カテゴリ:教育( 5 )

お茶の水女子大学に行ってきた:第2回理系女性教育開発共同機構 シンポジウム

愛媛からの帰路、土曜日は別シンポジウムで講演とパネル・ディスカッションに参加してきました。主催のお茶の水女子大学では、平成27年度より奈良女子大学と連携し、「女性教育開発共同機構(CORE of STEM: Collaborative Organization for Research in Women's Education of Science, Technology, Engineering, and Mathematics」という仕組みを作り、とくに女子生徒・学生の理系教育推進んのための取組みを行っています。お茶の水女子大学では、保護者や子ども向けに「リケジョ・未来シンポジウム」という、さまざまなリケジョ(理系のキャリアを持つ女性)のロールモデルを提示するイベントも開催されています。今回、学長の室伏きみ子先生からお声がけ頂きましたが、自分の講演の冒頭では、お茶の水女子大学と東北大学の繋がりとして、日本で最初の女子学生3名のうちの一人、黒田チカ先生は、東京女子高等師範学校(お茶女の前身)の卒業生であったことをお話しました。拙翻訳本『なぜ理系に進む女性は少ないのか?』からの引用含めて、種々のエピソードを盛り込みつつ、全体のメッセージとしては「大人の無意識のジェンダーバイアスを変えることが重要」ということをお伝えしたつもりです。
d0028322_07521567.jpg
黒田チカ含む日本で最初のリケジョについては、下記をご参照下さい♬
東北大学女子学生入学百周年記念事業:女子学生の歴史

画像は、開会のご挨拶をされる室伏先生と本の表紙(西村書店さんのHPより)
d0028322_07480127.jpg
今回のシンポジウムでは、教育学の専門家として愛媛大学の隅田学先生と、国立教育政策研究所の銀島文先生からのお話を伺うことができ、たいへん勉強になりました。隅田先生とは、JSTの理系教育に関する委員会で以前に御一緒したことがありましたが、今回は、女子生徒が若いうちに高い理数系能力を発揮すること(逆に言うと、それが活かされていないことになります……)などのデータを拝見できたのがありがたかったです。

d0028322_07481063.jpg

銀島先生は、2012年のPISAのデータをご紹介頂き、15歳児における理数系のスコアの男女差が前回よりも広がったことを知りました。また、最新の国別のデータを見ると、上海やシンガポールの教育レベルが高まっていることがよくわかりますね……。

詳しくはこちら
残念ながら、講演に使われた男女別国別の資料はこちらには含まれていないようなので、後で銀島先生から取り寄せたいと思います。

パネル・ディスカッション、その後の懇親会でも種々のご意見を伺うことができ参考になりました。高専の先生が「大学院進学まで希望する女子生徒に、<将来、大丈夫でしょうか?>と相談されたときに、どのように答えるべきでしょうか?」という質問をされたので、「一般論で答えるよりも、先生ご自身がご存知の、理系のキャリアパスの女性を挙げて、<こんな方もいますよ。だから貴女もがんばってね>という伝え方の方がインパクトがあると思います」という意見を述べておきました。私よりも年上のようにお見受けしましたので、その周囲にそういうロールモデルとなるような女性がおられないということが問題なのだろうなと思いつつ……。でも、もし真剣にそういう女子生徒を伸ばしたいと思うのであれば、「◯◯大学に、こういう女性の教授がいるから、相談に行ってみたら?」というようなアドバイスをして頂けたらと思います。遠くても、今ならSkypeだってありますし。多様でリアルなロールモデルの存在を知ることが大切だと思います。拙ブログにも「東北大学縁の女性研究者」というシリーズで取り挙げています。

隅田先生の才能教育のことなども含め、いずれにせよ、個々の才能をうまく伸ばせる社会であってほしいと思いました。コーディネートされた佐藤明子先生はじめ、関係各位のご尽力に感謝いたします。(画像は閉会と懇親会開会のご挨拶をされた小川温子先生)
d0028322_07481947.jpg

by osumi1128 | 2016-09-04 07:49 | 教育 | Comments(0)

日本人の英語レベルの問題なのか、それとも…?

英語力、アベレージとしてはどのあたりを目指せばよいのでしょうね?
外国人観光客に道を訊かれて教えてあげられるくらい?
CNNのヘッドラインの意味がわかるくらい?
発信する側としてはどうなんでしょう?

……なんてことを考えたのが下記。
新幹線の座席前、机の裏側の部分の表示です。
(どこが変なのか考えてね!)

For your safety do not rush for your train.
Please switch your mobile phone to silent mode.
Please notify the train crew immediately if you find any suspicious items or unattended baggage.
Power outlets located in center armrest, for your laptop and mobile phone only. Supply voltage may shut down or fluctuate.


More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2012-08-29 08:36 | 教育 | Comments(3)

高大連携:SSHと出前授業【加筆訂正】

このスケジュールってどうよ? と思わなくもないのだが、気づいたら今週、月曜日は医学部発生学の授業60分X3コマ、木曜日に秋田の高校に出前授業、金曜日に歯学部発生学の授業90分X2コマ、土曜日に社会人向け出張講義@東京を90分X2コマ、だった。
これに加えて、火曜日東京出張、水曜日に宮城県大崎市の古川黎明高等学校とスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の打合せもあって、まぁ、出入りの多い週だった。
もう少しちゃんとスケジュール管理したらどうか?と思うので、来年のこの時期は気をつけようと思う。

水曜日に訪れた古川黎明高等学校は、もともとは女子高だったのだが、男女共学&中高一貫になった。
確かに、校長室に掲げられていた土井晩翠の作詞による校歌は、女子高時代の伝統を表すものだった。
d0028322_0101722.jpg


More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2012-06-09 00:53 | 教育 | Comments(0)

「博士号取得者3%採用ルール」という可能性

靴磨きができる週末は、気持ちの余裕がある良い証拠。
さらに今日は、シーズンオフでメンテに出したブーツが仕上がったので、オフィスからの帰りに引き取りに行ってきた。
手入れをして長く履ける靴には愛着がわく。

以前、拙ブログに「実は日本は<低学歴社会>だった!」というエントリーを書いたのだが、ここでもう少しbrain stormingしておきたいと思う。

More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2012-06-03 23:01 | 教育 | Comments(0)

高校年限短縮なるか?

本日午前中、平成24年度第1回目の大学院説明会@仙台が開催された。
お天気にも恵まれ、参加者は90名近くに上った模様。
午後は「研究室門戸開放」だったので、それぞれ希望の研究室を訪問するスケジュール。
先日、塩野さんの鼎談でも「自然災害だけで滅んだ街は無い。人が集まれば再び栄える」と仰ってらしたけど、確かに若い方々が集まるところには新たな文化やイノベーションが生まれる。
なお、追ってUstream配信していたものは、短くして研究科HPにアップされる予定。

今年のスケジュールは以下のとおり。
・5月中旬 学生募集要項の公表
・6月2日(土) 大学院説明会(仙台開催)
・6月6日(水)~6月13日(水)大学院入学資格審査申請期間
・6月16日(土) 大学院説明会(東京開催)
・7月20日(金)~8月2日(木)大学院入学願書受付期間
・8月30日(木) 入学試験日
・9月13日(木)合格発表


さて、今朝の「“2年で高校卒業”認める方針」というニュースをラジオで聴いた。
戦後教育の「6・3・3制」を崩した多様な修学年限が、本当に日本で可能になるのだろうか?

More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2012-06-03 00:30 | 教育 | Comments(0)