによって補うことができるからです。高学歴の方は往々にしてプライドが高いことがあって、他人に相談しないことも多いですが、自分の欠点を素直に認めることは、どんな世界でサバイバルするたえにも鍵となるでしょう。
d0028322_09243050.jpg
最後に伝えたかったのは「みんなちがって、みんないい」ということを謳った金子みすゞの詩でした。これも、パネル討論のときに「某会社の入社式の様子、30年前と今とでは違っていて、今はみんな画一的な<リクルートスーツ>を着ていて、<人と同じ>になろうとしているけど、価値ある博士号取得者に求められているのはそうではない」ということを話しました。今の若い方々は(……という台詞は平安時代の文献にもあるとのことですがww)「空気を読む」ことに意識を向けすぎているのではないかと危惧します。これは「問題解決力」が大事だと思う精神にも、どこかで繋がっているような気がします。「空気を読む、ボスの意図を汲み取る」ことが重要だと考えすぎているのではないかと思うのです。

多様なキャリアパスについては、サイエンス・ライター、科学雑誌編集者(日本語でも英語でも)、ジャーナリストなどもありましたが、スペース不足により割愛。ただし、これらはみな「書く能力」や「取材する力」が必須です。画才があればサイエンス・イラストレータなどもニーズは大きい(ただし、きちんと職業として認知されリスペクトされることが必要)。もっとマルチなタレントを活かしたキャリアパスもあると思います。森先生のお話の中には、森研出身でURAになった方のことが取り上げられていましたね。「研究担当や国際対応の理事の下で活躍する」なんてURAは、かなりやりがいのある仕事だと思います。その場合には、やはり「自分で問題を設定する能力」が求められるでしょう。

フォーラム後に主催者、パネリストを囲んでの懇親会もあったのですが、都合により失礼させて頂きました。皆さん、盛り上がったかな?
d0028322_09511689.jpg

by osumi1128 | 2014-10-19 09:52 | 若い方々へ | Comments(4)
Commented by 海外PI at 2014-10-21 03:39 x
キャリアセミナーの内容としては、「アカデミアの中の人」から見た項目であって、偏りすぎなのではと思います。
また、スライドで書かれている目標などは、日本でよくある「抽象的」な目標でベンチマーク化できない典型的なものだと思います。その目標を達成する為には、どのようにベンチマーク化したら良いかを考える必要があるかと思います。
あと、キャリアパスでは研究関連職にこだわり過ぎなのでは無いでしょうか?団塊世代の大量退職を控えて、教職なども十分大きなマーケットになるはずです。
学部の時に教育実習をしていないと、transitionが難しいですが、学部時代に教職課程を履修していない人向けに1年で教職課程を取れるtraining courseの整備などは大学人と文科省が協力して進めるべき課題でしょう。(現行の教職大学院ではなく)
直線的なキャリアばかりが持てはやされる日本でこそ、広い視点の提供はシニアの役割だと思いますので、ご検討いただければと思います。
Commented by osumi1128 at 2014-10-21 17:34
>海外PI様
コメントをありがとうございました。教員ポストについては仰るとおりで、各所で申し上げているのですが、なかなかハードルが高いようです。生命系に関して言えば、学協会の生命科学連合などがもっと積極的に動いて、日教組や中教審と協力しながら進める必要があるでしょう。本文中にも多様なキャリアパスがあることは書いておいたつもりです。皆さんがそういう意識を共有して頂けるように、少しずつ発信したいと思っています。ありがとうございました。
Commented by tanakayasu at 2014-10-21 22:56 x
確かにその通りだと思います。私も博士をとって起業してそれを実感しています。社会にでると生物学系の論文を読む機会がへって寂しいと感じております。若かりし頃岡本先生や大隅先生には刺激をうけ本当によかったと思います。研究者やポスドクといった、いばらの道を歩むのは大変でしたが、失敗もそれなりに身になると考えます。失敗を恐れず立ち向かったからこそ、その向こうに成功があると考えてます。ご活躍祈ります。
Commented by テツ at 2014-11-17 17:25 x
そういう意味では、正直、「問題解決力」だけの「フツー」の博士研究者の存在も、きちんと認めるべきでは?

と、この手の話題ではよく思います。

良いじゃないですが、ボンクラ博士がいたって。

特に女性研究者は、なぜか自動的に「優秀」でいなければならない、なぜかボンクラ女性研究者なんているはずない、みたいな風潮を見ると、本当に生きづらそうだなーと思います。当たり前だけど、ボンクラ男性研究者と割合は一緒のはずなのに。
<< 「留学すると日本に戻れない」のか? ポール・ナース卿の考える科学と... >>