大阪から岡崎

今週の後半は地方巡業。
大阪で略称CREST「脳学習」という研究費の年度末の報告会がありました。
平成15年度採択の6チームは最後の報告会であり、話は自然と「5年って早いですね……」というような流れになりました。
うちのチームも残り最後の1年です。

このCRESTに初年度から応募したのですが、その際は落ちました。
とある審査員の先生(領域アドバイザー)から受けた質問が、自分にとってまったく予期せぬものだったので、一瞬、答えに間が空きました。
……こういう「間」は自分にとっては「一瞬」なのですが、逆の立場からはとても長く感じられるものです。
落ちたのはそのせいとは限りませんが、痛恨の思い出として刻まれています。

実は今回の報告の後、休憩時間にその先生から「なかなか面白い」というお言葉を初めて頂き、胸にくるものがありました。
5年の間に研究そのものが進んだこともありますが、毎年こうやって説明することによって、時間をかけて伝わっていったものもあるのだと思います。

科学コミュニケーションは必ずしも科学者と市民の間のものではなく、専門家同士でも分野が違うと文化が違い、当たり前のことが当たり前でなく、ジャーゴンでは伝わりません。
そういうことも学んだCRESTプロジェクトでした。

*****
d0028322_2320224.jpg
翌日は岡崎に移動し、第3回神経発生討論会(兼成体脳ニューロン新生懇談会)に参加。
今回は幹事の名大・宮田先生の肝入りで、参加者180名だったとか。
会場は熱気に溢れていました。

d0028322_23244387.jpg
若手の口頭発表は、発表10分(厳守!)、討論10分となっていて、たくさん質問できるのが素晴らしいです。
若い方達はきちんと10分の時間を守る点も美しい(拍手!)。
私の経験によれば、お年の上の先生方の方が、喋りたいことは年齢とともに蓄積されるのでしょうが、ルールを守られない傾向がありますね(笑)。

d0028322_23233131.jpg
ポスターの演題数も100弱くらいあり、全部は見きれませんでした……。
口頭発表3つ〜5つに休憩兼ねてのポスター発表40分くらい、というのは、なかなか気分転換されてコミュニケーションもはかれて、良いスケジュールでした。
名札がやたらに大きかったのも宮田流のユニークな企画。
素晴らしいです!

d0028322_23371594.jpg
日本中の神経発生関係者のかなりの方々が集まった感がありました。
今年は成体脳ニューロン新生懇談会も合同でしたので、その分もあろうかとは思います。
これ以上大きなサイズになるかどうかはわかりませんが。

こちらはご自分でポスター発表をされるK大学のO先生(←イニシャルにする意味なし!)。
2日目からのご参加でした。
皆さん、年度末のお忙しい中、ご苦労様でした。

*****
さて、討論会でもご紹介させて頂いたのですが、6月2日、3日に藤田保健大の宮川さんとco-organizeで国際シンポジウムを開催します。
場所は淡路夢舞台国際会議場
安藤建築の1つです。
タイトルには「海馬神経新生」を取り上げていますが、神経幹細胞関係、神経発生関係、精神疾患関係の方々にも是非、ご参加頂けたらと思っています。
ポスター発表募集中です(4月30日締切)。
ポスター発表の中からshort talksを選ばせて頂きます。
d0028322_23431762.jpg

by osumi1128 | 2009-03-13 23:47 | サイエンス | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31