モーザー先生のご講演とノルウェー科学大学との連携

東北大学知のフォーラム脳科学は、当初7月、8月、9月に国際シンポジウムを行い、さらに関連したワークショップやセミナーを催しましたが、飛び込みで、11月25日〜27日に、ノルウェー科学技術大学(NTNU)のMenno Witter先生と東北大学の飯島敏夫先生がオーガナイズされ、Edvard Moser先生を基調講演にお呼びして、ジョイントのミーティング「Joy of Brain Science」が開催されました。
d0028322_10594545.jpg
2014年のノーベル生理学・医学賞受賞者であるMoser先生の講演には、おそらく300名ほどの教員・学生が集まったと思います。場所細胞を発見したO'Keefe先生のところに短期留学したことが一つの転機だった訳ですが、場所細胞はどこから入力を受けるのか、という疑問がグリッド細胞の発見につながりました。ちょうど奥様のMay-Britt先生の講演をシカゴで聴いたところだったので、話の中身はほどんど同じでも、異なるイントロやトピックの取り上げ方、話し方やパフォーマンスの違いが興味深いと思いました。時間の関係もあったと思うのですが、May-Brittの話したグリッド細胞の発生起源については割愛されたのが残念。
d0028322_23113011.jpg
NTNUからも20名ほどの研究者が参加していたので、懇親会で訊いてみると、「外回りの講演はEdvardが行っていて、留守中もラボを面倒見ているのはMay-Brittの方。彼女は人と人を繋げるのが上手だから」というようなコメントが返ってきました。私には、May-Brittの方が「トンでる」感じがあるように思えました。
d0028322_10530139.jpg
Witter先生やMoserご夫妻の所属されているのはKavli Institute for Systems Neuroscience/Center for Neural Computationといって、Kavli財団が冠になっています。PIが6名程度の小さな研究所ですが、Kavli財団の他にもちろん大学からも支援されており、さらに研究費は国から出ています。Kavliの神経科学関係では他に、US San Diego、Yale大学、Columbia大学に同様な冠研究所が設置されているようです。さらに拡充の計画もあるとのこと。
d0028322_11013994.jpg
Witter先生は飯島先生とたいへん懇意なため、この数年の間、毎年のように集中講義に来ていただいています。このような活動をベースに、さらに国際共同大学院のフレームワークにおける連携に進めることができればと思っています。飯島研究室の皆様は総出でジョイント・ミーティングの準備にあたられ、本当にお疲れさまでした。お世話になりありがとうございました。

画像は、懇親会の折に撮って頂いたMoser先生を囲んだグループフォト。追って全体集合写真も掲載します。
d0028322_23102795.jpg
【ノルウェー関連拙ブログ記事】
【その他】


by osumi1128 | 2015-11-28 23:16 | サイエンス | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31