<   2006年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

モノグラフ

学生さんが撮ってくれたカニの画像がまだ手に入らないので、とりあえず他の話題に進みます。
数日ぶりによく晴れた一日でした。
それでも風が吹くと秋の気配を感じます。

『エッセンシャル発生生物学第2版』の翻訳作業を進めていましたが、本日をもってようやく脱稿しました。
この第1版は自分にとっては2冊目の翻訳ですが、丸々自分で訳したという意味では初めての思い出の1冊です。
発生生物学の教科書には第7版にまでなった分厚いGuilbertや、植物もかなり盛り込まれたWilt & Hake(本年翻訳本刊行)、ちょっとクセのあるWolpertなどがありますが、Slackによるこの教科書は「モデル生物別立て」という珍しい構成です。
ボリュームも手頃だったので、原著を読んで「これは是非翻訳すべき」と思いました。
ちょうど歯学部で発生学の授業を担当することになり、一通り読み直したいという動機もあって、数章訳してから出版社に持ち込んで交渉し、引き受けてもらうことができました。
(普通はやっぱり出版社の方から持ち込まれますので)

2002年に第1版の翻訳本を出してから4年余で改訂第2版ということになります。
今回大きく違うのは4色カラーになったこと、各章に「まとめ」と「古典的実験の紹介」「将来の展望」が付いたことなどのほか、内容としては「幹細胞」や「進化」を大きく取り上げたことです。
細かい部分では、どの章にも新しい知見が加わっており、この4年の間の発生生物学の進展を改めて感じることになりました。
技術の点においても、マイクロアレイ、プロテオミクス、RNAiなどが取り上げられています。

仙台の研究室が形になってから、年に1冊、何らかの形で本を出せたらと思うようになりました。
研究者には「研究原理主義」(中山敬一さん談)、あるいは「論文至上主義」というタイプの人もいますが、私はやっぱり「本も好き」ですね。
もちろん、研究原理主義の方でも(頼まれて)本を書かれることは非常に多いのですが。
残念なのは、英語を母国語とする方であれば、教科書にせよ、専門書にせよ、一般書にせよ、書いたものは全世界に出回るのですが、日本語を理解できる人は世界からみたら少数派ですね。
しかも、その中で研究に関する内容となると、さらに少数の方が読者ということになります。

以前、岡田節人先生に言われたことですが「最近の人はmonographを書きませんな。学者たるもの、monographを書かんと・・・」
岡田先生の言われるモノグラフは、「ある一つの問題に関する研究を記した論文(Wikipediaより)」というよりも、「研究の専門的な内容について英語で書かれた本」というような意味であり、論文で引用することもあります。
雑誌の総説よりはずっと長く、分担で書くというよりは単著で、教科書的にある学術分野を網羅しているというよりはspecificなテーマについて掘り下げてある、というような本と言えばよいでしょうか。
例えば岡田先生のものでは
Okada, TS (1991). Transdifferentiation. Flexibility in cell differentiation. Oxford: Clarendon Press.
などが相当します。

たぶん、忙しい時代になってしまって、自然科学系の研究者にとって、総説なら日本にせよ英語にせよ頼まれればこなすでしょうが、自発的にmonographを書く時間を見いだすことは非常に難しいのかもしれません。
サバティカルでもあると良いのですが。
by osumi1128 | 2006-08-31 20:41 | サイエンス | Comments(3)

カニ、食いねえ

先週の北海道出張のお土産のタラバガニ(註:ズワイガニではない)はめでたく本日ラボメンバー有志の消化管に収まりました。
あとでタラバガニの雄姿をアップしておきます。
本日はこれにてご免。
by osumi1128 | 2006-08-29 23:48 | 雑感 | Comments(0)

東北大学病院新病棟完成

朝8時代に小中学生の姿を久しぶりに見たと思ったら、仙台では今日から2学期が始まるらしい。
まだ8月なのに・・・と思ってしまうが、冬休みが長い分、夏休みが短いのだ。

本日から振興調整費のプロジェクト医療工学技術者創成のための再教育システムの実習が始まった。
今年度の第1回目の実習初日で、今日から3日間は細胞生物学と分子生物学の実習を行う。
主として現在第一線で活躍しているエンジニアを対象とし、医療機器やシステム等の開発のために医学生物学系の知識の習得や実験をしてもらおうというのが趣旨。
3班で18名のオトナたちが実習生としてDNA抽出、PCR、培養細胞への遺伝子導入、細胞内小器官の観察を3日間で行い、残り2日間はウサギを使った生理学および解剖学実習となる。
今年はプロジェクト3年目になるので、だいぶ講師陣の要領も良くなっているのが分かる。
教える方も勉強ってことですね。

*****
さて、外側が完成してからずいぶん時間がかかったように思うが、東病棟が完成し、晴れて「新病棟完成」の記念式典が行われた。
d0028322_22341459.jpg

ご来賓ご挨拶として文部科学大臣(代読)や宮城県知事(副知事により代読)、宮城県医師会長を賜ったところからして、かなり力の入った式典だった。
画像は病院長から工事関係会社への感謝状贈呈風景。

その後、私は参加しなかったが新病棟見学ツアーがあり、さらに祝賀会では市長等のご挨拶。
地下2階、地上18階、ベッド数1300余と、国立大学の病院として最多となったらしい。
とはいえ、巨額の借金をして建てている訳なので、今後の運営が重要であろう。
良い人材の確保は言うまでもない。
by osumi1128 | 2006-08-28 22:43 | 東北大学 | Comments(0)

花のチカラと5本ゆびスリッパほか

d0028322_21513369.jpg

一番町のアーケードを歩いていたら、何やら花を使ったオブジェが多数。
一体どうしたのだろうと主催者を捜すと「花キューピッド 第54回全国・仙台大会 花のチカラ」という催しだった。
昨日と本日で「花と匠の競演」「フローリスト日本一の栄冠は誰の手に!!」(パンフレットより引用)というフラワーデザインコンテストを行っていた模様。
生け花というよりは花を使ったオブジェで、「平和」とか「夢」などのタイトルになっているものが多いのはちょっとほっとする。
アーケードがあるとこういうときに雨をあまり気にせず企画できて良いだろう。
メディアテークでも作品展示があったようだが、そちらは覗かなかった。

*****
知人に勧められ「5本ゆびスリッパ」を衝動買い。
なにせ、足の指で「グー・チョキ・パー」ができないのだが「なるべく開いた方が健康によい」と言われて、思わずゲット。

*****
ハードリングモデル事業の先生から以下のメールが届く(無断転載)。
今朝方(午前6時20分頃)のNHKラジオ第一放送で、当世キーワードという番組 (全国向け)があり、その中で”サイエンスエンジェル”が新語として取り上 げられました。説明は我々の企画どうりでしたが、新語として認識されつつあ るようです。ますます、活躍して頂かないといいけませんね。

ち、ちょっと待って、「新語」ですか???
今のところ超ローカルにしか活動していないのですけど。
覆水盆に返らず。言葉は一人歩きするようだ。
by osumi1128 | 2006-08-27 21:35 | 雑感 | Comments(0)

Jupiter

冥王星が惑星から除外されたというニュースを受けて、という訳でもないのですが、今日のお題はJupiter、といっても音楽の方です。

ホルストの「惑星」という管弦楽を最初に聴いたのは高校生だったと思うが、冨田勲のシンセサイザーによる曲を聴いた方がもしかすると早かったかもしれない。
このとき一緒に聴いていたのは「展覧会の絵」(ムソグルスキー)で、こちらもかなり気に入っていたが、私にとっての前衛的クラシックはこの辺が限界。

「惑星」の中で最も好きだったのが「木星Jupiter」である。
ゆったりとした、うねるようなリズムに乗ったメロディアスな旋律は、ただ聴くだけでも涙が出そうに感動する。
脳科学では「お婆さん細胞」やら「顔細胞」やらの存在を報告しているが、聴覚については何か特定のメロディーに反応する神経細胞はあるのだろうか?

しばらく前から、この「惑星」のサビの部分(クラシックでは使わない用語?)に歌詞を載せて歌っている女性ボーカリストがいることはカーステレオなどで気が付いていたが(すみません、世間に疎くて・・・)、それが誰だか今日判明した。

夕方付けたTVチャンネルが某局恒例の「24時間テレビ」であり、たまたま仙台の中継会場が映ったことから、そのまま見続けてしまった(ザッピングできない性質です)。
そういえば、久しぶりのスポーツジムからの帰りに勾当台公園の横を通ったら何か騒がしいと思っていたらこれだったらしい。
一応チャリティー番組ということで、24時間視聴者の興味を引くための工夫をいろいろしていて、有名タレントを集合させ揃いのTシャツを着せ、間寛平が陸上の10種競技に挑戦するだの、松井秀喜の手術後のレポートをするだのの他、筋肉が骨化する難病の男の子がプールで10m泳げた話(これが仙台会場のもの)や、そして、両手とも指が二本ずつしかない韓国の女性がピアノを弾いて日本人女性ボーカリストとコラボレーションするという話題が出たために気になって見てしまったところ、その曲が「Jupiter」だったのだ。

ヒアさんという韓国の女性の生い立ちレポートから、コラボの話が出てからの特訓の様子などを放映した後、武道館会場での演奏になった。
ヒアさんは脚も膝下が欠損しているので、特殊な装置を付けてペダルを踏む。
両手の二本の指は最大で1オクターブ強くらいは開くように見受けられたが、細かい旋律を弾くのはさぞかし大変なことだろう。
一応中学までピアノを習っていたので、凡人レベルではあるがその難しさは分かる。

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
深い胸の奥でつながってる
果てしない時を越えて輝く星が
出会えた奇跡教えてくれる

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
この宇宙の御胸に抱かれて

私のこの両手で何ができるの?
痛みに触れさせてそっと目を閉じて
夢を失うよりも 悲しいことは
自分を信じてあげられないこと

<以下略>
歌詞:吉元由美


旋律に歌詞が付くと、それはさらに情緒に訴えかける度合いが増すようだ。
それとも、ヒトの声で歌われるからなのだろうか?
「私のこの両手で何ができるの?」という歌詞は今回の即興なのかと思って調べたら、そうではなかった。
しかも、平原綾香はこの曲でデビューしたことも分かった。

思わずiTuneで1曲購入し(¥200)、もう一度聴いてみた。
(便利な世の中です)
サックス奏者でもあるとかで、ネット上では「息継ぎを聞かせるのがサックス的」とかなんとかのコメントもあったが、確かに声自体はもっと良いボーカリストはいるかもしれない。
私としては、誰が一体「惑星」の中の「木星」のサビが「歌になる!」という着眼を持ったかが是非知りたいのだが、ざっと検索した限りでは上がってこない。
どなたかご存じでしたら、教えて下さい。

追伸:こういう「サビ」から始まる歌は、全部歌わなくても良いのでカラオケで便利かもしれない。
by osumi1128 | 2006-08-26 21:39 | 雑感 | Comments(2)

班会議

札幌で特定領域「統合脳」の班会議があった。
5領域がまとまって行うので、参加者が400名くらいという大型のミーティングになる。
企画運営に携わっておられる方々は本当に大変なことと思う。
もちろん我々も自分の領域のセッションを行うのに「若手クルー」を出したりして、コンピュータと液晶プロジェクタの管理や部屋の調光などをお手伝いしているが、全体を仕切っておられる先生方は本当に大変だ。
昨今、学会はいわゆる「学会屋」という会社が成り立ち、会場関係は一手に面倒を見てくれるようになったが(その分もちろん費用は派生するが)、班会議レベルはやはり研究者コミュニティーが中心となっている。
しかも、「統合脳」は年に2回も班会議がある・・・(涙)。

とはいえ、こういう機会がなかったら聞かなかったかもしれないトークを聴くチャンスにもなっていることは確か。
本日午前中最後のセッション(正確には、統合脳にリンクして行われる「脳と心のメカニズム・夏のワークショップ」)は、理論の方のお話。
「グリッド細胞の受容野を再現する自己組織化モデル」というのがタイトルなのだけど、数式を使わずにお話しして下さったので、直感的に理解できる部分があり助かった。
でも、どちらかというと「これこれの生物現象はこういうモデルで説明できます」で終わっていたのだが、私としては、すでに示されている現象ではなく、実験生物学者が証明したくなるようなモデルを見てみたいと思った。

*****
班会議が札幌だったので、行く前に学生さんが「先生、お土産は蟹がいいです!」と言うので、奮発して空港でタラバガニを買ったのだが、夕方研究室に届けたら本人は来ていなくてがっかり。
きっと、世の中のお父さんはこんな気分をよく味わうのではないかと思ったりする。

全国的に大学院入試のシーズンですね。
うちは来週半ばになります。
by osumi1128 | 2006-08-25 22:40 | サイエンス | Comments(0)

女子高校生夏の学校・放送予定

女子高校生夏の学校はNHK国際放送、JSTサイエンスチャネル、
等で放送される予定です。とりあえず、NHK国際放送の予定は
以下のようになっているという連絡を頂きました。

 テレビでの放送
番組名:WHAT’S ON JAPAN (30分の内6分ほどのレポート)

     主音声英語・副音声日本語の二ヶ国語放送

     海外向けのテレビ放送ですが、国内向けにはBS1で放送されます。

放送予定日:(国内向け放送)

BS1 8月27日(日)午前4時10分から4時40分

                 午前9時10分から9時40分(再)

*****
これから札幌にて班会議。
仙台も十分涼しいのですが・・・
by osumi1128 | 2006-08-22 11:44 | 科学技術政策 | Comments(0)

「女子高校生夏の学校」と「生化学若手夏の学校」

17日から19日まで「第2回女子高校生夏の学校〜科学者・技術者のたまごたちへ〜」というイベントに主催者側として参加してきた。

仙台から大宮経由、埼京線で川越、東武東上線で武蔵嵐山という駅で下車して、国立女性教育会館というところに行った
開館は1977年とのことだが、緑の多い広い敷地内に宿泊棟や研修棟が点在している。
お盆明けで残暑の厳しい時期。
ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクホーシの合唱というのは久しぶりの感覚だ(仙台ではセミといえばヒグラシがメイン)。

参加者の女子高校生は、北は北海道から南は九州まで全国から集まった百名余。
2泊3日の合宿の間に理系進学へのモチベーションを高めてもらうというのが趣旨。
さまざまな年代の女性(10名のうち1名のみシニアの男性)による講演、実験デモやポスターセッション、そして学部生・大学院生のお姉さんチューターが工夫をこらした企画と盛りだくさんなメニュー。
d0028322_21284378.jpg

建設会社で橋の設計等に関わった方のお話や、無重力実験のお話などは普段聴くことが滅多にないのでなかなか興味深いものであった。
分子生物学会・発生生物学会・神経科学学会では「自分のアルコール代謝酵素遺伝子の型を判定する実験」と「いろいろな細胞・組織・ゼブラフィッシュ胚の観察」を日大のNさんおよび遺伝研のHさんを中心として企画され、普通の研修室に遠心機、PCR機、顕微鏡等を持ち込んで行った。
高校の理科の先生も企画委員として参加されており、実習全体の説明のされ方はさすが日頃高校生を相手にしているだけあって、要点をまとめ、注意を喚起したりして、なるべく正確に、確実に伝わるような説明のスキルを感じた。
(学部の1年生相手の授業でも参考になりそう)

それにしても、現役高校生は「若い」ですね(溜息)。
チューター企画のクイズ大会などで大盛り上がりの様子を、私と同世代の方たちはまるで父兄参観のように眺めていました(苦笑)。
あ、それから国立女性教育会館ではトイレの表示が男女同色でした。
形だけで見分けなければならないのは、なかなか不便かもしれないと思いました。


報道関係者も取材にいらしていたので、いずれいくつかのメディアに掲載されたらアップしておきます。
関係者の皆さん、とくに学生チューターの方々、本当にお疲れ様でした!
※画像2枚目はお酒のない懇親会の模様。
d0028322_21182028.jpg


* ****
土曜日午前中に夏の学校で講演をし、表彰式、閉校式を済ませた足で、そのまま「第46回生化学若手夏の学校」のシンポジウム「情報発信しないと“良い研究者”になれないって本当ですか?」で話をするために東大へ。
理学部2号館の階段教室で「社会の中の研究者:さまざまなアウトリーチ活動の必要性」というタイトルで講演。
「“情報発信”とは、まずは論文発表である」と釘を刺した上で、研究者コミュニティーとして他分野の研究者、行政、産業界、次世代に成果を伝えることは大切であり、その方法にはいろいろある、というのが内容。
他に、3名のシンポジストの講演があり、さらに総合討論。
九大のNさんは「研究者の本分は研究を行うことである」という主張で、このおかげでディスカッションは大いに盛り上がった。
私自身も基本的にはこれに賛成で、とくにこれから自分の研究スタイルやその分野における立ち位置を確立しようとする若手研究者までもが闇雲に巻き込まれるべきではないと思う。
ただし、その上で、分業的にアウトリーチする、科学コミュニケーションに携わる人は必要であると考える。
新聞社のHさんは「新聞は社会の悪を問いただすのが本務であり、科学の成果を掲載するよりスポーツの記事を載せた方が部数は伸びる可能性があり、よって<もっと新聞で科学記事を取り扱ってほしい>というようなお願いをされても対応できない」と言われた。
もう一人のシンポジストである東大のTさんは、所属する植物系の学会で「市民からの質問に専門家が答えるコーナー」が非常に人気があるという例を披露され(残念ながら、講演そのものは聞き損ねたが)、これは神経科学学会などでは是非必要なことなのではないかと思った。

Nさんは「税金を使って行っている科学研究の成果を発信する役目は本来国であるべき」と主張。
だが、現状においては、国にはそういうことを行える人材がいない。
したがって、国民から怒られないように、国は科学者に振ってくる。
この状況を変えるには、科学技術コミュニケーターをさらに配備するか、政府機関に一定比率のPhDなりポスドク経験者なりをを登用することが必要だと思う。

「野球の振興や、次世代の野球選手を育てるには、イチローがひたすら素晴らしい成績を挙げることが重要で、ファンサービスなどしている場合ではない」
ということもあるが
「野球業界としては、イチローの写真を撮ったり、記事や本を書いたり、解説を行ったりという人も必要」
というアナロジーだろうか。
by osumi1128 | 2006-08-20 21:24 | 科学技術政策 | Comments(15)

タリーズに中庭ができていました

d0028322_17581756.jpg

海外出張の間に、大学病院タリーズに中庭の席が出来ていました。
中と同じくらい、20人ほどは座れるでしょう。
運営に関わっている財団の方は「コンサートなどもどうかと思うのですが」「是非是非」と申し上げておきました。

明日からいよいよ「女子高生夏の学校」になります。
インターネットから隔絶された環境で3日ほど過ごしてきます。
by osumi1128 | 2006-08-16 18:16 | 東北大学 | Comments(0)

RPD制度に対するwebアンケート

まだまだ時差が残っていて朝型にシフトしている。
今日は涼しい様子だったので、8時代に自宅からラボまで完歩した(途中、スタバで朝ご飯)。
シャッターの閉まった朝のアーケード街は普段とは違う顔をしている。
定禅寺通りもまだ車も人も少ない時間帯で、何か特をした気がする。
そういえば小学生の頃、ラジオ体操に行くときに何を考えていたのだろうとふと思った。

*****
本当はもっと早くこのブログでアナウンスするつもりが遅くなってしまったのですが、日本分子生物学会では、今年度から始まった日本学術振興会のRPD制度に対するるwebアンケートを行っています。

RPD制度のRはRestartの意味だそうですが、出産・育児による研究中断後に研究現場に復帰するためのポスドク制度です。
詳しくはこちらをご参照下さい。
採用開始時を年4回にしてあるなど、工夫も見られるのですが、2年間という期間であったり、「過去5年以内に、出産又は子の養育のため、概ね 3ヶ月以上やむを得ず研究活動を中断した者」ということで、概ね 3ヶ月以上休んだ人でないと申請資格がない、ということでもあります。
この制度に対する意見や、さらに「こんな制度があったらなあ・・・」というアイディアなど、是非お寄せ下さい。

ウェブ上で回答できますので、ものの5分程度で終わります。
お盆休み期間ではありますが、是非多くの方のご意見を頂ければ幸いです。
8月16日締め切りです。
by osumi1128 | 2006-08-13 21:45 | 科学技術政策 | Comments(0)