カテゴリ:雑感( 353 )

岡田節人先生の思い出

阪神・淡路大震災から22年目の日に、岡田節人が亡くなられた。享年89歳。最後にご尊顔を拝したのは、京都大学の友人のご披露宴の折だったのではと思う。その方の息子さんが、なんともうお受験らしいので、12年以上前のことになる。

最初にお目にかかったのは、たぶん大学院時代の発生生物学会の年会だったはず。京都大学の岡田研で修士号を取った方が、自分にとっては医科歯科で2つ上の先輩だったので、折りに触れ、その人となりは伺っていた。学会では若い方の口頭発表を一番前で聴いて、「あんた、何のためにその研究をしとるんや?」などと、鋭い質問をされていた。「節人節(ときんどぶし)」と呼ばれていた。
d0028322_22263039.jpg
ご縁があって、その後、何度か国際会議で御一緒させて頂く機会があった。内藤財団の国際会議で、香港に御一緒したこともあったはず。だが手元に残っているのは、日本から10数名が参加してインドのマイソールというところで開催された1995年のシンポジウムの折のもののみ。やはり、トレードマークともいえる緑のジャケットをお召しになっている。上の写真は、シンポジウムの最後の懇親会で、感謝の記しとして、先方の主催者の先生に額をお渡ししているところ。カエルの研究者の方だったので、カエルのモチーフだ。
d0028322_22261073.jpg
節人先生のことは、きっとこれから、もっと身近な方々がたくさんのメッセージを残されると思うが、発生生物学会や細胞生物学会など、関連学会の方々にとっては、とてもとても大きな存在であった。国際発生生物学会の会長もなさっておられたし(そのときの国際学会では、白地の紋付袴でバンケットに出られていた)、京都大学を退官されてから、基礎生物学研究所の所長、そしてJT生命誌研究館の館長などを歴任されていたので、本当に長い間、この分野を見守って来られたと思う。

伊丹に代々続く造り酒屋の「ぼんぼん」だったので、車はアルファロメオ、大学の先生にしては(笑)ファッションも一流、でもさらにお爺様の代のエピソードが豪奢で、蝶だったか鳥だったかのコレクターだったのだけど、斡旋業者から「珍しい鳥(蝶?)がありますが、その輸入のためには、一緒に象(!)を連れてこないといけないのですが……」、「よっしゃ、買うたる!」ってことで、象とともに鳥がご自宅に到着。でも冬が越せなくて象が死に、結果、鳥も死んでしまった……」なんていうお話を伺ったことがある。

伊丹弁でお話されるのだけど、「You know, ...」という英語の発音が「そやろ?」と同じだったなぁ、なんてことを思い出す。文化功労者に選ばれた折に、授賞式のために宮中に参内したら、同時に受賞される何かの芸術系の方から「最近は科学をされている方も受賞しはるんですな……」と言われたと笑っておられた。でも、節人先生ご自身は音楽の造詣も深く、生命誌研究館の「サイエンスとアート」を融合したようなイベントにも熱心であられた。

私自身にとって、研究キャリアの最初が発生生物学だったのは、もともと時間軸に沿って変化する現象が好きだったこともあるが、『試験管の中の生命 細胞研究入門』(岩波新書)の影響もある。節人先生は日本において、古典的な「実験発生学」の時代から、細胞レベルの研究への梶を切った方だった。その当時、結構流行っていた「誘導因子」を個体まるごとから見つけるということよりも、もう少し単純な系にシフトした方が、明快に理解できることも多い、という方向付けだった。

節人先生は「Transdifferentiation(分化転換)」という概念を提唱され、モノグラムも英語で書かれている(……そう、思えば、昔の学者はこういうモノグラムを書かれたものだが、最近はインパクト・ファクターの付かない著作は無駄だから行わない、という研究者が増えたのが残念だ)。ちなみに、TS Okadaの「S」は「節人」の「節」を「Setsu」と読んだもの。

Transdifferentiation: Flexibility in Cell Differentiation by Tokindo S. Okada (Hardback, 1991)
d0028322_22373994.jpg
分化転換とは、例えばイモリの黒目の細胞(色素細胞)が色素を失った脱分化した状態を経て、透明な水晶体細胞に分化するという現象のことを指す。言葉そのものを名付けたのは、もしかすると元熊本大学長などもされた江口吾郎先生だったかもしれない。

恐らく、節人先生にとっては、留学先のエジンバラ大学でコンラッド・ウォディントンの影響があったのだろうと想像するが、分化転換という現象は、その後、例えば山中先生のiPS細胞の誘導や、あるいは、直接、皮膚の細胞を、多能性幹細胞を経ずに神経系の細胞にする、などの技術の下敷きとなっている。そういう意味では、節人先生や江口先生のご研究が山中先生のノーベル賞に繋がったと言えなくもないだろう。スティーブ・ジョブズの伝説的なスピーチの言葉をちょっともじって言うなら、「点と点は後から見れば繋がっているのだ」。

それにしても、つい先日(1月10日)にはオリヴァー・スミティーズ先生がお亡くなりになったところだ。2007年にノーベル生理学医学賞を受賞されたスミティーズ先生は、奥様の前田信代先生のご家族が仙台在住というこもあり、何度も本学を訪れておられる。昨年11月に来仙された折、当研究室にもご訪問頂き、ラボメンバーとディスカッションさせて頂いたばかりだというのに、突然のことで言葉もない。その折にデータの解釈について指摘して頂いたことを、現在第三コーナーを曲がった段階の研究を発表する際に是非活かしたいと願っている。

巨星の先人たちのご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌。


by osumi1128 | 2017-01-18 23:15 | 雑感 | Comments(0)

2017年新春:今年もどうぞよろしくお願いいたします

拙ブログ、今年も元気に続けます。
どうぞよろしくお願いいたします。
d0028322_22413895.jpg



by osumi1128 | 2017-01-02 22:42 | 雑感 | Comments(0)

わが家にブラーバ君がやってきた!

長いことお掃除ロボットのルンバ君を買うか迷っていましたが、絨毯のフリンジが苦手という話に躊躇していたところに、ブラーバ君が良さげ、という話を聞きつけました。簡単に言えば、ルンバ君はiRobot社製のロボット掃除機で、ブラーバ君は同じメーカーの床拭きロボットです。
d0028322_23230033.jpg
わが家に来たのはBraava 380jという名前の子。働き方としてはドライモードとウェットモードがあります。付属のクロスも使えますが、市販のディスポーザブルなもの(例えばクイックルワイパー用のドライシートなど)が使えるというのが良いですね。

とにかく、音がうるさくないので、家にいて何かしながらでも床拭きを任せられます。だいたい、直線上に、少しずつずれながら行ったり来たりするという動作が基本。壁などの障害物にぶつかると方向転換します。高さ8cm以上の隙間の下にも入れるので、ソファの下なども拭いてくれます。

どちらかというと、狭いところに入りたがる傾向があります。「もっと広いところが、まだ残っているでしょ?」とこちら思っても、なぜか隅の方に拘ります。隅をちゃんと拭くように教え込まれているようです。一番可愛い動きは、テーブルの脚の周囲に沿って、ぐるっと廻りながら拭くときに見られます。かなりたどたどしいのですが、それが何とも可愛げに見えます。

基本的に段差を感知して止まることはできますが、玄関で後退りした際に、上がり框から三和土に落ちそうになったところを回収しました(笑)。キッチンマットの下に入り込むこともありました。ラグには乗り上げない、ということでしたが、たまたまホットカーペットの上に乗り上げて、逆に降りられずに困っていたのは降ろしました。まだ、どういう動作をするのか興味津々なので、なかなか目が離せません。
d0028322_23231919.jpg
付属品で「NorthStarキューブ」というセンサーがあり、一応、自分が部屋のどこにいるのか把握しているらしく、約2時間半くらい経つと、ほぼ最初の位置に戻ってきてお休みモードになります。ルンバ君と違って、充電ステーションに自分で乗っかることはできないので、お疲れ様、と言って高速充電スタンドに戻してあげます(よく考えると、毎回、これに戻さなくても良いのかも……)。

フリンジが絡まないのは確かに有難い。隙間に入り込むと出られなくなることがあるので、家具の配置などには配慮が必要かもしれません。人間でも、困ったときに近視眼になって、ますますドツボにハマることがありますが、ブラーバ君の困った様子を大所高所から見ていると、なんでそうなる……と思えますね。でも、ブラーバ君は可愛いです。

もちろん、細かい部分の塵埃吸い取りについては、ダイソン君に働いてもらうことも必要ですが、わが家の床ようにフローリングが多い場合には、ブラーバ君は大活躍です♬ しかもルンバ君よりかなりお安い……ww まったくCOIありませんが、お勧めです!

【参考リンク】

より細かいスペックのことなどについては、下記のまとめ記事などが参考になるでしょう。






by osumi1128 | 2016-12-30 23:55 | 雑感 | Comments(0)

スミティーズ先生&前田先生来訪とゲノム編集市民公開講座

昨日、東北大学のアドバイザーとして年に1度、本学に来られるオリヴァー・スミティーズ先生が、奥様の前田信代先生とともにラボを訪問して下さいました。2014年には、東北大学サイエンス・エンジェルとのセミナーをセッティングしましたが、今回、ご帰仙(前田先生は仙台ご出身)のことを知ったのがかなり直前だったために、大きなイベントを組むことができなかったので、ごく内輪の会となりました。
d0028322_09360913.jpg
ちょうど明日からの分子生物学会の発表を控えているメンバーもいたので、リハーサルを兼ねたラボ・ミーティングを午前中に行い、昼食時には大隅ゼミに参加している学生さんのうちの数名も参加。スミティーズ先生や前田先生と直接お話する機会となりました。

ご夫妻は、一乃庵さんの「暖かくなるお弁当」に興味津々。「これ、どういう化学反応なのですか?」などとご質問されましたが、酸化カルシウムと水の反応のようです。

d0028322_09365527.jpg
たくさんご質問を頂きながらの進行だったので、遅れに遅れ、午後の発表に回った大学院生さんのポスター発表では、一番突っ込みを入れて頂くことができて何よりでした。
d0028322_09402596.jpg
スミティーズ先生は、マリオ・カペッキ先生、マーティン・エバンス先生とともに、2007年にノーベル生理学・医学賞を受賞されています。その受賞テーマは「マウスの胚性幹細胞を用いた、特定の遺伝子を改変する原理の発見」です。

Chen-Stationの解説記事:2007年ノーベル医学・生理学賞発表(題字ママ)

スミティーズ先生がいわゆる「ノックアウト・マウス」の原理を思いついたのは、1980年代の終わりの頃のようですが、その最初の論文発表は1995年の奥様との共著論文(PNASのTwo-author paper)で、高血圧マウスモデルの論文が1996年のものだと思います(やはりPNAS)。今回のラボ・セミナーの間も、ときどきお二人で「いや、これはこう考えたらいいんじゃない?」などのやりとりが垣間見られて、こうやって数々の受賞に繋がる研究が為されて来たのだなぁと感じました。そういう意味では、元大学院生だった奥様が、研究者としては対等でありつつも、ノーベル賞受賞者にならなかったのは、ES細胞との抱き合わせだったり、3名までという縛りもあるからですね……。

生の声は以下のノーベル財団サイトから聴くことができます。

時代は移り、今やノックアウト・マウスを作製するなら、「ゲノム編集」で行うことにより、ずっと効率化することが可能となりました。遺伝子工学の時代から倫理的な課題として挙げられていた「デザイナーズベビー」のようなことも、SFレベルではない状況になっています。

今週、金曜日に、第39回日本分子生物学会(一條秀憲年会長)の市民公開講座として、「ゲノム編集は生命観を変えるか?」を主催します。興味のある方はぜひ、パシフィコ横浜にお越し下さい。





by osumi1128 | 2016-11-29 10:08 | 雑感 | Comments(0)

広瀬通りの銀杏並木

杜の都と呼ばれる仙台ですが、旧陸軍の基地が近かったため、第二次世界大戦時にとくに仙台駅から西側は甚大な被害を受けました。逆にそのために、戦後の復興時に主要な通りに広い歩道と街路樹が整備されました。なので、仙台は名所旧跡を訪ねるというよりも、街歩きそのものを楽しむのが良いと思っています。

定禅寺通りと青葉通りは欅ですが、広瀬通りは銀杏なので、この時期、黄金色に染まって美しい。駆け足で秋が通り過ぎ、この葉が落ちたら次は定禅寺通りから勾当台公園にかけてのイルミネーション「SENDAI光のページェント」が始まります。
d0028322_16220129.jpg
d0028322_16221909.jpg


by osumi1128 | 2016-11-26 16:35 | 雑感 | Comments(2)

逆転からの金メダル

立て続けの金メダルが続いていますね。しかも、女子レスリングの3人や女子バドミントンのダブルスなど、逆転からの勝利というのがこの2日の印象に残りました。バドミントンの方はインタビューで「前日に、レスリングで逆転して勝ったのを見て、自分たちもできるのではと思いました……」と語ってました。
なんとなく日本は惜しくも敗れたことに対する美学というか、それに安心しているようなところがこれまであったように思うのですが、若い世代の方々はもっとクールでタフになっているのかもしれません。あるいは、2020年の東京開催も見据えた国策が功を奏し始めたのでしょうか? 研究業界も、そんなタフな若い人材を惹きつける活躍の場であってほしいと思いました。
(画像は下記朝日新聞デジタル記事より拝借させて頂きました)

by osumi1128 | 2016-08-19 08:08 | 雑感 | Comments(0)

初めての授業の思い出

いわゆる教養教育(本学では全学教育と言う)の授業として「体と健康」という講義を医学部の先生方が受け持っていて、私は今年農学部学生さんを対象としたクラスの2コマを担当しました。ちょうど若葉の美しい川内キャンパスは、地下鉄東西線の駅からも近く、学生さんの生活は大きく変わったものと思います。本日の担当分は「女性の健康」だったのですが、全体共通の講義PowerPointを少し変えて、「男性と女性の寿命の違い」や「男性の罹りやすい病気」なども扱いました。画像は講義を行った部屋B200の裏側からのものです。
d0028322_17223208.jpg
今年、初めての講義を担当される新任教員の方も読者におられるものと思います。2年ほど前に、学内の教員に配布されるブックレット(PDブックレットvol. 6『大学教員のブレークスルー』東北大学高度教養教育・学生支援機構編)用に原稿を書きましたが、そちらを転載しておきます。

*****
初めての授業を思い出して
大隅典子(東北大学大学院医学系研究科・教授)

 学位を取得したその春から助手(当時)に採用された。「発生学の1コマ、担当して下さい」と、上司かつ大学院時代の指導教授に言われて、それまで聴講する側であった講義を行う側に立場が変わったことを認識した。準備期間は1ヶ月以上取ったと思う。当時、PowerPointは無かったので、配布プリントと板書が授業のスタイルであった。配布プリント用に、人体発生学教科書の図をいくつかコピーしたり、自分の専門に近いところについては、学会発表などで使う図を入れた。板書の部分はどこにしようかと思って悩み、なんどもコピーの裏紙などに絵を描いて練習した。
 その日の授業が午前だったか午後だったか、ほとんど記憶に無い。約80名ほどの学部生たちの前に立ち、一生懸命準備したことを話し始めた。……が、開始後10分くらい経った頃からだろうか、言い様もない恐怖に襲われ始めた。学生たちは、最前列のほんの一握り以外は机に突っ伏して寝ている(私自身も、自分が学部生だった頃、とくにテニス部の朝練の後は授業中に睡眠時間を補っていたものだ)、後ろの方ではコソコソと会話をしている。きっと「この先生、ビギナーで授業、下手だよね」と思われているに違いない……。かつて、中学・高校の教員実習に訪れた教育実習生に対して「先生の教え方ではわかりません!」と言って皆で授業をボイコットしたこと(実話)がフラッシュバックする。とにかく、90分という講義の時間がどんなに長いと思ったことか。終了後、解放された私は途方もなく疲れていた。
 学生たちは小学校、中学校、高等学校、大学と12年以上の授業を聴いている、いわば聴く方の専門家であり、私は当時ほんの駆け出しの教員で、まったく経験に乏しい素人だった。15分くらいの学会発表や、40分程度のセミナーはすでに行ったことがあったが、それらの聴衆は、少なくとも、私の演題や抄録を見て集まった、興味のある人々だった。対して、必修科目の講義に出席している学生は、必ずしも授業内容に興味がある訳ではなく、単位のために座っているに過ぎなかった。学生たちのテンションを高めたり、注意を促す技も知らなかったのは、初等中等教育の教員と違って、大学の教員になるのに免許は必要ないからだ。当時は「ファカルティ・ディベロップメント(FD)」も行われていなかった。
 その後、授業の担当コマも徐々に増え、東北大学に着任して15年過ぎ、教員としてそれなりに一丁前になって、初めての授業のエピソードを思い出すことも無くなった。市民向けの講演や、サイエンスカフェでトークを行う機会、パネル討論で登壇することも多くなった。多数の実践を経験することにより度胸が付いて、話し始めて10分でパニックになるようなことは無くなった。その間のテクノロジーの進捗は著しく、授業のスタイルも、OHPシート(若い方は知らないかもしれない)の時期を経て、PowerPointで多数の情報を盛り込むことが多くなった。PowerPointは、講義を行う者にとっては便利なツールで、私のような生命科学・医学の分野では、PDF化された論文からクリップしたものや、教科書等をスキャンしてものなど、いろいろな画像を貼り付けることができる(クレジットを明記することは必須)。さらに動画で三次元画像やタイムラプスのデータをわかりやすく示すこともできる。
 久しぶりに初めての授業のことを思い出したのは、昨年、一般向けの講演をいわゆる「TED風」で行ったときだった。TED(Technology Entertainment Design)とは、米国西海岸のモントレーが発祥で、TED Conferenceでは、さまざまな分野の講演者が12分程度の短いプレゼンテーションを行う。その内容はインターネット上で無料で動画配信されており、世界中で多数の人々が楽しんでいる1)。ピンマイクを付けて発表し、レーザーポインターも使わない。それに似たスタイルで、日本分子生物学会年会の市民向け講演が企画され、登壇者の一人になった。リハーサルもゲネプロも行うほどの念の入れよう。プロジェクトチームの方々には大変お世話になった。用意したKeynoteファイルも、何度も駄目だしされ、もっとわかりやすいシンプルなものに、もっと美しい画像にと修正された。「そんなに削ったら何も話せないじゃない……」と思ったが、結果としては良かったと思う。直前まで練習し(そんなことも何年ぶりだったか……)、スクリーンに映ったものの情報量が少ない分、聴衆(その後に動画で見るであろう視聴者も含め)に「語る」ことに意識が集中できた。記録された映像は編集されてYouTubeにアップされている
 この講演を行うとき、普段と少し違うスタイルであったためか、直前の練習をしていたときに、久しぶりに「初めての授業」のときの緊張感を思い出した。そうして、PowerPointプレゼンテーションにより多数の講義や講演を行ってきたこの10年ほどの間に、もしかしたら自分は「語ること」の大切さをだんだん軽視してしまったのではないかと、ふと気付いた。PowerPointにしろKeynoteにしろ、教科書の絵だったり、論文のデータだったり、我々、生命科学系の研究者はつい、後ろのスクリーンに何かを映しだし、それを頼りに話をする傾向がある。話す言葉よりもむしろ、「データを見てね」「絵を見て理解してね」というところで勝負しがちだ。もちろん、同業者が多いような学会発表、研究費の審査ヒアリング等では、多数のデータを盛り込んで、「視覚的」に多くの情報を素早く伝えることが必須であることは間違いない。だが、市民向けの講演であったり学生相手の授業では、聴衆はほとんどの場合に専門家ではない。受講する側、講演を聴く側にとっては、板書の時代よりもスピードが早くなりすぎ、情報量が多くなりすぎているのではないか。つまり、せいぜいが「理解」するだけで受け身になり、主体的に「考える」時間が持てないようになってしまっているのではないだろうか。
 授業などで、どんなふうに大切なことを伝えるのかは、「聴覚的」な、いわば時間のかかる伝達方法も重要なのではないか、と気づいた。聴覚的なプレゼンテーションや授業は、いわゆる文系の先生のお得意だ。今でも草稿を用意され、そのメモを元にして「語って」伝えるスタイルで講義や講演をされる方が多い。脳科学的にみて、視覚よりも聴覚は、その情報伝達速度が遅い。だが、その間に脳の中ではさまざまな情報処理が行われ、自分脳に記憶されている事柄との照合が為されて、面白いアイディアが浮かんだりすることに繋がるのではないだろうか。だとすると、自分の行う講義においても、かつての板書のように、描きながら語り、そして学生には板書を写させながら、考えてもらう、脳を活性化してもらうことが大事なのかもしれない。これから新年度の講義の準備をするときに、一工夫してみようと思っている。上記のTED風プレゼンでは、高解像度で撮影した、自分でも思い入れのある1枚の画像をスクリーン一杯に大きく映しだし、その背景を前に聴衆に語りかけたが、ビジュアルな刺激も良かったのではないかと思う。自分自身もその画像を見ながらの気付きがあった。教員自身もいくつになっても自ら学ぶこと、その姿を見せることもまた教育であろう。


by osumi1128 | 2016-04-26 17:25 | 雑感 | Comments(0)

仙台駅直結エスパル東館に行ってきた

春分の日がらみの連休にエスパル東館がオープンしました。仙台通信ともあろうが、なかなか行く時間が取れず、レポートが遅くなりました。一言で言ってワクワク感満載です! 個人的には、大好きなお花屋さんの青山フラワーマーケットが仙台初出店なのが嬉しい。
d0028322_23394648.jpg
桜がお勧め!と言われましたが、ピンクのラナンキュラスを買いました。小さなブーケもセンスが良いです。
d0028322_23404320.jpg
あと、同じ2階のすぐ近くに、kazunori ikedaの支店が出ています。本店は三越の近くですが、駅直結だと便利ですね。
d0028322_23430018.jpg
とにかく、まだ2週目だったので激混み……。お店の雰囲気は清潔感があってgoodです。
d0028322_23433647.jpg
仙台駅の東西を繋ぐ通路の両側に建物があって、その間を繋ぐ通路からの眺めが開放感があって良いです。
d0028322_23463882.jpg
お土産物エリアも充実しています。これからは仙台駅の東西どちらも賑わいますね。そうそう、塩釜のお寿司屋さん「しらはた」さんが、立ち食い店舗を出されていました。西口側の「北辰寿司」のお店と勝負になりそうですね……。

とにかく、エスパル東館の開店は、西口前も、いわゆる「モール」と呼ばれているエリアのお店も激震なのではと思います。良い競争原理が働くことを願っています。



by osumi1128 | 2016-03-27 23:54 | 雑感 | Comments(0)

恭賀新年2016

d0028322_10070075.jpg


by osumi1128 | 2016-01-01 10:07 | 雑感 | Comments(0)

いくつになっても冬休みの宿題が無くならない><

2015年も残りあと10日ほど、今週、最後の講義を川内キャンパスで行いました。「ジェンダーと人間社会」という全学教育(いわゆる教養科目)のオムニバウ講義を1コマ担当しました。タイトルは「性の決定」。生物学的な視点からの「性」についての話でした。
d0028322_22150234.jpg
d0028322_22160989.jpg

(週刊ダイヤモンドのコラムとしても書いています♬)

講義の最後に「ミニッツペーパー」という小さな紙に感想などを書いてもらうのですが、皆さん楽しんでもらえたようで、けっこう長いコメントが多かったですね。来年はまた一工夫します。

「大学の先生は夏休み・冬休みが長くていいですね」と言われることがありますが、まったくそんなことはありません!!! 授業の担当が無いときにも、研究は平常営業ですし、学生さんは学部生だけではなく、大学院生もいます。

さらに最近、何か「夏休みの宿題」や「冬休みの宿題」が増えている気がします……。この時期、締切が年明けに設定されている申請書や評価書などが……。年明け早々の「班会議」での研究成果報告もありました。┐(´д`)┌ヤレヤレ

大人になったら冬休みの宿題から解放されると思っていたのですが、まだまだ続くようです。

by osumi1128 | 2015-12-19 20:22 | 雑感 | Comments(0)