<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

研究の公正性:自治医科大学の講演と豊田先生のデータからの考察

過日、自治医科大学において研究不正に関する講演をしてきました。東北本線の宇都宮と大宮の間にある「自治医大駅」から車で数分のところに、大学、病院、学生寮等の建物が建ち並ぶ広大なキャンパスがあります。私立大学ですが、実際には総務省(旧自治省)が1972年に設置した大学であり、独特の雰囲気でした。

講演は夕方からだったのですが、元学生だった高橋将文さんがこちらの分子病態治療研究センター細胞生物研究部の講師として川上教授にお世話になっているので、学内をいろいろ案内してもらいました。なんというか、すべてにゆとりがある、というのでしょうか……。設備もゴージャスで羨ましいww タイミング的に30代後半から40代の教員の方が集まっているようで、先端医療技術開発センターの脳機能研究部門に最近着任された准教授の平井真洋さんのお話など面白く伺いました。

今回の講演では、より実践的な内容にすべく、「<うっかり>が生まれる瞬間」というスライドを数枚入れました。例えば、ラボ内の研究進捗報告会などで、「こういうデータが出る予定」として、何か適当な電気泳動のバンドの画像などを貼ったPPTを作成すると、それが論文の図にそのまま残ってしまったりする、ということも、「ハインリッヒの法則」で言うところの「ヒヤリ・ハット」レベルの問題に相当するので、そういう「芽」を摘むようにすべきであるなど話しました。
d0028322_20390164.jpg
私の次に講演をされたのは、循環器系の治験に関係した論文の不正疑義にいち早く気づかれた興梠貴英准教授。統計データからどのように不自然さを見出したのかを説明されました。

それでふと気づいたのですが、臨床系の論文不正に関しては、2000年代の中程から目立って起きているようです。これはタイミング的には、日本では基礎生命科学は世界に伍した研究が出ているが、臨床研究ではそうではない、と言われてきて、いや、そんなことはない、2003年より医師主導型治験も開始したから、良い臨床研究論文がこれから出るのだ、という旗が振られていた時期以降のように思われます。
d0028322_20493042.jpg
生命科学系の論文は、2001年頃をピークに、そのシェアを下げているのに対して、臨床医学論文はそうではない、というデータ(元三重大学学長の豊田長康先生の下記ブログから引用させて頂きました)と合わせて考えると、臨床研究論文を出すためのプレッシャーが大きくなった中で生じた歪であるようにも見えます。

ちなみに、豊田先生のデータ(元データとしてNISTEPのものなど含む)は、これから種々吟味して使わせて頂くことが多いと思いますが、例えば、科研費の種目の中で、もっともコスパが良いのは「基盤C」という資料もありました。
これは、ポスドクなどを雇用できるレベルでは無い金額の研究費ですが、例えば基盤Aなどでは人件費を含むので耗品費が不十分なのかもしれませんし、より「大きな論文」を狙わざるを得ない背景から、数で統計を出すとこのようになるのかもしれません(ただし、シェア上位10%で集計しても同様の傾向)。種々精査すべきと思いますが、いずれにせよ、運営費交付金を召し上げて競争的に配分するというやり方が必ずしも意図した結果にはなっていない可能性があるのではと思われます。

強調しておきたいのは、研究不正の問題は、単に「研究不正を取り締まる」だけでは対応できないのではないかということです。この背景には初等中等教育レベルの問題(そもそもの倫理観、ディジタル情報を用いる際のクレジットの扱い)や、研究者のキャリアパスの問題(博士号取得者の活躍の場がまだまだ足りない)もあり、さらにはこのような研究費配分の問題も過度な競争的環境を作り出し、不正が生じる遠因になっているかもしれません。多面的な対応が必要と考えられます。

*****
自治医大の講演の後、病院のレストランで懇親会を開いて頂きました。蓑田先生、川上先生、お世話になりありがとうございました。
d0028322_21220852.jpg




by osumi1128 | 2015-01-25 21:24 | 科学 コミュニケーション | Comments(2)

東北大学サイエンス・エンジェルの活動紹介セミナー@星陵地区

一昨日、今年度から立ち上がりました「星陵地区男女共同参画ネットワーク(SIGN)」主催のセミナーにて、医学系研究科および歯学研究科の大学院生で東北大学サイエンス・エンジェル(SA)活動を行って来た3名の方に、その活動紹介をして頂く機会がありました。
d0028322_08123865.jpg
企画を立てて下さった石井恵子先生が司会をされました。石井先生は「教室員会」の「福利厚生部」として、大学病院の中に「病後児保育施設」を立ちあげられた有志のお一人です。
d0028322_08124308.jpg
開会のご挨拶は、医学系研究科の男女共同参画委員会委員長の朝倉京子先生。ご自身も医療関係分野のジェンダー・バランス等についてのご研究をされています。
d0028322_08124746.jpg
最初に、6年前からのSA活動のコーディネータとして大活躍された橋爪圭先生@男女共同参画推進センターから、活動全体のご紹介。
d0028322_08134176.jpg
今年は70名を超える自然科学系女子大学院生がSAとして総長から任命されました。
d0028322_08133239.jpg
このスライドに、SAの活動の意義が集約されていますね。「縦のつながり横のつながり」は、すなわち、「ネットワーキング、メンタリング、ロールモデル」の3つの意味があるのです。
d0028322_08131918.jpg
発表された松本郁美さん。幅広い活動がしたくSAに応募したとのこと。出張セミナーや科学イベントで活躍されました。
d0028322_08132221.jpg
中国からの留学生、龍剣蘭さん。中国の女性の意識との違い、施策の違いなどについて話されました。
d0028322_08132454.jpg
4期にわたってSAを務めた高根侑美さん(現AIセンター助手)。博士号取得後、来年度からは助教として学外に旅立たれます。SAOGと現役SAの組織「輝友会(きゆうかい)」の紹介も。ネットワークは財産ですね。

最後に、私は閉会ご挨拶にてSAネーミングの昔話などを少し。数学科のK先生から「エンジェル(天使)は、キリスト教では男性なんだけど、いいの?」というご指摘がありましたが、「科学の面白さを伝えるメッセンジャー」として中性的な意味に捉えても良いであろう、という判断になりました。

3月に第10期のSAの第一次募集が開始されます。二次募集が5月の連休明け締切の予定。興味のある方はぜひ!


by osumi1128 | 2015-01-15 08:30 | 科学 コミュニケーション | Comments(0)

2015年のお初釜

本日は東京のお茶の先生のところでお初釜でした。昨年はバタバタとしてしまって、結局いちどもお稽古に伺えず仕舞いでした。今年のお初釜も、晴れやかに着物を着る気分にはなれず、洋装で参加させて頂きました。
d0028322_19262857.jpg
毎年お初釜に掛けるおめでたい鶴のお軸は、酒井道一という琳派の流れを組む方とのこと。松竹梅に鶴亀も加えた図柄もよく見ますが、このくらいすっきりしている方がお洒落ですね。お香合は振り振り(←クレヨンしんちゃんとはまったく関係なしww)。お花は椿に柳。柳は典型的な飾り方としては、床の間の上の方から下げるのですが、先生が「この部屋の大きさに合わせて、先の細いところだけ使ったの」とのことでした。
d0028322_19263531.jpg
黒塗りの真の台子で、金銀に塗られた「島台」のお茶碗で先生のお手間を拝見できるのは、お初釜のときしかありません。貴重な機会です。お菓子はいつもお稽古でお願いしているご近所の「ちもと」さんの「花びら餅」。夏のかき氷も有名になっていますが、最近は「八雲もち」が大人気とのこと。

それにしても、こうやって季節ごとに同じことを繰り返すことができるのは、平和な世の中に生かしてもらっているのだとしみじみ思いました。

お茶を頂いた後にくじ引きで景品を頂き、その後、社中の皆さんとの会食でした。今年はなんとか畳の上で季節を感じる時間を持ちたいと願っています。

by osumi1128 | 2015-01-11 20:06 | 雑感 | Comments(0)

恭賀新年:気分は断捨離か式年遷宮か

明けましておめでとうございます。
今年も本ブログをご愛顧宜しくお願いいたします。

下記画像の3匹の羊は某抗体等のメーカーさんのマスコット♪
ちなみに、左の大きい子が「ミディ・モリー」です。
もっと大きい「メガ・モリー」は世界に5匹くらいしかいないらしい……(垂涎)。
右端の子は新しいバージョンで、ちょっと毛並みが違う……。
d0028322_22313426.jpg
あと2週間でこのオフィスを離れます。
大量な資料や書籍を少しずつ断捨離する毎日。

自分が大学院生になったときに読んだ文献コピーなど、思い入れのあったものも、次々と処分。
ごく一部(Pax6関係)くらいを、リアルなコピーとして残して、後はいつでもオンラインで手に入るので、捨て。
各種の委員会資料も、1年を目処にほとんど廃棄。
世の中、電子化されたはずなのに、むしろ印刷物は増えているんじゃないかと思います……。
本当に大切ではない大量の情報が流れこんでくるこの状況を改善することを今年の目標にします。

大学院時代のノート、予定を書いたカレンダーなども断捨離候補。
このオフィスに移って10年以上になる間に、一度も見なかったし、老後の楽しみに取っておいたとしても、きっと年を取ったら取ったで、また新しい刺激が入ってくるから、昔を振り返っている暇はありそうにない。
種々頂いた記念の賞状とか盾とかも、まぁ、一応、ディジタルな画像にでも残して(見ないかもしれないけど)捨てましょう。

とにかく、オフィスはこれまでの半分くらいに持ち物になるよう、ダウンサイジングを計画中。
スッキリとした状態にしたいと思います。

気分は式年遷宮。
日本の文化では、神様がおわしますお宮を新しくすることで「常若」を保つといいます。
実際には、宮大工の技術伝承という目的もあったのでしょうが、実にサステナブルなやり方かもしれません。
「20年で壊して作り変えるなんてもったいない!」というのはよくご存じない方で、廃材はお茶の世界では炉縁に使われたりして再利用もされるのです。
「建て替えるのは保護を目的とした世界遺産には値しない」というのも残念な考え方ですね……。

ちなみに、この休みの間に御神籤を引いたところ「大吉」が出ました!
「転居 よし 今の時機を失うな」とあったので、良いタイミングなのだと思います。
関係各位には面倒をかけますが、新たな出発のためにお力添え下さい。


by osumi1128 | 2015-01-05 23:09 | 雑感 | Comments(0)