『もうひとつのワンダー』:3つのワンダー・ストーリー

前作『ワンダー』からほぼ2年で、続編として『もうひとつのワンダー』が上梓されました。今回も少しだけ専門用語の確認に携わらせて頂きました。

作者のR.J.パラシオが「はじめに―作者のことば」で述べているように、本書は続編といっても、『ワンダー』の主人公のオーガスト(オギー)のその後の成長について書かれたものではありません。『ワンダー』では脇役であった登場人物の行動の背景や心の内面について、3つのストーリーにまとめられています。

オーガストはニューヨークに住む「ごく普通の10歳の男の子(ただし顔を除く)」という設定で、ビーチャー学園という私立の学校に通っています。今回、スポットライトが当たったのは、オギーをいじめていたジュリアン、幼馴染のクリストファー(クリス)、そしてジュリアンと同じく、トゥシュマン先生から「オーガストと仲良くしてあげてほしい」と依頼された女子生徒のシャーロットの3人。生まれつき顔に形成不全のあるオギーとの関係性において、それぞれにそれぞれの事情があること、自己との葛藤、親子の交流やわだかまりなどが、生き生きとした会話として語られます。すんなり読めるのは訳者の選ぶ言葉が良いからですね。

そのエピソードの中には、前作『ワンダー』には出てこない、新たな登場人物も出てくるのですが、個人的には、パリにいるジュリアンのおばあさんと、シャーロットたちにダンスの指導をするアタナビ先生が気に入りました。子どもたちが友人関係で悩む状況からは、もうだいぶ年を取ってしまったので、感情移入しやすかったのが、これらの人物だからかもしれません。もし同じくらいの年頃のお子さんを持っている方なら、子どもたちとその両親とのやりとりから、多くのことを感じ取れると思います。なので、本書は素晴らしい児童書ですが、必ずしも子どもだけの本ではないといえるでしょう。

「けれどジュリアン、人生のすばらしさはね、ときにまちがいを正せるってことなんだ。あやまちから学ぶ。そしてよりよい自分になるんだ。」ジュリアンのおばあさんの言葉です。どんな「ワンダー」があったのかは、中身を読んでのお楽しみ!
d0028322_22342975.jpg
【関連拙ブログ】



Commented at 2017-08-09 17:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by osumi1128 | 2017-07-30 23:05 | 書評 | Comments(1)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31