サイエンティストライブラリー:特別編

正当な日曜日の朝の儀式としてお掃除とお片付けをし、数年、袖を通さなかった衣服などを「何でも片付け屋」さんにお願いして引き取ってもらい(1000円也)、雨模様だったので車でラボに行って、やっぱり少しだけ書類の片付けをしてから、執筆中の「神経発生本(略称)」のラフな原稿に手を入れました。

本日書いていたのは「第6章:軸索伸長とガイダンス分子」のところ。
脳の発生過程で、神経細胞が産生された後に、軸索というケーブルの部分が伸びてつながって、神経回路が構築されます。
神経発生という研究分野の中でも、神経回路の構築は、いわば、王道中の王道です。
このときに、どうやって正しくケーブルが伸びてつながるのかについては、「正しい道筋を見つけること」と「正しい標的を見つけること」の二つの仕組みが必要です。
正しい道筋をどうやって見つけるかというと、「こっちの水は甘いぞ」や「こっちの水は苦いぞ」というガイドになるような物質や、それを感じ取るセンサーがあるからなのですね。
そのあたりのことを書いていました。

ガイダンス分子やそのセンサー(受容体)の発見の歴史は、それは面白いドラマがいろいろあるのですが、名古屋大学の名誉教授になられた藤澤肇先生も、ニューロピリンとプレキシンという受容体を見つけられた方で、そのことを「コラム」として書き込むために、調べ物をしていましたら、こんなサイトに巡り会いました。

サイエンティストライブラリー:特別編~日本の生命研究を築いた科学者~

生命誌館が刊行している『生命誌』という雑誌のweb版からまとめたものですね。
ジャンルは一応、遺伝学、細胞生物学、神経科学、生化学、生態学・行動学、発生学、生物物理学に分かれています。
それぞれの方のお写真は大西成明氏に撮影されていて、とってもカッコイイです。
webならではのリンクの多さも魅力ですね。
藤澤先生の分は発生学の中でした。
藤澤先生は「昆虫少年(現役)」です(笑)。

私は藤澤先生のお弟子さんとご縁が深く、共同研究を平田たつみさん(遺伝学研究所)を行いましたし、昨年までの助教のNさんや、その後任のSさんも同門です。
研究への取組方に感じられる共通のフィロソフィーから、研究が人から人へと受け継がれていくのだと思います。

*****
本日は岩手・宮城内陸沖地震から100日目。
行方不明の方で見つかっていない方も残っています。

本日の画像は医学部キャンパスの植木で、これにクリスマスの飾り付けをしたら綺麗だろうなと、ずっと思い続けているのですが……。
d0028322_20581250.jpg

by osumi1128 | 2008-09-21 20:58 | サイエンス | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31