<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

STAP現象の検証実験

昨日付けで理化学研究所から「STAP現象の検証の中間報告について」公表されました。記者会見は、これまでの一連の発表と同様に動画配信されたようですが、即日のうちにテープ起こしがメディアに公表されてはいないことから、いっときよりも社会の関心は冷めたように思われます。

私自身は動画は見ていませんが、発表されたスライド資料から、どのような結果であったのかは十分理解できました。多くの科学者が予測したであろうことですが、1月末に発表されたNature論文(←すでに取り下げ済み)のプロトコル(実験の手順)に従って、生後5〜10日のマウス脾臓から得られた細胞をpH5.7程度の酸で25分間処理した細胞を培養した場合、22回の実験のうち半数程度に細胞塊が出現したものの(おそらく、死にかけの細胞が塊をつくったのではないかと想像します)、仕込んであった多能性細胞のマーカー遺伝子(Oct3/4-GFP)の発現誘導は認められなかったということです。
d0028322_22312250.jpg

もっとも重要なデータの図を上に引用しておきます。この図では、酸処理による自家蛍光かどうかも見極めるために、異なる2種の蛍光フィルターを用いた結果が提示されており、一見、緑色に光って見えるものは、実は赤い方のフィルターでも認められるので、細胞が初期化して生じたGFPの蛍光ではないことがきちんと示されています。
(ちなみに、このようなPPT資料は、研究室内の進捗状況報告の参考になりますね)

また、生データは示されていませんが、内在性のOct3/4遺伝子の発現上昇も認められなかったとのことです。

今後は、臓器特異的な遺伝子発現を示すマウスを用いて、心臓および肝臓の細胞を元にして厳密に細胞の由来を追求しつつ、同様のプロトコルでの初期化誘導が認められるかどうかについて検討するとのことです。そもそも、脾臓の細胞よりも元論文ではSTAP化しやすいということを示す図がありますので。また、誘導方法も、毛細管通過刺激や、ストレプトリジン処理なども行うとのことでした。
(これもまた、ラボ内プログレス発表のようですね……)

しかしながら、これらはすでにもともとのSTAP細胞なるものの誘導方法ではないのですから、まったく別の実験を行っていると考えるべきと思われます。そういう意味で、「STAP<現象>検証実験」という扱いになっているのでしょう。

さて、以上が現時点において丹羽博士らのグループが行った実験結果です。Nature論文で示された方法で「STAP細胞」を誘導することができなかった、つまり再現性が得られなかった、ということであり、これは論文発表直後から、世界中の何箇所かで繰り返されたことでした。今後については以下のように発表されています。

今後は、11 月末迄の期間に限って小保方氏の参画を得て、同氏による手技を第三者により確認する。また、今回の実験で用いた系統とは異なる系統のマウス、脾臓以外の臓器からの細胞を用いて、論文等に記載された各種処理による完全に分化した細胞(終末分化細胞)からの多能性細胞誘導現象の有無について3 月末迄を目処に確認する。


さて、この「小保方氏の参画」については、理化学研究所から6月30日の時点で公表され、それを受けて日本分子生物学会からのは、論文の疑義についての調査が先であり、本人が検証実験に参画することには問題がある、という趣旨の理事長声明を発出しました。

この点に関して、小保方氏の実験参画は「権利」として認められている、ということをご指摘頂きました。根拠となっているのは、文部科学省の研究不正に関するガイドライン(平成18年8月8日付)です。以下、該当箇所を転記します。
4 告発等に係る事案の調査
2告発等に対する調査体制・方法
(2)本調査
3.調査方法・権限
ア)本調査は、指摘された当該研究に係る論文や実験・観察ノート、生データ等の各種資料の精査や、関係者のヒアリング、再実験の要請などにより行われる。この際、被告発者の弁明の聴取が行われなければならない。
イ)被告発者が調査委員会から再実験などにより再現性を示すことを求められた場合、あるいは自らの意思によりそれを申し出た場合は、それに要する期間及び機会(機器、経費等を含む。)が調査機関により保障されなければならない。ただし、被告発者により同じ内容の申し出が繰り返して行われた場合において、それが当該事案の引き延ばしを主な目的とすると、調査委員会が判断するときは、当該申し出を認めないことができる。
ウ)上記ア、イに関して、調査機関は調査委員会の調査権限について定め、関係者に周知する。この調査権限に基づく調査委員会の調査に対し、告発者及び被告発者などの関係者は誠実に協力しなければならない。また、調査機関以外の機関において調査がなされる場合、調査機関は当該機関に協力を要請する。協力を要請された機関は誠実に協力しなければならない。


この「被告発者」が「自らの意志により」「再実験などにより再現性を示すこと」を「申し出た場合」は、「それに要する期間及び機会(機器、経費等を含む。)が調査機関により保障されなければならない。」ということになっているのです。

ちなみに、6月30日付の理研からの発表には「本人が申し出た」とも、上記のような根拠があるとも書かれていませんでした。
STAP現象の検証実験を行うことについては、様々な見解がありますが、科学的事実を明らかにするたに、小保方研究ユニットリーダーを相澤慎一実験総括責任者及び丹羽仁史研究実施責任者の指揮監督のもと、実験に参画させることとします。期間は、平成26年7月1日から平成26年11月30日までを予定しています。


したがって、本人参加の実験には正当性があり、11月末までそれを見守るしかないということのようです。

近畿大学医学部病理学講師の榎木英介氏は、直近で、次のような2つのブログを書いています。
STAP細胞があろうがなかろうが(8/27付ブログ)
「再現実験」は国民の期待を鎮める儀式(8/28付ブログ)

とくに前者の記事は、科学の世界における「真実」を事件の「真犯人」に置き換えて、「真犯人はこの人だ!」と言うためには、科学者がありとあらゆる証拠を提出しなければ「黒」とは言えない、という説明をしています。検挙したつもりであっても、真犯人でなければ、やがて葬り去られるのが科学の世界の掟です。

****
【追記】
文科省ガイドラインがこのたび8月26日付で正式に決定となりました。
研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(PDF)

【さらに追記】
2014年12月19日付で、STAP細胞の検証実験は不成功に終わったことが報告されました。
2014年12月26日付で「STAP細胞」とされたものは「ES細胞」であったことが調査委員会により報告されました。

by osumi1128 | 2014-08-28 22:47 | サイエンス | Comments(4)

新たな研究センターはどうなるのか?

昨日のうちにリーク報道もあったようですが、本日、理化学研究所の研究不正防止に向けたアクションプランの発表に合わせて、STAP現象(←細胞ではなく)の検証に関する中間報告が為されました。
●研究不正再発防止をはじめとする高い規範の再生のためのアクションプランについて
●STAP現象の検証の中間報告について

アクションプランには、6月12日に出された「改革委員会からの提言書」を受けて、「社会のための理研改革」として、ガバナンスの強化(外部有識者を過半数含む経営戦略会議の設置、役員の補佐体制の強化、広報体制の見直し等含む)、発生・再生科学総合研究センター(CDB)の大幅な改組(後述)、研究不正防止対策、第三者によるモニタリングを含む取り組みのチェックという4つの柱が盛り込まれています。
研究不正再発防止をはじめとする高い規範の再生のためのアクションプラン(PDF)
研究不正再発防止をはじめとする高い規範の再生のためのアクションプラン(概要)(PDF)
d0028322_230231.jpg

改革委員会からの提言書で「解体」という非常に強い言葉が使われたことを受けて、本年11月までに大幅な改組を行う方向で、9月までに運営体制の改革を進めることとしています。また、新しいセンター長の選考には新たな委員会を設置し、年度内を目処に選定する予定と書かれています。再編されるプログラムは以下のような内容です。

① 細胞環境応答研究プログラム(仮称)
② 器官創生研究プログラム(仮称)
③ 幹細胞臓器再生研究プログラム(仮称)
④ 数理発生生物学研究プログラム(仮称)
⑤ 網膜再生医療研究開発プロジェクト(仮称)


看板としてのプログラム名からは、数理発生生物学研究と網膜再生医療研究以外は、どのように再編されるのが不明確ですが、そもそも、新センターがどのようなミッションで発生・再生を軸とした(あるいはしないという選択もありえますが)研究所を目指すのか、とくに、基礎ととトランスレーショナル研究のどのあたりを主軸にするのかが、今後のポイントになると思われます。

研究組織改革にあたっては、任期制研究員の雇用契約を維持した上で、若手リーダーの独創的なボトムアップ型研究を、医療イノベーションに明確につなげるため、それぞれの研究の連携及び融合を意識した上で、目指すべき目標を明確にした研究体制をゼロベースで再編する。また、目的志向型の研究課題(プログラム)の設定に当たっては、発生・再生科学総合研究センターが世界をリードしてきた組織・器官形成に関わる研究を活かした加速が必要であり、ここ数年で急速に知見が蓄積された初期化やゲノム修飾等の新たな成果を踏まえる。


ただし、ここで大きな問題は、概要の方に「センターの規模は半分程度に縮減。研究者の雇用は確保」と書かれていることです(詳細な記述の方には具体的に「半減」とは書かれてはいないのですが……)。確かに、改革委員会からの提言において「解体するが雇用は確保せよ」となっているのですが、実際上、雇用だけが確保されても研究を行うことはできません。また、雇用は継続されるものの、理研内の他センターへの異動も必要であり、マッチングは容易なことではないと思われます。さらに、個人的な事情によって、他の地域に異動することが難しい方もいるのではないかと思います。

CDBのこれまでの運営体制の中で改革すべきことは改革すべきですが、「概要」にあるように、「規模を半分に縮小」することがその答えになるのでしょうか? 以下、アクションプランのp3-4より抜粋します。

 発生再生科学分野が生命科学における最も重要な分野の一つであることに鑑み、発生・再生科学総合研究センターは体制を刷新した上で、国の科学技術政策に基づく中期目標及び中期4計画に沿いながら、今後の科学的潮流を見据えた研究活動を行うこととする。今回海外の有力学会、著名な科学者たちから発生・再生科学総合研究センターの研究活動と人材育成方針を支持する 170 通以上の文書が寄せられたことは、同センターが世界の中で、発生再生科学分野の中核を担ってきたことを意味する。この顕著な成果は約 250 名の研究者の研鑽に基づくものであり、従って彼ら彼女らの意欲を損なうことなく雇用を維持したい。


他の組織の運営について個人ブログで意見を公表することは不適切と思い、これまでコメントしておりませんでしたが、あえて個人的な見解を述べるとすると、今回のSTAP騒動の帰結がセンターの規模を半分程度にすることになるとすると、これは適切な対応とは言えないのではないかと思います。科学の世界において本来、研究不正への対応は、きちんとした不正調査が為され、関係者がそれ相応の処分を受けるべきですが、それが研究所レベルでの処罰に繋がるようなことがあっては、健全な科学研究活動がそおなわれるのではないでしょうか?

もう一つ気になったのは「広報体制の改革」です。今回、1月末の最初の記者会見等についての「過剰な広報」が大きな問題となって、話が科学者コミュニティーの中で解決できない問題に広がったことは事実ですが、それがCDBの「国際広報室」の落ち度によるものだったとは思えません。むしろこれまで、CDBの広報は国際レベルでの成功事例であり、ゼロから出発したCDBを10年の間に世界的な知名度を上げるのに貢献してきたと思います。とくに、国際的な幹細胞研究コミュニティーへも発信するなどの実力があったことは、間接的には例えば山中さんのノーベル賞受賞にもつながっていたのではないかと考察します。

研究不正防止については、かなり具体的な記載があり、これまでにきちんとした対応が為されていない研究機関には、大いに参考になると思われます(実際に運用してどうなるかは今後次第ですが)。9月末に研究不正に関するシンポジウム(下記・追って詳細ご案内)に登壇するので、その折に内容を盛り込もうと考えています。

……30ページに及ぶアクションプランを読んで時間を取ってしまったので、「検証実験」については明日以降にします。

○シンポジウム「科学研究の規制と法(仮題)」

日時:2014年9月28日(日)13:00〜17:00(予定)
会場:東京大学医学部教育研究棟14階 鉄門記念講堂
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html

<総合司会>
水野紀子・東北大学教授(民法)

<ご講演・パネルディスカッション>
大隅典子・東北大学教授(発生発達神経科学)
中村征樹・大阪大学准教授(科学技術社会論/科学技術史)
藤垣裕子・東京大学教授(科学技術社会論)
米村滋人・東京大学准教授(民法・医事法)

<パネルディスカッションご登壇のみ>
長谷部恭男・早稲田大学教授(憲法)
町野朔・上智大学名誉教授(刑法・医事法)

by osumi1128 | 2014-08-27 23:13 | 科学技術政策 | Comments(4)

光操作研究会・技術検討会と浜先生のこと【フォトギャラリー更新】

光感受性の種々の分子を用いて、神経活動を制御する「光遺伝学(オプトジェネティクス)」に関する光操作研究会が、医学系研究科・松井広先生の主催で開催されました。

今年の開催にあたって、これまで生命科学研究科の八尾寛先生が主催されてきた「オプトジェネティクス講習会」も一緒に開催ということでしたので、それならさらに「コネクトミクス講習会」もできたら面白いのでは、という話になり、実際は電顕コネクトミクスの講習会にはならず<形>関係の「イメージング講習会」になったのですが、カール・ツアイスさんに最新機器を持ち込んで頂いて、今週、月曜日から3日間、有意義な実習を行うことができました。

最近の顕微鏡は、ものすごい勢いで進捗しています。より細かく、より深く、より広く、より早く、画像を得ることができるようになり、それを三次元構築したり、各種の計測を行ったりすることによってデータが得られるのです。世界が変わります。

初日月曜日の<形>の講師として、カール・ツアイスの方によるデモ機の説明と三次元電子顕微鏡技術の紹介があり、さらに多光子顕微鏡でマウス脳深部イメージングに成功された北大の根本先生、マウス初期胚で細胞移動などをトラッキングされている基生研の野中先生にもお話して頂きました。また、実技講習会後、昨日午前中に、マックス・プランクのフロリダ研究所で電顕コアファシリティーのチーフを務める釜澤尚美さんにも来て頂いて素晴らしい講演をして頂きました。サラミを使った説明は、とてもわかり易かったと思います。
d0028322_22403296.jpg


釜澤さんが最後に紹介されたのは、日本の著名な電子顕微鏡学者、浜清先生のお言葉。
美しいものはいつもそこにあるのです。
大事なところはいつも隠れているものなんです。

お茶目な浜先生はこれを「ビキニ説」と仰っしゃるとのこと(笑)。

昨日午後から本日夕方までのシンポジウムは、オプトジェネティクスを用いた遺伝子発現操作や、光操作の結果をfMRIで観る、組織の透明化技術の最先端、質量分析を利用したイメージングなど盛りだくさん。若手の方々の意欲的な発表に加え、生物物理学の分野で初期からロドプシンの研究をされていた神取先生@名工大の歴史から最先端までのお話も、たいへん教育的で参考になりました。これまでの研究会を率いて来られた田中謙二先生@慶應、尾藤晴彦先生@東大(あ、「先生」ではなくて「さん」付がルールだったのを思い出しました!)もありがとうございました。

下村脩先生がGFPを発見したのが1962年で、ノーベル化学賞を受賞されたのが2008年、チャネルロドプシンの発見が2002年とすると、その40年後は2042年ですね……。きっとそれよりも前に、ノーベル賞受賞になるかもしれませんね。

私は明日から台湾でアジア・パシフィック神経化学学会のシンポジウム出席になってしまいますが、<光>操作のワークショップは週明けまで続きます。来年は、さらに他のシンポジウムも合わせて「東北大学知のフォーラム:脳科学最前線2015」として7月〜9月に開催予定です。乞うご期待!

オプトジェネティクスの技術講習会含め、全体イベント終了後にフォトギャラリーが更新されました。
それぞれの日程で「more photos」が見られます、
by osumi1128 | 2014-08-22 22:42 | サイエンス | Comments(0)

女性初のフィールズ・メダリスト誕生

一昨日、初めて女性にフィールズ賞(フィールズ・メダル)が授与されたという快挙が報道されました。(下記画像はオリジナルがどこなのか不明。とりあえず、Capital Campusというケニヤのサイトに載っていた、もっとも画質の良いものを選びました)
d0028322_13463468.jpg
フィールズ賞はよく「数学のノーベル賞」と言われることが多いのですが、ノーベル賞と異なり、受賞者が選ばるのは4年に1度(今回は4名の受賞者)で、しかも40歳未満という制限もついているので、より厳しい賞であるとも言えますね。国際数学連合という組織が選考を行っており、今年の授賞式はソウルで開かれました。

受賞者の一人は、イラン出身のマリアム・ミルザハニ氏というスタンフォード大学教授。トポロジーや幾何学に関する分野とのことです。まずはこちらのサイトの冒頭にある本人インタビュー動画を御覧ください。

A Tenacious Explorer of Abstract Surfaces

Maryam Mirzakhani’s monumental work draws deep connections between topology, geometry and dynamical systems.




94年、95年に数学オリンピックで金メダル連続受賞。こちらの記事によれば、博士論文の内容が「タイタニック級」とのことです。模造紙に横線が引かれたロール状の紙に、ひたすら手書きで絵や数式を書きながら思考する姿がとても印象的でした(下記画像は上記のサイトから引用しました)。最後の方に出てくるお嬢さんと思しき小さな女の子と一緒の様子も微笑ましい。
d0028322_13384790.jpg
母国イランでご両親と一緒の画像を見ながら、もしかするとイスラム文化に特徴的なアラベスク模様の中で育ったことも、彼女の幾何の才能を育むのに影響を与えたのだろうか……と考えました。もちろん、同じ環境で育った女性はこれまでにも多数いるわけですから、ミルザハニ教授がフィールズ賞を受賞したのは、彼女の才能も大きいと思います。でも、おそらく、本人の努力に加え、家庭の理解や経済力が無ければ、数学オリンピックに出ることも、テヘラン大学を卒業後にハーバード大学で学位を取得することもできなかったのではと思います。さらに祖国では「ヒジャブ」を被って生活しなければならないのに対して、米国ではその必要が無いということも、無意識の抑圧を解き放つという意味で、彼女のメンタリティーに影響を与えたのではないでしょうか。

実は昨年上梓した拙翻訳本『なぜ理系に進む女性は少ないのか?』(原題:Why aren't more women in science?)の帯には、「"フィールズ賞"の受賞者に女性はまだいない。男女で生まれつきの能力に差があるのか?」と書かれています。これ、書き換えないといけませんね。

科学の中の女性参画の歴史が塗り替えられた日でした。

*****
ちなみに、さっそく友人のK先生に「良かったね!」とメールをすると、ちょうど、ソウルで授賞式に参列されているとのことでした。国際数学連合の下におかれたWimen in Mathsという組織が女性数学者のための会を前日に開き、そのプレナリー講演をされたとのことでした。さすがK先生です♬

日本の女性数学者は5%で、他国が20〜50%であるのに比べて著しく低いのは、日本の女性が他国の女性よりも数学の才能が無いというよりも、やはり文化的なプレッシャーが大きいのではないかと思います。「女子が理系に進んでも、将来明るくないよ」という囁きが、親から、友人から、教師から聞こえてくるにつれて、数学が好きなのに諦めてしまう女性が多数いるのでしょう。K先生曰く、「数学は紙と鉛筆さえあればどこででもできるのだから、むしろ職場に縛られないので女性向き」。このことを今回のフィールズ賞受賞をきっかけにもっと知って頂けたら良いのではと思います。

なお、次期の国際数学連合の会長が森重文先生とのこと。こちらは初めての日本人。国際社会の中での日本のプレゼンスを高めるためにも、日本から世界に貢献して頂けると良いですね。

*****
【追記】
日本人でも数学オリンピックの女性金メダリストがいました! 中島さち子さん、96年金メダル、97年銀メダルで、その後、東大数学科に進学されたようですが、ジャズピアニストの道に進まれたようです。

以前、K先生が、「数学オリンピックで入賞していても、医学部に進学しちゃうのよね……」と嘆いておられたことを思い出します。医学部で必要な詰め込み教育と脊髄反射のように解答するトレーニングは、一つのことを深く長く考えなければならない数学とは相容れないでしょう。良い人材活用ができていなに日本の社会構造は問題かもしれませんね。


by osumi1128 | 2014-08-15 13:51 | ロールモデル | Comments(4)

黙祷

このたびの笹井芳樹博士の訃報に際して、発生生物学分野で研究を行ってきた研究者の一人として、心よりお悔やみ申し上げます。

10数年前の早春の頃、笹井博士よりも数歳年上の、やはり京都大学から輩出された逸材の生命科学研究者が自らの命を断ちました。確か、笹井博士はその追悼のための会の1つを開催されたはずです。

世界の生命科学界が失ったものが大きいことは、この2日の間に国内外含め多数の文書やコメントが発出されていますので、そこに加えることは何もありません。強いて言うなら、拙著の中の神経誘導という項目の中でもコーディンの発見者として研究成果を取り上げていました。

後に残された方々の気持ちを思い計ってもなお上回る念慮というものは、私の理解をはるかに超えている部分もあるでしょう。授かった命を全うするのに、他人と比較するべきではありません。遺書にどのような言葉が書かれていたのか明らかではない時点で、笹井博士が何を目的として自死を選択したのか、本当のところはわかりませんが、命よりも大事なことは何も無いはずです。自分の命はまた誰かの為でもあるのですから。

なぜ自らの命を断つという選択をしたのか。このようなことが起きた背景について分析し、問題を取り除く努力を続ける必要があると思います。生命科学の商業化・産業化、過当競争、教育の質保証、問題は多岐にわたり交絡しています。犯人探しや責任のなすりあいをするのではなく、どうすればこのような悲劇を防げるのか、科学者コミュニティーの構成員が自分の問題として現実に目を向ける必要があります。

そして、理化学研究所の皆様、とくに神戸の発生・再生科学総合研究センターの皆様、くれぐれも労りあい、気持ちを強く持って良いサイエンスを続けて下さい。世界は応援しています。

笹井博士のご冥福を祈って。

*****
【追記(8月21日)】
本ブログは私が所属する組織の意見を代表するものではありませんが、自分の備忘録として、日本分子生物学会のHPに理事長メッセージをアップしたことを記しておきます。
理事長メッセージ(2014年晩夏):ロイヤル・ソサエティに学ぶ科学と社会のあり方

なお、某TV番組に関して、この学会が深く関わったのではないか、というような憶測が寄せられているようですが、学会がTV局に取材の誘致をしたり、出演者をアレンジしたことは一切ありません。

加えて、東大の件については学会はすでに扱って来ました。上記にも記しておりますが、該当リンク先は以下になります。


by osumi1128 | 2014-08-07 07:37 | 雑感 | Comments(3)