<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

年度の区切り&東北大学神経科学グループ震災復興助成金への御協力のお願い&祝論文受理!

本日は平成22年度の年度末最後の日。
お世話になったCREST脳学習の事務所も本日で解散とのこと。
311の大震災のために、大学でもいくつかの人事は年度超えて持ち越しになったりしたが、区切りの日なので退任式が行われましたた。
いろいろ有難うございました。
d0028322_16535912.jpg

(画像が悪いのは遠くからiPhoneで撮影したものを拡大切り取りしたためです)

More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2011-03-31 17:01 | 雑感 | Comments(2)

できる人ができることから:支援物資を送りました

東北道が一般車にも通行できるようになったお陰で、宅急便屋さんは大忙し。
盆暮れ以上のかき入れ時になっているかもしれません。
ガスの復旧は阪神大震災のときにも1ヶ月はかかったというので、これはのんびり構えるしかないなぁと思い、オンラインネットショップで「電気ケトル」を購入しました(電気ポットは持たない主義)。

仙台に移って12年経って、いろいろなモノが溜まり気味の昨今だったので、この際、という勢いで整理モードに入っています(←整頓ではない)。
着ていなかった衣類等、どこか外国に送るかなぁ、と思っていたところへこの震災だったので、衣類等を受け付けるところが無いか探してみたところ……

【全国から個人物資受付】お年寄り用の服他募集 東北地方地震 介護支援 NPOふれあいステーション・あい

というサイトを見つけました。
古いトランク大小3つ分に冬物を中心にクリーニング済みの衣類を詰めて、岩手県宮古市宛に発送しておきました。

More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2011-03-27 13:36 | 雑感 | Comments(0)

ご支援を宜しくお願い致します:東北大学医学系研究科震災復興助成金受付のお知らせ

大地震からもうすぐ2週間、津波に見舞われた方々の情報が挙がるたびに、被害状況の数字が増えていくのが心苦しい限りです。
この間、多数のお見舞いのメッセージやご支援のお言葉を有難うございました。
「何か必要なものは?」と聞かれることも多いのですが、どうぞより被害の大きかった地域や原発の今後が心配な方々につきまして、まずご配慮頂ければと思います。

本日の仙台市街地の状況では、もっとも困っているのはガソリン不足と市ガスの開通です。
公共機関の整備状況が首都圏等とは異なりますので、日常生活を車に頼る市民が多いために、食料品がお店に出ても、それを買い出しに行くことができないのです。
また市ガスが供給されないと、温水や暖房に不便があります。
ですが、改めて、こういう「当たり前」だった環境が無い不自由を感じてみると、馴れきった都市化した生活というものが、いかに脆弱なのか、サステナブルではないのかを思い知ります。
冬ならお湯で顔を洗う、というのは100年前の市民には無かった習慣ですね。

More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2011-03-24 15:17 | お知らせ | Comments(1)

東京出張&このタイミングに『ヤフートピックスの作り方』を読んで

d0028322_2231224.jpg大地震後も余震が続いており、自宅は9階なので結構揺れる。
でもって、いわゆる「地震酔い」を感じるのだけど、これは
地震でもないのに揺れているようなめまいやふらつきなどを感じる「地震酔い」に悩む人が増えている。車酔いや船酔いと同じように、視覚情報と平衡感覚とのズレが原因だ。ストレスも一因といい、専門家は「不安を和らげることが大切」と呼びかける。(asahi.com記事3/18

と説明されているが、必ずしもそれだけではないと思う。
というのは、目をつぶって寝ていても揺れを感じるのだ。
たぶん、身体の筋肉が無意識で動いているのが、普段ならノイズとしてキャンセルされているのに、過敏になっていて「揺れ」として感知されてしまっているような気がする。
自分で思うだけで「リラックス」できたらいいのだが、それはなかなか難しい。

そんな状態なので、昼でも夜でも、いつでも外に逃げられる「災害モード」のいでたちで暮らしている訳だが、プチサバティカルのときと同じように毎日ジーンズにフリースで出勤というのは、ある意味、気楽でもある。
ネットに繋がってできる仕事は十分こなせるし。
とはいえ、現場に行かないとできない仕事もあるので、1泊2日で東京出張してきた。

More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2011-03-22 22:35 | 東北大学 | Comments(0)

広い視野に立つこと【リンクupdate貼り直し】

3.11の地震から1週間が過ぎた。
余震は今日も続いていることからも、いかに大きな地震であったかを毎日感じている。
「あぁ、震度3、大したことないね」と思う一方、揺れに敏感な「地震酔い」の状態になっていて、普通にしていても船に乗ったような感覚がある。
無事にといえば無事に過ごせたが、想定外のこととして生じた福島原発トラブルの状況は予断を許さない。

この間、地震のお見舞いメールの後に、海外からは「原発が危ないからNoriko逃げておいで」というメッセージを多数から頂いた。
「原発のクールダウンが現状通りに進めば」仙台(80km圏内)は十分安全圏内であることを説明するが、大きな余震が原発基地付近で「起こらない」とは誰も言えない。
また、海水投下の結果として、塩分がバルブを詰まらせることにより、3号機で原子炉の入った格納容器の圧力が高まり、格納容器の圧力を下げる作業が開始されるが、これにより外部に放出される放射性物質が増えることになる。
NHKニュース(3月20日 17時48分):3号機、なお予断を許さず
(リンクはすぐに切れる可能性があります)

More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2011-03-20 15:13 | オピニオン | Comments(1)

最悪に備えることは無駄ではない【加筆】

昨日は雪で寒かったのですが、お彼岸の入りの本日は春の陽射しになりました。
下記はあくまで個人の意見として記しておきます。

昨日のブログにも載せましたが、米国大使館からは原発80km圏内の米国市民の退去勧告が出て、本日、仙台からは米国市民とその家族を避難させるためのチャーターバスが準備されました。

一方、3/15付けの英国政府主席科学顧問の記者会見のレポートによれば、1個の原子炉の完全メルトダウンとそれに基づく放射性爆発の場合30km圏内が避難エリアとなっており、現状の20km退避指示区は「放射能レベルが現状を維持されるのであれば」、適切な範囲と判断されています。

Paul Atkinson氏によるFacebook記事

上記の和訳版

ただし、上記英国科学顧問の見解でも、「海水注入を続けることができ、原子炉を冷やすことができれば」現状を維持できると限定しているので、原子炉が冷えない最悪のシナリオを想定するとすれば、米国の対応は妥当といえると思います。

地震の被災地でも福島原発に近いエリアから順に、避難所にいる方々を大量輸送ヘリなどを使うことによって、より安全な地域へ退避させることはできないものでしょうか?
救援物資を送る帰りに、避難民を移動させることができたら、一石二鳥だと思うのですが。
すでに、避難者の受入を表明している自治体も多数あります。
今回の事態では「沿岸部の地震・津波被災者救援」と「福島原発事故」を別々に考えるべきではないと思います。
被災者受入自治体リスト

「最悪に備えることは無駄ではない」と信じます。

【関連サイト】
下條信輔先生のAsahi webRONZA:物資を送るより、広域避難を
by osumi1128 | 2011-03-18 18:25 | 311震災 | Comments(0)

米国駐日大使からのメッセージ

地震・津波の被災者の困窮が続く中、まだ余震も続いており、福島原発の状況は予断を許さない。
本日付で、John Roos米国駐日大使からは以下のようなメッセージが出た。

A Message to American Citizens from Ambassador John V. Roos - March 17

Twitter上での日本語の要点を転載しておく。
@AmbassadorRoos

More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2011-03-17 17:42 | お知らせ | Comments(0)

Warm messages

この度の被災により国内外から多数のお見舞いメールを頂きました。
とくに海外からのメールを読んで、こういうときに英語ではなんて言えばよいのか、とても勉強になりますね。
ちょっといくつか転記しておきます。

もっとも早く頂いたのは西海岸からほんの数時間後。
Dear Noriko,

I just heard about the terrible quake in Japan near Sendai and see video of tremendous damage and tsunamis.

I hope that you and your love ones are safe.

With concern for you, and best wishes,


More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2011-03-16 23:48 | 雑感 | Comments(0)

原発関連情報サイト【追加】

以下が参考になると思いますので載せておきます。

東大病院放射線治療チーム

東京大学早野先生ツイッターアカウント@ryugo hayano

ustreamでのNHKニュース

原子力資料情報室と元原子炉格納容器設計者の後藤政志氏

福島原発の原子炉の設計者による詳しい解説

【追加】
サイエンスメディアセンター

放射線医学総合研究所
by osumi1128 | 2011-03-16 12:36 | お知らせ | Comments(0)

大事なもの

月曜日からは広報室の用務が多くなっている。
こういう事態であるから、正確な情報を素早く発信することが求められていると感じる。
東北大学医学系研究科HP
東北大学HP

週が明けて東北の被災地からの報道により、犠牲者の数が急激に増加していることに心が痛む。
幸い、自分のごく周囲で亡くなられた方はいないが、自宅を失った方、ご親戚の安否が未だ不明な方などはおられる。
そんな一連の地震・津波・原発事故を経験して思ったのは、自分にとってのプライオリティーは何か、ということだ。

More 続きはこちらをクリック!
by osumi1128 | 2011-03-15 23:31 | 雑感 | Comments(0)