カテゴリ:311震災( 19 )

東日本大震災からの七回忌

2017年の3月10日の時点で、東日本大震災による死者は1万5893人、行方不明者は未だ2553人とのこと。生かされたことに感謝するとともに、犠牲者のご冥福をお祈りします。

昨日から本日昼過ぎまでは、第10回神経発生討論会を仙台近郊の秋保にて主催していました。セッションの途中に当たるため、追悼のための黙祷は本日の口頭発表開始前に行われました。

京都府立医科大学の野村 真さんと当研究室の吉川貴子さんが心を配って丁寧に企画してくれた甲斐があり、参加者は100名弱と大盛況かつ和やかなものとなりました。韓国からも5名の参加者があり、トークのスライドやポスターは英語、口頭発表のほとんどの方は英語での発表だったので、留学生の方たちにも十分わかりやすかったと思います。

今年の特別講演の講師は愛媛大学の村上安則さん。もはや日本では彼が脳の進化の大家です。学名がたくさん出てくるのがちょっと辛いのだけど……。脊椎動物型の脳の起源はカンブリア紀まで遡れるが、小脳、菱脳、終脳などは脊椎動物の系譜で変形していった、というお話でした。
d0028322_23264157.jpg
この研究会は大阪大学名誉教授の村上富士夫先生、生理学研究所の池中一裕先生、名古屋大学の宮田卓樹先生が発起人として作られたものです。現在、世話人は10数名。順に研究会のオーガナイズを行って回していますが、年会費の徴収などは行わず、事務局も置かないカジュアルな運営です。

何より「若手育成」を目的として設置された会なので、発表者は原則若手、10分と比較的長めの質問時間も、最初の5分は若手優先というルールです(「自称若手」は含まれませんww)。英語の口頭発表に対して、日本語での質問もOK。とにかく質問する習慣を付けるのが大事。
d0028322_23311685.jpg
何より、神経科学大会や分子生物学会のような大きな学会よりも「神経発生」に特化した研究者が一同に会しているので、質問も深くなるし共同研究の話なども盛り上がります。ちょうど「日本版ゴードン・カンファレンス短縮型」のような研究会ですね。

*****
夕方からは、今年度でご退職になる森悦朗先生の退職記念祝賀会に出席しました。こちらも森先生のお人柄を反映してユーモアに溢れ、なおかつ暖かい会でした。神経心理学を打ち立てられた山鳥重先生の後任として「高次脳機能障害学分野」の教授として14年務められる間に、正常圧水頭症や認知機能障害に関する数々の研究成果を挙げられました。本当にバイタリティのある先生で、東北大学脳科学グローバルCOEで御一緒できたことは幸せでした。「あの仕組みは良かったよね」と森先生も仰って下さるのが嬉しく思われます。

山鳥先生はじめ多数の方々が全国からご出席されていたことも、森先生のご人徳ならではですね。
d0028322_23503838.jpg
森先生のスピーチも、過日の最終講義の折も含め、いつものことですが、関西人らしく随所で笑いを取っておられました。本学ご退職後は大阪大学に移られるとのこと。新天地での益々のご活躍をお祈り申し上げます。
d0028322_23530154.jpg
d0028322_23530833.jpg
*****
その後、神経発生討論会に招聘・参加された韓国の研究者の方々との夕食会に顔を出しました。これからも交流が続くことを祈っています。
d0028322_23542132.jpg
*****
早目に先に失礼して、着物を片付けたり書類を作ったりした後、Facebook経由で回ってきたのが、駐日米国臨時代理大使の動画が素敵だったので、こちらに掲載しておきます。震災復興のために設置された東北メディカル・メガバンク機構を訪問された折の映像も使われています。

地域住民コホート8万人、三世代コホート7万人のリクルートが達成され、これからフォローアップと解析のフェーズになりますね。生かされた者として最善を尽くしたいと改めて感じた日でした。

by osumi1128 | 2017-03-11 23:56 | 311震災 | Comments(0)

熊本大地震お見舞い

昨晩、熊本で震度7の地震がありました。今朝のニュースやFacebookの様子を見るにつけ心が痛みます。余震も続きますが、現地の皆様におかれましては、くれぐれも身の安全の確保を再優先にして下さい。また、支援物資については、5年前にも全国の方々の暖かい気持ちが必ずしもうまく生かされなかったという教訓があります。参考のために下記、いくつかの被災関連リンクを貼っておきます。
【リンク】

by osumi1128 | 2016-04-15 09:09 | 311震災 | Comments(0)

5年目の哀悼

数日前に、今日の分のブログ・テキストを用意しましたが、こちらに掲載するのはやめました。代わりに、5年目の今日、その時間が来る前に届いたメール文面を残しておきます。

Dear Prof. Kuriyama:
Your manuscript entitled "The Tohoku Medical Megabank Project: Design and Mission" has been successfully submitted online and is presently being given full consideration for publication in the Journal of Epidemiology.
Your manuscript ID is JE-2015-XXXX.R2.
Please mention the above manuscript ID in all future correspondence or when calling the office for questions. If there are any changes in your street address or e-mail address, please log in to Manuscript Central at (URL) and edit your user information as appropriate.
Please expect that all authors will receive the notification email after the Editorial Office acknowledged your manuscript submission, and that all of you need to complete the e-form for authorship and conflict of interest via a link in the email as soon as you receive it.
You can also view the status of your manuscript at any time by checking your Author Center after logging in to (URL).
Thank you for submitting your manuscript to the Journal of Epidemiology.
Sincerely,
Journal of Epidemiology Editorial Office

東日本大震災後の復興プロジェクトとして、東北メディカル・メガバンク事業が開始しました。宮城県と岩手県から15万人の方々に参加して頂き、健康調査とゲノムコホート研究を行うというものです。すでに11万人を超える参加者があり、1010名分の全ゲノムシークエンスデータも論文化されました。

メールは、The Journal of Epidermologyという疫学の雑誌の編集部からのもので、再々投稿について責任著者の栗山先生宛のメールですが、各共著者がその内容を確認したことをオンラインで知らせて下さい、という内容。あと一息ですね……。

一つひとつ、それぞれができることをすること。形にしていこと。今日、改めて。(合掌)
d0028322_13323558.jpg

by osumi1128 | 2016-03-11 14:46 | 311震災 | Comments(0)

「せんだい3.11メモリアル交流館」へ行ってきた

今日は阪神淡路大震災から21年目。12月6日に開業した仙台市営地下鉄東西線に乗って行った先は、終点の荒井駅直結の施設。その名前は「せんだい3.11メモリアル交流館」と言う。
d0028322_19011533.jpg
この施設「せんだい3.11メモリアル交流館」を運営しているのは、「仙台市まちづくり政策局防災環境都市推進室メモリアル事業担当」だが、実際には東北大学建築学科の本江正茂先生の研究室や本江先生らの取り組みであるせんだいスクール・オブ・デザイン等や、市内定禅寺通りにあるせんだいメディアテークの企画・支援室が関与する「3がつ11にちをわすれないためにセンター」も関わっているものと思われる。

ちなみに、メディアテークの建物は我が国が誇る建築家、伊東豊雄氏により設計されたが、東日本大震災で大きな被害を受けた。伊東氏はその後、2013年に建築分野のノーベル賞とも呼ばれるプリツカー賞を受賞されている。現在のメディアテーク館長は元大阪大学総長の鷲田清一先生。実は鷲田先生ご自身は、阪神淡路大震災の被災者でもあられる。

3がつ11にちをわすれないためにセンター」自体の開設は震災後すぐの5月3日。画像、映像、音声など、さまざまなメディアを活用して震災の記録を市民とともにアーカイブするという取り組み。

片側の壁面いっぱいに描かれた仙台市の沿岸部のイラストは市内在住のイラストレータ佐藤ジュンコ氏のもの。訪れた人たちがPostitにさまざまな言葉や絵を記してそのイラストの上に貼っている。反対の壁面では、被災地のビフォー&アフターを映したヴィデオが繰り返し上映されていた。また、別のコーナーには市民がこのセンターに掲載依頼をした画像と記事のボードが多数。「わすれン!レコード」というらしい。これはむしろ、webで読んだ方が最後までテキストが読めて良いかもしれない。

3がつ11にちをわすれないためにセンター:しゃしんときじ
d0028322_19012657.jpg
その他、震災関連書籍の棚があったり、訪れた人々は思い思いの時間を過ごしていた。私自身も、4年と10ヶ月前の記憶を想起し再固定した。この地が現在の神戸のように復興しますように。センターは2月中旬に全館オープンとのこと。もし、仙台を訪れる機会のある方は、リニア地下鉄に乗って東の終点まで足を伸ばしてもらえると有難い。未来に向けてその日を忘れないために。
d0028322_19013139.jpg
【関連リンク】
佐藤ジュンコ氏のサイト:みんなのミシマガジン>女のひとり飯

【関連拙ブログ】

by osumi1128 | 2016-01-17 19:22 | 311震災 | Comments(1)

地域住民コホート調査初年度の報告

もうすぐ東日本大震災から3年が経ちます。
復興事業の一つとして立ち上がった東北メディカル・メガバンク事業では、ゲノム・コホート調査の一貫として地域住民の健康調査をして、その結果を返却して協力頂いた方々の健康支援をサポートしています。
ちょうど今年度から本格的な調査が開始して、このたび3744人分の健康調査結果が集計され、昨日公表されました。
地域住民コホート調査初年度の第一次集計状況~調査協力者の27%に抑うつ傾向、5%にPTSDの疑いなど~
東北メディカル・メガバンク計画は、東日本大震災からの復興事業として計画され、宮城県では東北大学、岩手県では岩手医科大学が事業主体となり15万人規模のゲノムコホート調査を行っています。本調査では、2014年2月現在で2万人を超える地域住民の参加を得ています。
 東北大学は、東北メディカル・メガバンク計画の遂行のため、東北メディカル・メガバンク機構(機構長:山本雅之、以下ToMMo)を2012年2月に設立し、2013年5月から地域住民コホート調査を開始し、同じく2014年2月現在で9000人を超える宮城県からの参加者を得ています。そのうち、約4割にあたる3744人について、2013年12月末までに、調査を集計しました。
 集計状況から、3744人のうち27%の調査参加者に抑うつ傾向がみられ、被災体験や近親者の喪失の影響などが考えられます。更に、問診票調査の結果からは5%にPTSDの疑いが見られ、臨床心理士による電話等での支援が行われています。
 また約10%の調査参加者に心不全の指標、腎機能障害がみられましたが、これまでの研究と比べ著しい増加ではありませんでした。アレルギー検査では、実施した33種の項目のうちスギ花粉に関するものの割合が約40%と最大で、加齢とともにその割合は低下していくことがわかりました。
今後、コホート調査の結果の整理を進め、震災後の住民の心身の健康に影響を及ぼしている身体的・心理的・社会的な諸要因を明らかにし、支援や復興策の充実に結びつけていきたいと考えております。
こちらを元にして、本日までにいくつかの報道が為されたのでクリッピングしておきます。
震災のような過酷な環境変化は、弱者にとってより厳しいものだということを肌で感じています。


NHKニュース
ミヤテレ

「コホート調査」途中経過発表 27%の住民が「抑うつ傾向

河北新報

by osumi1128 | 2014-02-28 19:31 | 311震災 | Comments(0)

祝!東北楽天ゴールデンイーグルス初優勝!!!

本日、東北楽天ゴールデンイーグルスが日本シリーズを制し、初優勝しました。
おめでとうございます!!!
先に王手をかけていて、昨日の負けは残念だったと思いますが、本日の優勝ということに実は意味があったのかもしれません。
2011年の311大震災を、本日113に楽天優勝で覆したと思えば、震災復興の歴史の中で重要な位置づけになった日だと思います。
投じられた復興予算が十分に活かされていないような事業もあると聞いていますが、少しでも多くの方々が今よりも幸せになることに繋がるよう願っています。

追記:
ちなみに、東北大学と楽天の接点といえば、かつてのゼネラル・マネージャーのマーティー・キーナート氏が、2005年、東北大学特任教授、2009年、仙台大学副学長兼教授でした。
d0028322_23164687.jpg

(画像は楽天公式Facebookサイトから拝借です♫)
by osumi1128 | 2013-11-03 23:16 | 311震災 | Comments(0)

東日本大震災から2年目を迎えて

今日は東日本大震災からちょうど2年。
被災地だけでなく全国でさまざまな催しがあったことと思います。

私は東京出張で用務が2つありました。
昨年に続き、この日を皆とともに仙台で迎えられなかったことは、少し心残りです。
代わりに、東北大学大学院医学系研究科HPの震災関連記事をご紹介しておきます。

大内研究科長からのメッセージ
Message from the Dean
教職員黙祷の様子
東日本大震災に関連した研究成果等
東日本大震災記録集(PDF)
医学系研究科の取組み
東日本大震災の医学系研究科公式Twitterの記録

一番最後に紹介したTweetsまとめを改めて読みなおして、2年前のことを思い出しました。
土曜日に東北大学災害復興新生機構シンポジウムの後の懇談会の乾杯ご挨拶を頼まれ、普通こういうのは年長者がすることではとも思いましたが、お引き受けさせて頂いて、ちゃっかり女子学生入学百周年の宣伝もしつつ、まとめの言葉は、昨年、塩野七生さんが鼎談「瓦礫と大理石 廃墟と繁栄」で離されたことを引用しました。
この東北の地に人々が集まってくれば、きっと復興に繋がるでしょう。
起きてしまった震災を受け入れて、少しでも役に立つことができたらと願っています。

【拙ブログ】
ついに来た!M9.0@東北 (2011年3/12)
311震災から一年を迎えて(2012年3/11)
by osumi1128 | 2013-03-11 23:12 | 311震災 | Comments(0)

ハーバード白熱教室in東北大学放映(3/2)

先週収録されたサンデル先生の白熱教室in萩ホールが、今週末に放映とのことです。
(以下NHKのwebサイトより転載)
マイケル・サンデルの白熱教室@東北大学
「これからの復興の話をしよう」
2013年3月2日(土) [ 総合] 午後9時15~午後10時13分

サンデル教授が、東北大学で震災復興について語り合います。参加者は東北大学の学生500人、そしてホームページなどで一般公募した500人のみなさん。その多くが、宮城県、福島県など東北在住の方々です。サンデル教授が投げかける問いは、「除染作業で出た土は誰が引き受けるべきか?」「自主避難を補償すべき?」「自分の命と職務への責任どちらを優先するか」「復興に必要なのは強いリーダーシップか、話し合いか?」など。被災した当事者のみなさんとともに、これからの復興について考えていきます。

d0028322_8103666.jpg

2時間の収録がどのように1時間番組に編集されているのかが楽しみ♫
by osumi1128 | 2013-02-27 08:12 | 311震災 | Comments(0)

閖上に行ってきた

「閖上」という字を読める方は、きっとこの土地が赤貝などの海産物で有名だということもご存知だろう。
この漢字は仙台藩の第4代藩主・伊達綱村が新たに作ったものと言われている。
曰く、綱村が大年寺(太白区)を訪れた際に、その山門から東を望み、門の中に水が見えた地の名前を訊ねたところ「ユリアゲ」ですと家来が答え、「では、門に水と書いて閖上と書くように」と言われたとのこと。

昨年の東日本大地震に伴う大津波により、この地は壊滅的な被害を受けた。
その現在の様子を、8月3日の金曜日、日本学術会議第二部夏季部会でお集まりの先生方とともに視察に行ってきた。
d0028322_7135758.jpg


More 続きはこちら
by osumi1128 | 2012-08-05 07:44 | 311震災 | Comments(0)

後出しジャンケン

国際シンポジウムは連日充実しており、でもさらに締め切りの書類等が多々あり(年度末だしね)、それでも久しぶりに会う人たちとの交流は楽しく、つまり時間が足りない!!!
誰かがFacebookに投稿していたのだけど、お母さんが「時間がない!」と呟いていたら、その娘さんが「ママ、時間をどこに忘れてきたの?」と聞いた、というエピソード、可愛いなぁと、思わず「いいね!」をクリックした。

今朝の中日新聞の一面トップの見出しが「福島原発<80キロ圏避難>」「米、事故翌日には検討」「NRC会議録 首都圏拡大も議論」で、もうすでに同様の報道は多々為されているけど、改めて「なんだかな……」という気持ちだ。

昨年3月17日の時点で、米国は自国民の福島原発50マイル圏からの避難勧告を出しており、翌日18日には仙台から東京までのチャーターバスが運行された。
UCSFの友人は地震のお見舞いメールをくれた後、「Noriko、放射能が危ないから避難した方がいい。バスには乗れるから、こちらに来たらどうか?」と「しつこく」何度も言って来たのだけど、彼の人脈で得ていた情報がどれほど私がその時点で持っていたものとギャップがあったのかが改めて思い起こされる。
たぶん、15日くらいのことだったと思うが、カリフォルニア工科大学の下條先生(高校の先輩でもある)とは、WEBRONZAのエッセイに関してやりとりをした。
「物資を送るより、広域避難を」というのは同じ気持ちだったので、下條先生の記事を引用して「最悪に備えることは無駄ではない【加筆】」というブログを書いた。

日本の中枢にいる方々は「最悪の事態」を考える想像力が欠如していると思う。
また日本国民の多くも、こんな後出しジャンケンのように「実は、あのときこうでした……」という情報を流されて怒らないのが私には不思議だ。
もちろん、被災地の方々は怒る気にもならないくらい疲弊していると思うが。

これは首相を取り替えれば済むという問題ではない。
日本の構造やシステムを「変える」必要があるということだ。

【関連リンク】
WEBRONZA:物資を送るより、広域避難を
仙台通信:米国駐日大使からのメッセージ
仙台通信:最悪に備えることは無駄ではない【加筆】
by osumi1128 | 2012-03-13 08:26 | 311震災 | Comments(0)