ホリデイ・リード追加:障害を持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい。~

もうすでにホリデイではないのですが、Facebook経由で知った書籍、昨晩一気読みでした。今から言えばもう一昨年になる2016年の7月に起きたいわゆる「相模原障害者殺傷事件」後に、自閉症の息子さんを持つ父親の方が書かれた詩がきっかけで上梓されることになった本。最後の方に出てくる弟さんの言葉が印象的でした。

「障害を持っているかは関係ない。自分の兄は一人だけだ。」
「高校一年生になったばかりの私が、障害を持つ人と分かりあえているのだから、皆さんも絶対にできる。障害を持つ人が暮らしやすい世の中に。」

by osumi1128 | 2018-01-05 08:04 | 書評 | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー