カテゴリ:サイエンス( 249 )

週刊ダイヤモンド連載コラム#90:祝! 大隅良典先生ノーベル賞 単独受賞の快挙の背景は?

週刊ダイヤモンド誌に連載しているコラム「大人のための最先端理科 生命科学」の第90回は、大隅良典先生のノーベル賞関連記事を書きました。今週発売号(10/29日号)なので是非ご覧あれ!
d0028322_21334083.jpg
ウェブ記事はこちらからリンクされます。

実は、昨年すでに予想記事を同コラムに書いていました。

タイミングよく、今日のGoogleの検索デザインはアントニ・ファン・レーウェンフックですね♬
d0028322_21412892.png
単眼の顕微鏡を開発して、いろいろな微生物などを観察した方で、ヨハネス・フェルメールの「天文学者」や「地理学者」のモデルとも言われています。

「観る」という行為は科学の基本です。大隅良典先生のオートファジーの研究も、光学顕微鏡で酵母菌を観察して、うごめく粒を見出し「これは何だろう?」と不思議に思ったことが原点です。

その粒が二重膜で包まれた構造であることがわかったのは、光学顕微鏡よりもさらに小さなものまで観ることができる透過電子顕微鏡を用いた観察がなされたからです。実は、その決定的な写真を撮影したのは馬場美鈴博士という方で、日本女子大学の家政学部(当時)の卒業生でした。
d0028322_21592032.jpg
この図で大きな丸(液胞, V)の中のいくつかの小さな丸い構造が、autophacig body(AB)です。オートファジック・ボディはその後、オートファゴソームという名前に落ち着きました。(画像は、フリーで公開されているJ Cell Biol, 1992より転載しています)

その後、走査電子顕微鏡を用いたフリーズ・レプリカ観察という手法により、ちょうどオートファゴソームが液胞に融合する様子も立体的に捉えられています。無数の酵母菌の像の中から、こういう決定的な瞬間を見つけることができるかどうかは、観察者の目に委ねられていると言えるでしょう。(画像は、フリーで公開されているCell Structure and Function, 1995より転載しています)

観ることは信じること。美しい画像には真実が宿る。
d0028322_22094693.jpg

Autophagy in yeast demonstrated with proteinase-deficient mutants and conditions for its induction.

Takeshige K, Baba M, Tsuboi S, Noda T, Ohsumi Y.

J Cell Biol. 1992 Oct;119(2):301-11.

この論文はノーベル賞の受賞論文4つのうち一番古いもの。オートファジーの実態を端的に捉えた証拠と考えられたからですね。


Analysis of the membrane structures involved in autophagy in yeast by freeze-replica method.

Baba M, Osumi M, Ohsumi Y.

Cell Struct Funct. 1995 Dec;20(6):465-71.

この雑誌は日本の細胞生物学会のオフィシャル・ジャーナルです。ちなみに著者3人のうちの真ん中がうちの母、大隅正子です。馬場美鈴博士は母の卒業研究生であり、その後も日本女子大学の電子顕微鏡室に所属されていたこともありました。あまり出回っていない情報なので、こっそりアップしておきます♬





by osumi1128 | 2016-10-24 22:18 | サイエンス | Comments(0)

祝!大隅良典先生ノーベル賞受賞

今年のノーベル賞受賞ニュースはシチリア島のエリーチェというところで聞きました。日本だと夕方からそわそわだったのでうっかりしていましたが、こちらでは発表はお昼間なのですね。日本の友人からのダイレクトメールで知った次第。

受賞理由はとてもシンプルに「自食作用(オートファジー)のメカニズムの発見」。素敵です。しかも、大隅良典先生の、なんと単独受賞! 本当におめでとうございます!!! 奥様の萬里子先生もどれだけ喜ばれたことでしょう。長年、御一緒に研究に携われてこられましたので。また、吉森保先生、水島昇先生をはじめとした共同研究者の方々も、この分野にノーベル賞が与えられたことを、どれほど誇りに思っておられるかと思います。

追ってまたブログにも書きたいと思いますが、ただいま学会出席中でもあり、まずは昨年、週刊ダイヤモンドの連載コラムで取りあげていた記事をリンクしておきます。
大人のための最先端理科第35回:
d0028322_02394126.jpg

by osumi1128 | 2016-10-04 02:50 | サイエンス | Comments(0)

大人のための最先端理科第80回:レトロポゾンの話

ただいま発売中の週刊ダイヤモンド(8/13・20日合併号)にて、拙コラム掲載中。トウモロコシを見たら思い出してください♬ ウェブ版はこちら
d0028322_13252422.jpg

by osumi1128 | 2016-08-15 13:27 | サイエンス | Comments(0)

大人のための最先端理科第75回

今週号に拙コラム掲載中です。電子版もあります♬
d0028322_21335272.jpg



by osumi1128 | 2016-07-06 21:34 | サイエンス | Comments(0)

新学術領域「個性」創発脳が採択されました

本日、新学術領域「多様な<個性>を創発する脳システムの統合的理解」(領域略称:「個性」創発脳)が採択されたという通知を頂きました。私たちのチャレンジングな提案が受け入れられて何よりです。関係の皆様には多大なご協力を誠にありがとうございました。

これから立ち上げで忙しくなります。追って正式なHPを立ち上げますが、研究員・技術員の募集等もあり、今年の秋には公募研究の募集も開始すると思いますので、まずは仮に拙ブログの方に掲載しておきます。とりいそぎ。

概要:
本研究領域では、多様な分野の研究者が連携し、「個性」を客観的・科学的に理解することを目指す。胎児から成人までのヒトを対象とし、行動、認知、性格等における「個性」の発現について、その脳内基盤を明らかにする。遺伝的背景がより均一である齧歯類を用い、生殖細胞形成や発達過程における遺伝・環境的な変動が動物の脳活動や行動様式に与える影響を調べることで、「個性」形成の分子脳科学的基盤を明らかにする。研究推進に必要な種々の解析システム・解析装置の開発や数理モデル構築を行う。上記を国際的なデータシェアリングプラットフォームを構築して推進するとともに、「個性」研究の孕む倫理的な問題点について整理し、社会に発信する。(申請書より)

計画研究代表者(および分担研究者):
A01:ヒトにおける「個性」創発とその基盤的研究
保前文高@首都大学東京(渡辺はま@東京大学)
若林明雄@千葉大学(瀧 靖之@東北大学)

A02:動物における「個性」創発とその基盤的研究
中島欽一@九州大学(今村拓也@九州大学)
今吉 格@京都大学
星野幹雄@神経センター(井上高良@神経センター)
大隅典子@東北大学(原 塑@東北大学)

A03:「個性」創発研究のための計測技術と数理モデル
郷 康広@自然科学研究機構
駒木文保@東京大学
冨永貴志@徳島文理大学(種村健太郎@東北大学)
柴田智広@九州工業大学

ロゴマーク案です♬ 人文・生物・理工系の融合研究であることをイメージしました。デザインは冨永先生。
(微修正してこちらが最終案です)
d0028322_22345984.jpg
【研究室HPでのご案内】チラシPDFに飛びます




by osumi1128 | 2016-06-30 16:49 | サイエンス | Comments(0)

今週号です!:週刊ダイヤモンド連載コラム「大人のための最先端理科」第60回

昨年から担当している週刊ダイヤモンド連載コラム「大人のための最先端理科」が第60回目となりました。今週号です♫ 大好きな三好達治の詩の引用から始まります……。
d0028322_18220303.jpg

by osumi1128 | 2016-03-14 18:23 | サイエンス | Comments(0)

大人の最先端理科(生命科学)第55回記事が出ます

発売です。
今回はお正月体制だったので、少し間が空きました。
ちょうど2/8は周期表のメンデレーエフの生誕日でした!(ただしグレゴリオ暦)
d0028322_08054306.jpg

by osumi1128 | 2016-02-06 21:47 | サイエンス | Comments(0)

週刊ダイヤモンド連載コラム第50回は新春特大号に掲載

クリスマスは平常営業。今年の年末年始は御用納めと初仕事がどちらも月曜日。やれやれ……。

さて、今年から書かせて頂いた週刊ダイヤモンドの連載コラム「大人のための最先端理科・生命科学」が、ちょうど新春特大号に第50回として掲載予定。お正月なので干支にちなんだ話題です。どうぞご贔屓に♬(日頃からネタ探しをさせて頂いています)
d0028322_22272313.jpg

by osumi1128 | 2015-12-25 22:31 | サイエンス | Comments(0)

SANAAのホールで特別講義@岡山大学医学部

分子生物学会年会@神戸の前に、岡山大学医学部の大内淑代先生のお招きにより、1年次学生さんたちを相手に特別講義を行いました。なんと、その講義の場所はJunko Fukutake Hall(通称J Hall)。岡山県生まれの福武純子氏(福武教育文化振興財団副理事長)のお名前を冠したところでした。建築デザインは、かのSANAA!!! ということでテンション上がりました♬ いいなぁ、岡山大学医学部生。もちろん、この建物は市民も訪れやすい開かれた場を提供するというコンセプトで作られているので、コンサートなども定期的に開催されているのですが。追って画像、追加します。
d0028322_01031935.jpg
うーん、スタイリッシュ♬
d0028322_00584883.jpg
講義終わって、大内研関係各位と記念撮影♬


by osumi1128 | 2015-12-01 01:04 | サイエンス | Comments(2)

モーザー先生のご講演とノルウェー科学大学との連携

東北大学知のフォーラム脳科学は、当初7月、8月、9月に国際シンポジウムを行い、さらに関連したワークショップやセミナーを催しましたが、飛び込みで、11月25日〜27日に、ノルウェー科学技術大学(NTNU)のMenno Witter先生と東北大学の飯島敏夫先生がオーガナイズされ、Edvard Moser先生を基調講演にお呼びして、ジョイントのミーティング「Joy of Brain Science」が開催されました。
d0028322_10594545.jpg
2014年のノーベル生理学・医学賞受賞者であるMoser先生の講演には、おそらく300名ほどの教員・学生が集まったと思います。場所細胞を発見したO'Keefe先生のところに短期留学したことが一つの転機だった訳ですが、場所細胞はどこから入力を受けるのか、という疑問がグリッド細胞の発見につながりました。ちょうど奥様のMay-Britt先生の講演をシカゴで聴いたところだったので、話の中身はほどんど同じでも、異なるイントロやトピックの取り上げ方、話し方やパフォーマンスの違いが興味深いと思いました。時間の関係もあったと思うのですが、May-Brittの話したグリッド細胞の発生起源については割愛されたのが残念。
d0028322_23113011.jpg
NTNUからも20名ほどの研究者が参加していたので、懇親会で訊いてみると、「外回りの講演はEdvardが行っていて、留守中もラボを面倒見ているのはMay-Brittの方。彼女は人と人を繋げるのが上手だから」というようなコメントが返ってきました。私には、May-Brittの方が「トンでる」感じがあるように思えました。
d0028322_10530139.jpg
Witter先生やMoserご夫妻の所属されているのはKavli Institute for Systems Neuroscience/Center for Neural Computationといって、Kavli財団が冠になっています。PIが6名程度の小さな研究所ですが、Kavli財団の他にもちろん大学からも支援されており、さらに研究費は国から出ています。Kavliの神経科学関係では他に、US San Diego、Yale大学、Columbia大学に同様な冠研究所が設置されているようです。さらに拡充の計画もあるとのこと。
d0028322_11013994.jpg
Witter先生は飯島先生とたいへん懇意なため、この数年の間、毎年のように集中講義に来ていただいています。このような活動をベースに、さらに国際共同大学院のフレームワークにおける連携に進めることができればと思っています。飯島研究室の皆様は総出でジョイント・ミーティングの準備にあたられ、本当にお疲れさまでした。お世話になりありがとうございました。

画像は、懇親会の折に撮って頂いたMoser先生を囲んだグループフォト。追って全体集合写真も掲載します。
d0028322_23102795.jpg
【ノルウェー関連拙ブログ記事】
【その他】


by osumi1128 | 2015-11-28 23:16 | サイエンス | Comments(0)