カテゴリ:オピニオン( 8 )

日本分子生物学会理事のコメント(拙ブログに仮置き)

拙ブログは管理人の所属する組織・団体とは別に個人で管理しておりますが、連休明けまでの間、学会HPの更新作業ができませんので、本人の承諾を得てここに掲載します。こちらは、日本分子生物学会の理事会のMLに本日、出されたご意見です。

【追記】日本学術会議の方からも近々、意見表明が為される予定と聞いています。

*****
学位審査を含む様々な審査や試験制度は、我々の社会の成立を支える根幹の一つと言っても過言ではありません。たとえ失望を招く結果であっても、皆がその結果を遵守し社会が成り立っています。今回の早稲田大学の調査委員会の結論のように、博士論文が重大な欠陥を含むことは認めながら、間違って製本提出された原稿であるとみなし、、、、学位取り消しは無しと判定していては、社会の根幹を揺るがします。全ての職業人はおろか、小学校入学から大学に至るまで受験を経験する幼稚園児から高校生までに、早稲田大学の責任者は一体どのように説明できるのでしょうか。

上村匡

*****

皆様
「仮に博士論文の審査体制等に重大な欠陥、不備がなければ、本件博士論文が博士論文として合格し、小保方氏に対して博士学位が授与されることは到底考えられなかった。」というのは、極めて重い指摘だと感じます。この指摘に対して早稲田大と教員の皆さんがしっかりと向き合う必要があることを、教育研究者の声として社会に届けていく必要もあると考えます。
五十嵐和彦


*****

【追記】
皆様
早稲田大学の小保方氏の学位認定と、その後のCDBのSTAP細胞の論文取り下げ事件は直結しております。本学位論文が、その内容に限らずその後の波及効果も含めて、今までに取りさげられた学位論文の中でも最悪のレベルに位置することは明白であります。その学位を認可するという今回の早稲田大学の調査結果は、(少なくとも日本における)PhDの価値および大学院教育の意義を完全に否定するものとなります。これは、先進国においてあり得ない事態といえます。
渡邊嘉典

by osumi1128 | 2014-07-18 22:01 | オピニオン | Comments(10)

賢慮(フロネシス)のススメ

『仙台通信』が全国区のハフィントン・ポストに自動転送されるようになり、ちょっと窮屈な感じが無いこともない。いつもいつもアジった文章を書くのはエネルギーがいる。軽い、内輪受けのネタが書きにくいのだ……。やれやれ。気にせず書いてみたら、先方が勝手に判断するだろうか。

 

ともあれ、この話はちゃんと取り上げておこうと思っていた。1ヶ月ほど前に、総合科学技術会議(←まだこの名称で良い?)常勤議員の原山優子先生を囲んで、仙台縁のメンバーで集まった夕食会(原山先生は元東北大学大学院工学系研究科教授)があり、まぁ、久しぶりにお目にかかった方々で、SXXP細胞のことやら、これからの第5期科学技術基本計画はどうあるべきかなど含め語りあったのだが、そのときに原山先生が「フロネシス」について言及されていたことが話題に登った。

 

「フロネシス」とはちょっと聞き慣れない言葉かもしれない。アリストテレスによれば「中庸を守る特性」であり、智恵や叡智を意味する「ソフィア」とは区別され、バランスを大事にした実践的な智とされる。富士通総研理事長、カリフォルニア大学バークレー校ゼロックス知識学ファカルティー・フェローの野中郁次郎は、第二次世界大戦における日本の敗戦について、この「フロネシスの欠如」が問題であると指摘し、20061130日の第3回イノベーション25戦略会議では、こちらの資料のようにフロネシスを定義している。

 

イノベーター育成-- 知識創造人材を育てる--(PDF)


野中は「イノベーションの本質は知的創造プロセスである」とし、そこでは「暗黙知=アナログ知」と「形式知=ディジタル知」との相互作用が必要であると論じる。そして、「知識創造の根幹に、知識の知恵化を支援するフロネシスがある」とする。

d0028322_22430869.jpg
d0028322_22431678.jpg

ここで特筆すべきは、「フロネシス」には「賢慮prudence」や「実践的智恵practical wisdom」に加え「倫理ethics」の意味があるという捉え方だ(末尾補足参照)。野中によれば、フロネシスは「倫理の思慮分別をもって、その都度の文脈で最適な判断・行為ができる実践的知恵(高質の暗黙知)」と定義される。そして、野中はフロネシスを備えたリーダーがイノベーションを生み出すのに重要であると主張する。

d0028322_22433259.jpg

同様の主張が為されている、より実践的に噛み砕いた文章として、下記の原山先生のエッセイを挙げておきたい。その中の野中からの引用によれば、「イノベーティブなひと」に必要な特質であるフロネシスとは、「個別具体的な場面のなかで、全体の善のために、意思決定し行動すべき最善の振る舞い方を見出す能力」と定義されている。


東北大学原山優子教授の産学連携講座現場からのレポート第18回「イノベーティブなひと」とは?


ちなみに、上記2つを引用されている黒川清先生の文章はこちら。合わせて読むと理解が深まるだろう。


黒川顧問からのメッセージ・第4回「イノベーティブな人」の条件「フロネシス(Phronesis)」とはなにか?(2006/12/11)


さて、これらの文章はみな8年前のものであるが、まったく古びていないどころか、ほとんど実践されていないのではと思えるほどだ。フロネシスが必要なのは「イノベーションを生み出すリーダー」だけではない。社会の変化のスピードが早い今日、産官学すべての組織のリーダーに求められるのはフロネシスという特質、あるいは「徳」であろう。種々の研究不正が問題となっている現場においても然りである。


フランスからレジオンドヌール勲章を授与されている原山先生は、上記のエッセイの中でフロネシスという言葉の引用に至るまでにパスカルを引用し、「幾何学の精神esprit de geometrie」と「繊細の精神esprit de finesse」という捉え方の両方が重要であるということも述べておられる。それらは論理的思考と情動的判断と言い換えることもできるかもしれない。それらがバランスしていることが重要なのだ。「正しい」ことの判断には、主観的な倫理観や公正性の背景がある。以下、原山先生の文章を引用することで締めくくりたい。


科学的知識と実践的知識を融合してアクションを取るイノベーティブなひとには規範的な側面においても卓越していることが求められるのではないでしょうか。


補足:私はフロネシスの概念の中に入るものは、「倫理」よりも「公正性integrity」という言葉を当てはめた方がぴったりくると思う。Integrityの語源はラテン語の「全体、完全、健全」に由来するが、今では「誠実、正直、高潔、品位」などと訳され、Research integrityという用語は「研究の公正性」という日本語が定訳となりつつある。個人的には「誠実さ」がもっとも好きな言葉である。(下引用した図はLinda Reidという方のコーチングサイトの記事The Power of Integrityより)

d0028322_22434301.jpg


by osumi1128 | 2014-05-18 22:54 | オピニオン | Comments(1)

日本腎臓学会の男女共同参画企画で講演しました

昨日は日本腎臓学会の学術総会2日目、ランチョンの後、招待講演の直前という枠に30分でメインホールでの講演を行いました。
「他のセッションと重ならないところで男女共同参画企画を入れたい」という委員会の先生方の強いお気持ちがあって実現したことと伺っています。
ちなみに、男女共同参画委員会の委員長の内田啓子先生(東京女子医科大学教授)は、元神宮でラケットを振っていた仲間であり(超強かった!)、そのご主人とは私は大学の同級生という関係でもあります。

「学会活動における男女共同参画:みんなにとってメリットは?」
日時:5月11日(土曜日)13時30分~14時
会場:第1会場(ホールC)
司会:内田 啓子(男女共同参画委員会)
演者:大隅 典子(東北大学大学院医学系研究科創生応用医学研究センター・脳神経科学コアセンター発生発達神経科学分野 / 東北大学女性研究者育成支援推進室)


昨年の企画が黒川清先生X桃井真理子先生というビッグな対談でしたので、私の方はデータを示すことによって「無意識のバイアス」に気づいてほしいという意図で作りました。

おかげさまで、講演の後になればなるほど(笑)人が集まって何よりでした♫
招待講演の外国人の先生方3名は、私の日本語講演の間も席におられたのですが、かなりビジュアルなパワポで、英語のものもいくつかあったので、ジョークの部分でちゃんと笑って頂けました。
今年は節目の年、ということで1913年の東北大学入学女子学生の顔写真と女子学生百周年記念ロゴマークも、しっかりお持ち帰り頂けたものと思います。

委員会の先生からすぐに御礼メールを頂いて嬉しかったので(勝手に)貼り付けておきます。
ほんの30分でしたが、腎臓学会においで頂いてありがとうございました。もっといろいろなことを伺いたかったという男性教授のコメントがありましたがこれは誰しも思われた(私も)ようですし、ご講演の要旨の印刷物はありませんかとおいでになっ た某国立大の50歳前後の男性など、これまでで最も事後の反応が多かったご講演でした。


という訳なので、講演PPTファイルをResearchmapの方にアップしておきます。
どうぞご自由にお使いください。
イントロ次のスライドは、慈恵医大の横尾先生との共著のPNAS論文で、私のpublication listの中で今のところ唯一kidneyを扱ったものです♫

ご準備頂きました関係各位に心から御礼申し上げます。

関連して、先ごろGenes to Cells誌に掲載された日本人女性研究者のvisibilityに関する本間美和子先生らの論文と、それを引用しているScience誌へのLetterのリンク先も記しておきます。

Maximizing the Potential of Scientists in Japan
- Promoting equal participation for women scientists through leadership development
Homma MK, Motohashi R, Ohtsubo H.
Genes to Cells(まだアップロードされていないのでリンク先は追って)

Science. 2013 Apr 26;340(6131):428-30. doi: 10.1126/science.340.6131.428-b.
Japan's lagging gender equality.
Homma MK, Motohashi R, Ohtsubo H.

PMID: 23620034 [PubMed - indexed for MEDLINE]

【追記】
拙ブログを読まれた黒川清先生が、ロレアルーユネスコ女性科学者奨励賞特別賞授賞式の画像にご自身が写っていないと御指摘下さいまして、講演スライドPDFを差し替えました♬
by osumi1128 | 2013-05-12 09:40 | オピニオン | Comments(0)

今どきの男女共同参画とは?

数日前に、内閣府男女共同参画局からの報告書「男女共同参画に関する世論調査(平成24年10月)」が発表になり、ちょっと話題になっていました。
d0028322_23553818.jpg

(この図はFacebookで標葉龍馬さん作成のものを拾ってきました。元図よりはるかにわかりやすい)
「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきか?」という問いに、賛成、どちらかと言えば賛成、どちらかと言えば反対、反対、わからない、という選択肢があり、その回答(この図では「わからない」を除く)を男女、年齢別にグラフにしたものです。

全体的には、男性がこの考え方に賛成が多く、女性の反対が多いのですが、年齢別に見ると、若い女性のところが微妙に「コンサバ」的だという点が面白い。

これに対して、各種新聞の論調が異なるという御指摘があったので、それも載せておきます。
朝日新聞:「夫は外、妻は家庭」初の増加 20代顕著、内閣府調査
読売新聞:「夫は働き、妻は家庭」20歳代男女で大幅増
産経新聞:震災のせい?「妻は家庭を守るべき」51% プラス10ポイント、初の増加
Wall Street Journal(時事通信):「妻は家庭」5割が賛成=初の増加、反対上回る—内閣府調査

私は、今どきの若い女性が「やっぱり結婚して、家庭に入って楽したい♬ そういう白馬の王子様が見つかるまでは働こう」というような意識なのかなぁ、と思いました。
(結婚適齢期の30代男性は、すでに「いや、僕だけの収入じゃ足りないから、君もちゃんと働いてよね」と考える人が多くなっているのに対して)
もしかして、自分のお母さん世代は、悠々自適で、お父さんよりも生活をエンジョイしているように見えるのかもしれません。
でも、最近の経済状況から、白馬の王子様はなかなかいないのですね……。
例えば、こんな記事があります→「丸の内OL「私の2倍の年収じゃないと結婚イヤ!」

こういう状況が、晩婚化と少子化を招いているように思います。
そして、生物学的には、晩婚化も(男女ともに)少子化も、人類自身のサステナビリティという意味では非常に問題なのですが……。
by osumi1128 | 2012-12-20 00:16 | オピニオン | Comments(1)

これからの分子生物学会

第35回日本分子生物学会が阿形清和先生を年会長として、「年会の新しい姿を模索する」というテーマのもとに福岡で開催されています。
演題同士の関係がわかる、iPadやスマホに適したwebサイトの構築や、ポスターの3分トークなど、いくつもの斬新な取り組みがあります。

前日の理事会から出向いて、初日のシンポジウム「大量シークエンス時代の医療分子生物学」、男女共同参画委員会主催ランチョンイベントと緊急フォーラム「研究不正を考える」に参加しました。

「ヒトES/iPS細胞における、遺伝子発現およびDNAメチル化の大規模解析」という演題を、山中伸弥さんが話すはずだったのですが、ノーベル賞授賞式と重なって、代わりに大学院生の大貫茉里さんが発表し、冒頭のジョークから最後の総合討論まで、実に立派な発表でした。

今回のランチョン企画「全員参加の生命科学研究を目指して(パートII:生の声を聞こう!」は、後藤由季子委員長からのこれまでの活動のまとめの後、塩見春彦先生のご講演「意識改革の必要性について」があり、男女ともに無意識のバイアスがあることなど指摘されました。
(先日のNAISTで紹介した「女子学生の方が成績はいいんだよね……」というのも、そういうバイアスが露呈している症例です)

その後、テーブルディスカッションとなり、テーブルごとに異なるテーマでディスカッションが為された後に、各テーブルからのポイントの披露がありました。
この手の企画では一方的に聴くだけよりも、自分で話すこともできる参加型は満足度があったのではないかと思います。
参加者の男女比は4:6くらいだったように思います。
分子生物学会では男女共同参画企画への男性の参加者が、年々増えてきていることは好ましいと感じます。

夕方の緊急フォーラム「研究不正を考えるーPIの立場から、若手の立場からー」では、分子生物学会に深く関係されていた方の論文不正に対する対応について、まず小原雄治理事長からの経緯のご説明がありました。
学会としては、所属機関の調査委員会の報告を待ってからアクションしたかったのですが、その報告がとても遅くなったということがあります。
現在、学会から所属機関への問い合わせをしています。

その後、若手教育問題WG初代座長であった中山敬一先生による「捏造はなくせるか? 現在・過去・未来」という講演がありました。
まず、中山先生は若手教育問題WGが開催したシンポジウムで講演をされた方に関わる疑惑であり、少なくとも何らかの責任を取るという形で辞職された、という事実から、何らかの関与はあるとして、「任命責任」としての謝罪をされました。
生命科学系研究における捏造の問題の根幹には、「データの再現性が取りにくい」ということがあるのですが、それを夏目徹博士の作製された「ラボ・ロボット」の正確な実験と人間が行った実験との比較というデータを元に、「もし、正確な実験を行うロボットがすべての実験を行なって再現性が得られれば捏造は無くなるかもしれない」という未来の話でまとめられました。
【ロボットの動画はこちらを参照のこと(感動的です!)】

その後、パネル・ディスカッションとして、小原先生、中山先生に加えて、岡田清孝前理事長、篠原彰第17期広報幹事とともに次期理事長として参加しました。
フロアからは「学会としての対応が遅すぎる」というご意見を皮切りに、「他のセッションと重なる時間帯で行うべきではない」「不正を監視する第三者公的機関は必要か?」「再現性が怪しいデータが得られたときはどう対応すべきか?」「当学会のオフィシャル・ジャーナルGenes to Cells誌掲載の論文不正については追求できるのではないか?」等、種々の意見や質問が為されました。

この問題は来期への引継ぎとなりますので、きちんと対応していきたいと思います。

明日また福岡に戻ります。
生化学会のシンポジウムの方でトークがあります。
by osumi1128 | 2012-12-13 19:00 | オピニオン | Comments(0)

グローバル時代の「カタカナ語」

『三四郎』の最後は、主人公が美禰子をモデルとした絵の前で「迷羊、迷羊」と口の中で繰り返すシーンで終わるのだが、この「迷羊」にはストレイ・シープという送り仮名が振られている。
夏目漱石の時代に制定された旧日本国憲法は、漢字とカタカナで書かれていたが、現在の日本国憲法は、漢字と平仮名だ。
カタカナの変わりに平仮名を用いたことは、民主主義の時代に変わったということの象徴に見える。
「和語や漢語」を「平仮名と漢字」で表し、カタカナは外国語や擬音語・擬態語などの一部の言葉にあてる、というルールは、戦後に固まってきたのだろう。

明治維新の前後、当時の先進国である西洋諸国から、医学や科学の知識とともに取り入れた用語には漢字で表される日本語が対応している。
大学の授業で「<細胞>も<小胞体>も<染色体>も<遺伝子>も、中国語として先にあったのではなく、日本人が訳語として漢字を利用して新しく創造したのです」と話すと、中国人留学生が「信じられない!」と不服そうな顔をするが、このことは案外、知られていないことかもしれない。
例えば顕微鏡観察により発見されたコルクの断面の小さな区画に、もともとは「独房、小部屋」を表す「cell」をいう語があてられ、当時の日本人はその意見をじっくり考えて「細かい」「ふくろ<胞>」という言葉を編み出した。
そうやって、逐一、新しい日本語を創っていく作業そのものが、日本における近代化、西洋化のプロセスだったのだ。

思えば、日本は他国の文化・文明を、悪く言えば見境なく、よく言えば柔軟に受け入れる国民性があり、その参照先は、それぞれの時代に変わってきた。
明治時代頃までは、学者といわれる人たちが、ゆっくり訳語を考える時間があったのだが、今は、生命科学分野でも、ゲノム、エピジェネティクス、トランスポゾンなど、もう、訳語でなくて「そのままカタカナで行っちゃいましょう!」的な時代になってきた。
おそらく、もっと著しいのは情報科学分野ではないかと思う。
コンピュータのマニュアルを読むとカタカナが氾濫していて、私には日本語として意味が理解できないことが多い(苦笑)。
何より、それは日本語として美しくない。

だが、もし、現代のように世界中で物事の変化が速いときに、新しい用語をいちいち日本語に訳している暇が無いのだとしたら、その表記の仕方について、もう少し配慮をすべきなのではないだろうか?
おそらく、英語(などの原語)とそのカタカナ語の間にスムーズな参照が為されることが重要であるのだが、現在の日本語のカタカナ表記は、この時代の変化に対応できていない。

一例を挙げよう。
「東北メディカル・メガバンク機構では、ゲノムメディカルリサーチコーディネータを募集します。」

これは、英語で書けばgenome medical research coordinatorsなのだが、普通の方々がこの長いカタカナ語を見て、どこで区切るのかがすぐわかるかどうか。
では、元々の単語の区切りに「・」を入れて「ゲノム・メディカル・リサーチ・コーディネータ」とすればよいかというと、これはこれで長くなりすぎる。
最近、自分で書く文章の中のカタカナ語は、なるべく「・」を入れるようにしているのだが、確かに目立ちすぎという感じが否めない。
また、普通の「・」の使い方は「and」に相当するような「並立」の意味があるので、単に単語を区切りたいという意図とは異なる印象を与える可能性もある。

もう一つの大事な問題は、日本語の音は必ずしも他の原語の音に対応していないので、それをどのように表記するのが適切か、ということだ。
メディカルの「ル」は「l(エル)」の発音で、「リサーチ」の「ル」は「r(アール)」の音である。
あるいは、カタカナの「シンクタンク」は日本語の発音どおりであれば「sink tank」であって沈んでしまう!!!
かろうじて、私の好きな「ヴーヴ・クリコ」などは「v」の発音がわかる表記の仕方があり、これを「ブーブ・クリコ」と書かれたら美味しくなさそうに思うが(笑)、世の中では必ずしも浸透してはいない。
地元のFMで「ほーぷほーみやぎ」というキャンペーンを聞くと、一瞬、元の意味「Hope for Miyagi」が出てこない。

グローバル化に対応するために小学校から英語を教える、そのことも大事だが、私は日本語以外の言葉をカタカナ表記する際に、例えば少なくとも以下のようなルールにすることを提案したい。

・原語の単語の区切りに相当する部分には「半角スペース」を入れる
・「l」の音に相当する場合は「ラ* リ* ル* レ* ロ*」と表記する
・「th」の音に相当する場合は「サ* シ* ス* セ* ソ*」と表記する
・「f」の音に相当する場合は「ファ フィ フ* フェ フォ」と表記する
・「v」の音に相当する場合は「ヴァ ヴィ ヴ ヴェ ヴォ」と表記する

これでも足りないところは多々あり、「メール*」よりは「メィル*」の方がベターだろうし、「ウェブ」もアクセントの位置が「ブ」であってはならないのだけど、とにかく、カタカナ語の表記を変えるだけでも、日本人にとっての英語の垣根が少し低くなるのではないだろうか?
グローバル時代に求められるのは、こういう小さな変革の積み重ねだと思う。
by osumi1128 | 2012-11-23 09:38 | オピニオン | Comments(1)

日本人メンタリティーの真髄はコンビニにある

Wikipediaせんせいによれば
コンビニエンスストア (convenience store) とは、年中無休で長時間の営業を行い、小規模な店舗において主に食品、日用雑貨など多数の品種を扱う形態の小売店である。
略称は「コンビニ」「CVS」などで、これらの略称が定着する前の1980年代以前には「コンビ」「深夜スーパー」などという呼び方もされた。
多くの場合、大手資本によるチェーン店舗として展開されている。
日本の経済産業省の商業統計での業態分類としての「コンビニエンスストア」の定義は、飲食料品を扱い、売り場面積30平方メートル以上250平方メートル未満、営業時間が1日で14時間以上のセルフサービス販売店を指す。
なお、コンビニエンスストアの名称は、日用に供する食品・商品=コンビニエンス商品を扱う店と言う意味であったが、日本では利便性=コンビニエンスの店とされている。

その歴史は日本では1962年まで遡れるというが、ファミリーマート第一号店が1972年で、これを日本のコンビニ元年とみなすこともあるらしい。
扱う商品のバリエーションが増えただけでなく、営業時間帯が「朝7時から夜11時」から24時間になり、今や、公共料金の支払いから銀行のATM端末機能まで、本当に「便利」を追求したらこうなりました、という営業形態だ。

More 続きはこちら
by osumi1128 | 2012-10-31 21:46 | オピニオン | Comments(0)

広い視野に立つこと【リンクupdate貼り直し】

3.11の地震から1週間が過ぎた。
余震は今日も続いていることからも、いかに大きな地震であったかを毎日感じている。
「あぁ、震度3、大したことないね」と思う一方、揺れに敏感な「地震酔い」の状態になっていて、普通にしていても船に乗ったような感覚がある。
無事にといえば無事に過ごせたが、想定外のこととして生じた福島原発トラブルの状況は予断を許さない。

この間、地震のお見舞いメールの後に、海外からは「原発が危ないからNoriko逃げておいで」というメッセージを多数から頂いた。
「原発のクールダウンが現状通りに進めば」仙台(80km圏内)は十分安全圏内であることを説明するが、大きな余震が原発基地付近で「起こらない」とは誰も言えない。
また、海水投下の結果として、塩分がバルブを詰まらせることにより、3号機で原子炉の入った格納容器の圧力が高まり、格納容器の圧力を下げる作業が開始されるが、これにより外部に放出される放射性物質が増えることになる。
NHKニュース(3月20日 17時48分):3号機、なお予断を許さず
(リンクはすぐに切れる可能性があります)

More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2011-03-20 15:13 | オピニオン | Comments(1)