精神疾患における性差

WorkshopはいよいよDay9になる。
だいぶ疲れてきた様子がstudentsの間に広がっている。
しかも、今日は朝8:30からだったからなおのことだ。

疾患によっては発症に性差があるものがある。
乳癌などが女性特有であるのはもちろんとして(註:男性乳癌患者は女性患者の1/100くらいは存在する)、精神疾患では例えば自閉症の発症は男女比が4-5 : 1くらいで男の子が多く、統合失調症の場合には、障害発症率としてはほとんど変わらないが、男性の発症年齢は20代前半にピークがくるのに対して、女性はその山はやや後半にシフトしており、さらに閉経後に2つ目のピークがある。
発症年齢がやや早いために、患者数全体では男性の方が多いことになるが、原因遺伝子でオーソライズされているものは、今のところすべて常染色体上に載っている。

統合失調症の発症メカニズムの研究には、さまざまなモデル動物が用いられる。
多くは齧歯類(ラットおよびマウス)だが、サルに向精神薬を投与するようなモデルもある(陽性症状のモデル)。
Workshopの間いつも隣に座っているJillに訊いたところサルの場合は雄雌両方実験に供するらしいが、齧歯類を用いた行動解析はもっぱら雄が使われる。
これは、性周期による影響を避けるためである。

統合失調症の発症が何故思春期以降なのかについては、まだ大きな謎である。
おそらく、急激にホルモンの状態が変化することが一種のストレスになっているのではないかと想像するが、今回のWorkshopを聞いた限りでは、まだ「記述」の時代のようだ。
ラットの場合には、生後数周後と7-8週(思春期以降)では、大脳皮質、とくに注目されている前頭葉における神経細胞の性質が大きく異なるという講義を聴いた。
これからどういう仮説を立てて検証していくのかwatchしたい。

さて、今日取り上げるのは「自閉症」の方である。
2つ前のエントリーでも引用したコールドスプリングハーバーの広報誌harbor Transcriptのvol26, no3にSeeking the cause of autismという記事があり、中身を読んでみると、3月にBanbury Centerで行われたautism meetingに招聘されたSimon Barron-Cohenが一般向けのCultural Series Lecture in Grace Auditoriumで喋ったことを元にしている。
冒頭を引用すると下記になる(念のために記しておくが、記事を書いたのはMarisa Macariという人らしい)。

In 1944, Hans Asperger, the Austrian pediatrician for whom Asperger Syndrome is named, suggested that "the autistic personality is an extreme variant of male intelligenceノin the autistic individual, the male pattern is exaggerated". Today, Simon Baron-Cohen of Cambridge University suspects that Asperger was correct and is seeking the cause of autism by using modern methods to test Asperger's "extreme male brain" theory.


この"extreme male brain" theoryというのは自閉症のことを勉強したときに読んだことがあった気がするのだが、そのテーマにチャレンジしている人がいるのは知らなかった。

この説の背景は、Professor of Developmental Psychopathology and director of the Autism Research Center in CambridgeであるBaron-Cohenの説明によれば以下のようである。
Baron-Cohen maintains that females and males in the general population have different メbrain typesモ or cognitive styles. Empathizing is the ability to predict anotherユs feelings and respond appropriately to anotherユs state of mind. Systemizing is the ability and desire to build systems and determine the rules that govern how they work. The typical female brain, Baron-Cohen said, excels at empathy whereas the typical male brain excels at building systems.

その場で講演を聴いていた訳ではないし、個人的にも存じ上げないので説明として合っているか不安だが、誤解を避けるように言うとすれば、ここではEmpathizing およびSystemizing という認知型を定義した上で、次の作業仮説に進もうとしていると考えて頂きたい。
Studies show that individuals with autism frequently have narrow interests and become preoccupied with finding out how a system works. For example, they might become obsessed with spinning the wheel of a toy truck or turning light switch on and off. They find it difficult to pick up on non-verbal cues and have trouble making eye contact and unerstanding othersユs emotions. They are worse at empathizing than males in the general population. They have, however, a greater ability than typical males to understand systems, to read maps, and to solve physical and mechanical problems. In essence, they display features of predicted of an extreme male brain.


傍証として、MRIにより自閉症の子供とその両親の脳をイメージングすると、両親ともに男性型の傾向を示し、またどちらもsystemizer的認知型であると述べられている(具体的なテスト方法などはこの記事からは分からなかった)。

そこでBaron-Cohenの立てた「作業仮説」は、胎児期のテストステロンの量とsystemizing cognitive styleが相関するのではないかというものである。
つまり、何か「測定」できる指標を見つけないと生物学的研究にはならない。
どのくらいの例数なのか、どのくらいの時期のテストステロン量なのかによって信憑性が変わってくるが、記事によればポジティブな結果が出ているらしい。
これが確からしいとなると、胎児期のテストステロンの測定により出生前診断につながる可能性がある。
記事の最後は、このような研究により自閉症発症の謎が解明されるだけでなく、一般的な集団における神経生物学的な性差についての理解が深まるだろうと結ばれていた。

*****
この話題について、「ケシカラン」と思う方は少なくないのではと思っています。
「男性脳・女性脳のように2つに分けるのは問題だ」というご批判については、生物学的には「平均化」すると性差が認められるのは紛れもない事実です。
したがって、例えば統合失調症の患者さんの脳のどこが普通の人とは異なるのか、という研究においては、イメージングする統合失調症の患者さんの集団の中における女性比率が、対照群における女性比率と変わらないように配慮されます。
(より正確に言えば、人種構成や年齢もなるべくマッチさせるようにするのがお作法です)
その上で、患者群のイメージングデータを平均化し、同じく平均化した対照群と比較する訳です。
先日のエントリーにも書きましたが、これは「平均値」として集団を比較しているのであり、個体差はもちろんあります。
ただ、生物学分野において「差がある」と言うときには、かならず「統計学的に有意である」ことが必要であり、その基準を満たしたデータについては敬意を持って取り扱わなければならないでしょう。
あるいは、反論するのであれば、同様のお作法に則ったデータをもってするべきだと思うというのが「生物学者」としての意見です。
※なお、私にとっての生物学者というのは、例えば「私は女性である」というような属性と同じカテゴリーです。I am a biolgistですがI am the biologistではありません。

ここで取り上げたいのは、例えば自閉症のお子さんを持つ方がこの記事を読まれたときに、どんな風に感じるかということです。
日本人の生物学的な感じ方か、正確な科学記事が一般にあまり読まれていないという社会的な問題か分かりませんが、なんとなく居心地の悪いような気持ちにさせてしまうことはないのか不安に思いつつ書いています。
繰り返しておきますが、このエントリーの元ネタはHarbor Transcriptsというコールドスプリングハーバー研究所の「広報誌」です。
著者検索していただけば、Baron-Cohenの論文は検索できますが、2005年に「Testing the extreme male brain (EMB) theory of autism: let the data speak for themselves.」という総説をCognit Neuropsychiatryという雑誌に出していますね。

私が一番問題だと思うのは、「胎児期テストステロン量」で出生前診断できるようになるということの波及効果です。
ダウン症のように中絶可能な時期に診断できるのであればよいというものなのか、予防や治療が確立していない状態における出生前診断というのは、医学的に非常に難しい問題をはらんでいると思います。

最後に補足しておきますが、自閉症の原因として"extreme male brain" theoryというのはけっしてメジャーではありません。
現在updatedな説は脳のmicro-circuits(皮質の中の神経細胞同士の回路)の活動異常というもので、齧歯類やサルなどでの研究が積み重ねられています。
研究の動向としては、むしろ遺伝子候補の方が先に挙がってくるでしょう。
Jill と反対の隣に座っているTaniaによれば、「統合失調症の方が診断がはっきりしているが、自閉症は症状のスペクトラムが広くて診断が難しい」というような問題はあるでしょうが、統合失調症よりも家族を含めた血液サンプルなどが集めやすく、また、第一子が自閉症であったご両親の理解のもとに、第二子の脳の発達を継時的に解析することも行われています。
by osumi1128 | 2006-07-30 23:16 | Comments(31)
Commented by hal at 2006-07-31 00:12 x
統計的に有意であるというとき、平均値にだけ目が行きがちですが偏差も重要なファクターです。ふたつの集団間で、たとえ任意の形質のモードやアベレージが有意に違っていても、仮にそれぞれの偏差が大きくてほぼ構成員の全域にわたって形質の値がオーバーラップしていたとき、そこに集団の違いを論じることの意味はほとんどありません。にも関わらずそれを主張することはイデオロギーと呼ばれ、望んでもいない政治性をもたされてしまいます。

ついでに蛇足です。「バリバリの生物学者」という言葉は、「人種の差」というエントリーでご自身が使われたものですよ。お疲れなのでしょうが、こういうことで不必要に突っ込まれてもバカバカしいのでご注意を。
Commented by ricky at 2006-07-31 00:48 x
>この話題について、「ケシカラン」と思う方は少なくないのではと思っています。

私としては、この話題については「ケシカラン」とは思えません。むしろ疾患の治療のためには必要なのではないかと思います。

ただ「人種の差」では、人種を話題にされて、人種間の遺伝子の差から生物学的特徴の差を説明されるまでは良いとして、そこから現在の人種差別があるかもしれない社会においての職業選択まで生物学的因果関係が生じるように、それが先生の意に反しているとしても、そう読めないこともない(特に知的なものに興味がないと読めないこともない)のは、いかがなものかと思ったのですが。(人種を用いることも問題のようですが、医学研究では例えばイレッサの効果はアジア人で良好とか、人種が全く使われないわけではありません。)

日本人と白人のゲノムの差がノーベル賞受賞者の差を説明する、つまり日本人のノーベル賞級の研究能力は平均として劣る、という議論が成立するでしょうか。個人的にはこの問題については、ゲノムの差よりまずやることがあるだろ、と思うのですが。人種による職業選択も、まずゲノムの差ではないだろ、と思ってしまうのです。
Commented by osumi1128 at 2006-07-31 02:34
halさん
ご指摘有り難うございました。該当箇所は削除いたします。
また、「平均値」だけが問題ではないことについては繰り返し言っているつもりです。図を使っていないので直感的に分かりにくいかもしれませんね。
Commented by osumi1128 at 2006-07-31 02:38
rickyさん
もう少ししたら「人種の差」のエントリーを取り上げようと思っています。
Commented by at 2006-07-31 03:06 x
何故かこのブログって「批判のための批判」みたいなのが多い気がしますね。 
世の中に心が荒んだ人が多いのか、そういう人が何故かセレクトされてこのブログに来るのか・・・特に、ここ数日のコメント欄の議論については的外れに思うものも相当含まれてて読んでるほうが恥ずかしくなりますね。

halさんは論文を読まれたことがあるのでしょうか?
生物学の議論を平均値だけですることは絶対と言ってよいほどありません。±2SDを含めた統計学的有意差で論じられるのですがね。
 
Commented by at 2006-07-31 03:06 x
何故かこのブログって「批判のための批判」みたいなのが多い気がしますね。 
世の中に心が荒んだ人が多いのか、そういう人が何故かセレクトされてこのブログに来るのか・・・特に、ここ数日のコメント欄の議論については的外れに思うものも相当含まれてて読んでるほうが恥ずかしくなりますね。

halさんは論文を読まれたことがあるのでしょうか?
生物学の議論を平均値だけですることは絶対と言ってよいほどありません。±2SDを含めた統計学的有意差で論じられるのですがね。
 
Commented by やれやれ at 2006-07-31 13:24 x
大隅先生を含め、批判の内容を理解できない人があまりに多くて閉口します。先生のいう「お作法」がなっていないから先生は批判されているのですよ。もう一度自分の文章をよく読んでみられてはどうでしょう。批判をはぐらかしてばかりですと、その程度の人間だと思われますよ。

大体、有意差があるということと因果関係があるということとは別の話なのに、その区別もできていませんね。日本の科学者ってこの程度なの?
Commented by at 2006-07-31 17:01 x
ある形質の出現頻度が集団 A,Bで統計的有意差があっても、A,Bのおかれた環境ないしは遺伝子構成にはその形質出現に関する因果関係がない場合がある、という主張ですか?!
Commented by st at 2006-07-31 17:44 x
謎さま。
>±2SDを含めた統計学的有意差で論じられるのですがね。

平均値±2SDは正規性が成り立つ場合に約95%のデータが含まれる範囲だと思いますが。もしかして母平均の95%信頼区間を求める式の標本平均±2SEとお間違えですか?それなら母平均の議論になりますが、そのような主張ではないと思うのですが。私は統計の専門家ではありませんので、どのようにして平均±2SDによる統計学的有意差の議論をされるのか教えていただけませんか。

平均値だけの議論でないというなら分散も考えるのかと思いましたが、等分散の検定で用いられる式とも違いますし。

お答えによっては、貴殿の意見を素人の意見として読ませていただくことになろうかと思います。
hal様は他のブログでもコメントをされ、私は勝手に学者だと思っていることを付け加えさせていただきます。
Commented by やれやれ at 2006-07-31 19:43 x
> ↑
読解力もなければ論理能力もないんだね。。救われないよね。そら無限にたどっていけばどっかでなんかの関係は出せるでしょうよ。
でも一つの有意差が出ただけでその差と形質の直接的な因果関係は論じられないつってるんでしょ。ものごと単純化しすぎる科学の欠点を体現してるねあなた。
Commented by at 2006-07-31 23:52 x
なるほど、統計では危険率などを考慮しますが、「やれやれ」さんは幾つの有意差が出ると因果関係が論じられるとお考えですか?
Commented by ↑↑ at 2006-08-01 10:37 x
私も興味あるなあ。一般人は危険率何%の検定なら納得するのだろうか?これからの科学リテラシーの課題になりますね!
Commented by おやまぁ at 2006-08-01 16:58 x
東北大学教授ともあろう方が、乳癌は女性特有の疾患とは
まことに恐れ入りますな。

医学の知識の乏しいまま、精神疾患を語るのは危険ですよ。
まずはきちんと勉強なさるべきです。
Commented by んんぐぐ at 2006-08-01 17:48 x
大隅先生は歯医者ですから、乳癌の知識を求めるという方が無理というもんです。ん? ということは、精神疾患も? エッ??
Commented by osumi1128 at 2006-08-01 21:23
おやまあさん、んんぐぐさん
前立腺癌はそもそも女性にその器官がないので男性特有であるというのはよいとして、男性における乳ガンの発症は1/100くらいだったでしょうか? こういう場合に「女性特有」という言い方は不適切だったでしょうか? 上記の危険率が何%なら納得するのか、という問題にもつながることなので、一般の方がどのくらいの頻度であれば確からしいと思われるのかの参考になれば有り難いのでお教え下さい。それから、知識を得るために今回のWorkshopに参加している訳で、いくつか前のエントリーにも書いていますように、参加者は研究として精神疾患に興味を持つ方で、医学のバックグラウンドではない方も多かったですね。日本では、例えば心理学で学位を取った方が精神疾患を語るのは危険、というような風潮があるのでしたら、それは問題ですね。
Commented by やれやれ at 2006-08-01 21:38 x
>↑&↑↑
自演乙。

もう一度文章よく読んだら? どうしようもないね君。大隅さんとこの学生?
Commented by おやまあ at 2006-08-02 01:53 x
大隅先生からコメントを頂けるとは光栄です。

『「論理的な文章の読み書きを」ということを主張している』先生のこと、
『こういう場合に「女性特有」という言い方は不適切だったでしょうか?』
と仰るまでもなく、適切だとお考えになったからこそ
御使用になった単語かと推察いたします。

手元にある広辞苑第五版を見ますと、「特有」とは
『そのものだけが特に備えていること』と定義されております。
『前々から「早期英語教育よりも国語教育を大切に」』と
主張されていた先生のこと、当然、この単語の意味を、
もちろん御存知であったことでしょう。
Commented by おやまぁ at 2006-08-02 01:54 x
さて、私には疑問があります。
『男性における乳ガンの発症は1/100くらい』と大隅先生は御存知で
あったにもかかわらず、なぜ「女性特有」とわざわざおっしゃったのか。
論理的な文章を書いていらっしゃるのに、どうしてだろうと私は
悩んでおります。

(1) 男性の乳癌のことなど実は知らなかった。
    でも指摘されて、恥ずかしいので統計の話に切り替えている。

(2) 1/100くらいだから、無視できると考えて特有と書いた。
   ちなみにこの判断には大隅先生の統計学の知識を適用した。

失礼ながら、パッと思いついたのはこれくらいです。
聡明な大隈先生のこと、まさか(1)はありますまい。
Commented by おやまぁ at 2006-08-02 01:54 x

男性の乳癌についてですが、乳癌は「女性特有」と考える人が
一般の人には多くいます。したがって、男性の乳癌は乳癌の疑いが
なかなかもたれず、早期発見ができず、診断がついたころには進行癌に
なっていることが多いのです。
そのため家庭の医学書でもこの事実を記載するなど啓蒙活動がなされています。
(2)であったとしても、私には、東北大学医学部教授が、
わざわざ男性乳癌患者の早期発見を
妨げるコメントを書くとは信じられないことなのです。

科学としての医学も宜しいでしょう。
しかし、どんなに稀な頻度であっても、患者さんがいるかぎり、
医者はその患者さんに注意を払い、心をかけていきます。
医学は統計学ではありません。
1%でも0.1%でも、0.001%でも、どんなに低い頻度であっても、
何らかの疾病に罹患した患者さんがいるなら、
それは医者にとって意味の有ることなのです。

Commented by ふんふん at 2006-08-02 09:01 x
まあ、言葉は気をつけて使いましょうってことですな。ここのレスを見ていたら、バカの壁を思い出しました。自分の意見のみが正しいと主張する人が多いですね。
Commented by 批判の為の批判 at 2006-08-02 11:32 x
「特有」でググって見ると、大抵は“characteristic”程度の意味で使ってて厳密に「excluiveにそれのみ」の意味で使ってるのは少ないようだが? ま、辞書に書いてることと現実の生活での使われ方が必ずしも一致しないことの一例ですな。
 
それと、不特定多数の人が目にする新聞ならともかく、特定の人が良きにせよ悪しきにせよ「目的」を持ってくるこういうブログで大隅先生がそういうことを行った場合に、どれだけの男性が乳癌と診断される機会を失ったとお思いですか? いや、本気のトコ。どのくらい真剣に考えてるか興味があるもので。

俺も医者で100万人に1人の病気の研究してるけど、何故かあなたの文面からは失礼ながら「特有」の使い方に始まり、最後の6行に至るまで批判のために敢えて揚げ足取りしてるという印象しか受けないのですが・・・
Commented by gvhd at 2006-08-02 15:59 x
このブログが男性乳癌の早期発見を妨げるか・・・。まいったね、こりゃ。本当にそう思っているなら、早く受診すべきだね。もちろんパラノイアの疑いで。
Commented by あのー at 2006-08-02 19:09 x
医学部教授が「男性の発症は1/100なわけだから女性特有で何がダメなの?」と言い切ってしまうのは問題なのでは?

彼女の文章には、「乳癌は女性特有」発言に限らず、言葉の定義・使い方が乱暴で、論理が強引・めちゃくちゃなところ、多々あります。つまりこのブログは、科学的な何かなどではなく日々の雑感を綴っているに過ぎないのでは?

それなのに「科学」を装っているのが問題なのだと、多くの方から繰り返し指摘されています。(「人種の差」エントリーだって、アメリカのワークショップで出会う白人はフレンドリーでタフだ、生物学者には黒人が少ないようだ、多分ただそれだけの話でしょ?)

そのうちの一つが「乳癌は女性特有」なわけだから、私はおやまぁさんのご意見に全く違和感を感じません。彼女はここまで書かないと理解できないのではないでしょうか?(それでも理解できない?)まともな学者のブログであれば「乳癌は女性特有ではありませんよ」「あ、ご指摘ありがとうございます」で終わることだと思います。

その一方で、国語が大切、論理的な文章を、統計が大切、とご自分を戒めるようなことを書いている。これって一体どういうことなんですか?
Commented by うつ的症状を示す関西系日本人 at 2006-08-02 19:44 x
私は、「特有」に関しては、大半の人が間違いだったと思っていると思います。これだけでなく、このブログには誤解を招く表現あるいは論理性に欠ける文章、ちょっとしたうっかりミスがしばしば見受けられます。例えば、下の双生児における統合失調症の発症率(私はどなたかのコメントを読んでやっと分かりました)や摂氏100℃を超える暑さ(ゆでだこですよね?)などなど。おそらく一番話題の人種の差というエントリーに関してもじっくりと読まないと理解しづらいと思います。知人は「何が言いたいのか分からない」と言っていました。個人のブログなので何をどのように書いても自由だと思いますが、本名を出してやっている以上、(恐縮ですが)これ以上評判を落とさないように改善したほうがいいと思います。ちなみに、私はこのブログ(正確にはコメント)で男性でも乳癌を発症することを知りました。
Commented by ほっほっほっ at 2006-08-02 21:41 x
私の感じ方かも知れませんが、個人のブログに対して、教授だから1/100の違いも正確に、とか、ちょっとしたうっかりミスがあるとか、それほど厳しいことを言わなくてもいいのではないでしょうか?そういう揚げ足を取るために虎視眈々と狙っているようなコメントばかりでは、書き手の方も自由に話題を選べないでしょう。いちいち時間をかけて下調べしなくては何も書けなくなってしまいます。プロのブロガーではないのですから、少々のことには目をつぶって、楽しめばよろしいのではないでしょうか?何か少し前の社会党みたいですねえ。日本国憲法は、改憲の議論すらしてはいけない、みたいな。
Commented by at 2006-08-02 22:43 x
プロのブロガーって。。。誰?
東北大学医学部教授なら(たとえ MD を持ってなかろうと)一般的にはプロの医学者、医学研究者とみなされて当然では?もしくはプロの医学研究者の一員と自覚してそれなりの見識を持って情報を発信すべきでは?突っ込まれて自分を正当化するような反論をしているのでは話にならないのでは?
Commented by あ~ at 2006-08-02 23:02 x
そうか、皆さん大学教授って偉く博識で間違ったことなんて言わないって思ってたんですね。私の周りの教授なんて変な人だらけですよ(旧帝大)。親も大学教授だったけどやはりアホでした。まあ、レスでけちつけてる人たちよりも学問にはどっかで貢献したってだけです。では皆さんお休みなさいませ。
Commented by ほっほっほ at 2006-08-02 23:07 x
貴方が「医学部教授なら医学知識を持っているべき」と考えるのは、無理からぬことだと思いますが、実はそんなことは全然ありません。医学部にも大隅先生をはじめ多くのnon-MDがおり、それらの方々の知識は一般人に毛が生えたくらいのものです。医学部の方でも唖然とするくらいの知識の方も数多くいます。それほど多くのことを求めないであげて下さい。

ちなみに「突っ込まれて自分を正当化する」行為を反論というのです。別におかしなことではありませんよ。さあ、反論してごらんなさい!(笑)
Commented by あのー at 2006-08-03 00:09 x
正当化というのは正当であるように見せることではありませんか?「突っ込まれて自分を正当化する」のと反論とは違うと思います。反論の中には「突っ込まれて自分を正当化する」ことも含まれるのかもしれませんが。
Commented by そのー at 2006-08-03 10:05 x
「反論」:自分の発言の正当性を違う表現で再度主張する事; 「正当化」:自分の意見の間違いに気づきながらも、そのような事は意図して言っていない、など論理の誤摩化しを図る事。みたいな感じですかね。
Commented by 生物学者 at 2006-08-05 23:22 x
ほっほっほ>それほど多くのことを求めないであげて下さい。

それなら、自分を「バリバリの生物学者」等と言って、権威を振りまくのはどうかと思う。もともと、自分のまいた種じゃないですか。

それから、日本語の表現ですが、「医学部にも大隅先生をはじめ多くのnon-MDがおり、それらの方々の知識は一般人に毛が生えたくらいのものです。」というのは、「医学部にも大隅先生をはじめ多くのnon-MDがおり、それらの方々の中には、知識は一般人に毛が生えたくらいのものである人もいます」と言いたかったのですか?それとも、文字通りのことを言いたかったのですか?

なお、確認ですが、大隅氏も「知識は一般人に毛が生えたくらいのもの」なのだから、多くを求めるな、ということを言いたかったのですね?
<< Workshopが終わりました Psychologists a... >>