<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

東北大学の女性研究者育成(まだまだ頑張らないとね……)

東北大学は開学の理念として「門戸開放」「研究第一」「実学尊重」を掲げ、1913年に日本で初めて、女子学生の入学を受け入れた……という台詞はスラスラと出てくるのですが、直近の女性研究者比率は頭打ちです。
d0028322_17474478.jpg
一番の理由は、東北大学は全体の80%くらいの教員がいわゆる「理系」であるため、「理系女子」の比率が変わらないことには、なかなか現状打破は難しい。しかも、平成26年度のデータで他大学と比べると、実はビリなんです……。
d0028322_17475229.jpg
ちなみに、名古屋大学さんは、森郁恵先生、鳥居啓子先生@ワシントン大学(兼務)、上川内あずさ先生……と生命科学系にピカピカのロールモデルがおられるだけでなく、各種の支援もあいまって女性比率もダントツです。

本学の第3期中期計画では、「女性研究者の対平成27年度比で50%以上の増員を目指した女性研究者支援の取組の加速化」と「女性教員比率を19%に引き上げることを目指した採用等の取組及び管理職等(課長補佐級以上)の女性職員比率を15%に引き上げることを目指した育成等の取組を強化する」ことが盛り込まれていますので、相当頑張らないと……。

構成員の多様性は組織の元気度に影響します。過日、アカデミー賞の候補者が白人ばかり……という話題がありましたが、こういうことは悪気はなくても容易に起こりえます。なぜなら、みな「自分の仲間」に対するシンパシーが高いからです。賞を選ぶ側の構成員が白人に偏っていると、ノミネートされる側にもバイアスがかかります……。そのあたりのことについては、上記の鳥居先生が最近、サイエンスポータルに書かれた記事にもありましたが、拙翻訳本『なぜ理系に進む女性は少ないのか』にもいくつかの事例とともに紹介されています。

……という訳で、来月は2つ学内の関連セミナー等に登壇します。そのうちの1つ多元物質研究所主催のものは、上記の森郁恵先生にご講演も頂きます。所長の村松淳司先生自らがパネルディスカッションのコーディネータ。生命科学研究科の杉本亜砂子先生も加えて、3名の女性研究者と村松所長、さてどんな展開になるか??? どうぞ奮ってご参加下さい。
*****

多元物質科学研究所男女共同参画イベント

女性研究者採用加速に向けたセミナー



 多元研における女性教員の比率はここ数年、1~3%という非常に低い状態であり、現在139人の多元研教職員の内、女性教員はわずか4名という状況である。多元研では、将来の女性研究者採用加速に向けた具体的な方策がないのが現状である。 この現状を踏まえ、今回、女性研究者採用を加速するにはとのようなシステムづくりが必要であるかについてのセミナーを開催することとした。本セミナーは男女共同参画という観点のみならず、トップマネージメントセミナーという位置付けとして開催したいと考えており、特に教授層にご参加いただきたいと考えている。

開催概要

開催日時:平成28年2月23日(火)15時より
開催場所:東北大学片平キャンパス 南総合研究棟2 大会議室

(第1部) 講演会
  「前例をつくり、道をつくる」(仮題)
  講師:森 郁恵 教授 (名古屋大学大学院 理学研究科 生命理学専攻 )
(第2部) パネルディスカッション ~女性教員採用に向けたシステムづくり~
  パネリスト:森 郁恵 教授 (名古屋大学大学院 理学研究科)
大隅 典子 教授 (東北大学医学研究科)
杉本 亜砂子 教授 (東北大学生命科学研究科)
  コーディネーター村松 淳司 教授 (東北大学多元研 研究所長)

連絡先
 永次 史 (東北大学 多元研)
 TEL&FAX: 022-(217)-5633
 e-mail: nagatugi@tagen.tohoku.ac.jp











【鳥居啓子先生が書かれた記事】
【関連拙ブログエントリー】




by osumi1128 | 2016-01-27 17:56 | 科学技術政策 | Comments(0)

カプサイシンは誤飲予防になる!

本日のGoogleトップページのミニゲームに気づいた方はどのくらいいるだろう? 白衣の男性はウィルバー・スコヴィルといい、1912年に唐辛子の辛さの測定を行っった研究者で、唐辛子にどのくらい辛味成分のカプサイシンが含まれるかという基準値は彼の名前を冠して「スコヴィル値」と呼ばれている。さて、カプサイシンの効能はいろいろあるが、我が東北大学で面白い研究成果が報告されていることを思い出した。
d0028322_21510638.jpg
2010年に公表された記事等が残っているが、要するに、カプサイシンが老人性の「誤飲」の改善に役立つという内容である。
東北大学加齢医学研究所老年医学分野HPより)
食事の際、むせこむことはありませんか?また、食後に痰がたくさん出ることはありませんか?誤嚥のおおもとは脳の機能低下にあります。気管の方へものが入ると咳がゴホンゴホンと出ますが、これは脳の働きで誤嚥したものを掻き出そうとしているのです。咳は不快なものですが、もしこのゴホン ゴホンが出なくなってしまったらどうなるでしょうか?これが、誤嚥性肺炎なのです。誤嚥性肺炎を繰り返すと食事ができないため、当然のことながら低栄養となり痩せてきます。摂食・嚥下・栄養外来では、嚥下反射の程度、・咳反射の程度を検査し、合わせて誤嚥性肺炎を引き起こしている脳の病気と栄養状態を調べます。塩酸アマンタジンやアンジオテンシン変換酵素阻害薬等による誤嚥性肺炎予防法のみならず、カプサイシントローチや黒胡椒によるアロマセラピー(嗅覚を介した薬物送達術)を開発しています(平成18年7月24日付け、朝日新聞掲載)。このようなアプローチで胃瘻造設を回避出来た例があります。

健康食品として初の製品化‐誤嚥の改善にカプサイシンが有用 山田養蜂場

上記のように、山田養蜂場との共同研究の成果を含むようであるが、平成19年に東北老年期痴呆研究会で報告された、より詳しい内容は以下のPDFで読むことができる。


老人の誤飲は結果として肺炎を招くことが多い。誤飲性肺炎は高齢者の死因の上位に位置することはよく知られている。上記の報告におけるTRP受容体というのは細胞の表面でカプサイシンをキャッチするタンパク質であるが、喉の奥で反射に関わる神経細胞をカプサイシンで刺激しておくと活性が高まって、食道と気管の弁の反射の失敗を防ぐことができる、ということなのだろうか? 
(画像はウェブより拝借しました)
d0028322_22101508.gif
この発想を試す根拠として、上記、東北大学老年病態学講師(当時)の海老原覚先生の報告書によれば、高齢者の嚥下反射(飲み込む反射)について、飲み込んでもらう蒸留水の温度を種々変えてみたところ、体温に近い30-40℃のときに潜時が長く、低いか、もしくは高い温度では潜時が短いという調査結果を得た。要するに、人肌近い水の方が誤飲が起こりやすいことになる。
d0028322_22185072.jpg
そこで、海老原先生は温度受容体を刺激することを思い至ったようだ。報告書の中では、爽やかな、もしくは冷たい感覚を与えるメンソール入のゼリーや、熱い、もしくは辛い感覚を与えるカプサイシン含有トローチなどの効果を調べられたのだ。

ともあれ、もしこれが正しいとすれば、食事の前に、まずはキムチを前菜に、というのが、高齢者の誤飲予防に繋がるのだろうか??? 残念ながら、これ以上は筆者の専門とするところではないのでわからない。ちょうどGoogleさんのトップページがカプサイシン関連だったので、で東北大学発の成果について思い出した次第。(キムチの画像は某焼肉屋さん@仙台にて大隅撮影♬)
d0028322_22293163.jpg



by osumi1128 | 2016-01-22 22:33 | 東北大学 | Comments(0)

「せんだい3.11メモリアル交流館」へ行ってきた

今日は阪神淡路大震災から21年目。12月6日に開業した仙台市営地下鉄東西線に乗って行った先は、終点の荒井駅直結の施設。その名前は「せんだい3.11メモリアル交流館」と言う。
d0028322_19011533.jpg
この施設「せんだい3.11メモリアル交流館」を運営しているのは、「仙台市まちづくり政策局防災環境都市推進室メモリアル事業担当」だが、実際には東北大学建築学科の本江正茂先生の研究室や本江先生らの取り組みであるせんだいスクール・オブ・デザイン等や、市内定禅寺通りにあるせんだいメディアテークの企画・支援室が関与する「3がつ11にちをわすれないためにセンター」も関わっているものと思われる。

ちなみに、メディアテークの建物は我が国が誇る建築家、伊東豊雄氏により設計されたが、東日本大震災で大きな被害を受けた。伊東氏はその後、2013年に建築分野のノーベル賞とも呼ばれるプリツカー賞を受賞されている。現在のメディアテーク館長は元大阪大学総長の鷲田清一先生。実は鷲田先生ご自身は、阪神淡路大震災の被災者でもあられる。

3がつ11にちをわすれないためにセンター」自体の開設は震災後すぐの5月3日。画像、映像、音声など、さまざまなメディアを活用して震災の記録を市民とともにアーカイブするという取り組み。

片側の壁面いっぱいに描かれた仙台市の沿岸部のイラストは市内在住のイラストレータ佐藤ジュンコ氏のもの。訪れた人たちがPostitにさまざまな言葉や絵を記してそのイラストの上に貼っている。反対の壁面では、被災地のビフォー&アフターを映したヴィデオが繰り返し上映されていた。また、別のコーナーには市民がこのセンターに掲載依頼をした画像と記事のボードが多数。「わすれン!レコード」というらしい。これはむしろ、webで読んだ方が最後までテキストが読めて良いかもしれない。

3がつ11にちをわすれないためにセンター:しゃしんときじ
d0028322_19012657.jpg
その他、震災関連書籍の棚があったり、訪れた人々は思い思いの時間を過ごしていた。私自身も、4年と10ヶ月前の記憶を想起し再固定した。この地が現在の神戸のように復興しますように。センターは2月中旬に全館オープンとのこと。もし、仙台を訪れる機会のある方は、リニア地下鉄に乗って東の終点まで足を伸ばしてもらえると有難い。未来に向けてその日を忘れないために。
d0028322_19013139.jpg
【関連リンク】
佐藤ジュンコ氏のサイト:みんなのミシマガジン>女のひとり飯

【関連拙ブログ】

by osumi1128 | 2016-01-17 19:22 | 311震災 | Comments(1)

バッグをテーブルの上に置いてはいけない

スタバで注文の間ちょっと席取りをしようと、広い木のテーブルに小さな布のバッグを置いたとき、もう20年以上も前のことを思い出しました。

夏にオックスフォードで小さな国際会議が開催された折、カレッジの寮に泊まる機会を得ました。なにせ、14世紀の建物なので、木の床が若干傾いていたり、クローゼットの開けたてが悪かったり、ベッドもスプリングが効かなかったり……という状態ではありましたが、食堂にはずらっと肖像画が架かっていて圧巻でした。今ならハリー・ポッターの映画が連想されたことでしょう。学生用の食堂は長いテーブルに粗末な椅子ですが、奥のいわゆる「ハイ・テーブル」と呼ばれる教員用の調度は格式がありました。

着いたその日の夕食の折、メイン・ディッシュとしては肉か魚かの二択に、加熱しすぎの野菜の付け合せをプレートに取ってテーブルに付きました。今でこそ「イギリスは美味しい」と言えるようになりつつありますが、まぁ、当時のカレッジの食事ですから、味の記憶はまったく無く、時差もあって眠くなりかけていたとき、食堂で給仕をするオバサマから声をかけられました。

オックスブリッジ英語ならまだしも、英国の普通の方の早口の英語には、まったく経験が無かった頃です。何かまくし立てられている、かろうじて聞き取れた単語から想像すると、どうも「あんたのバッグ、テーブルの上なんかに置いちゃ駄目でしょ! そんなマナーも知らないの?」と言われていたようでした。「あ、ごめんなさい。失礼しました」と、すぐに椅子の上に下ろしました。

彼の地では、テーブルにバッグを置くことは、マナー違反です。ハンドバッグなど、床には置いても、テーブルの上は駄目。それは、テーブルはパンを直接、置いても良いエリアであって、床に置く(こともありうる)バッグは絶対に駄目なのです。日本の感覚では、バッグを床に置く方がありえないかもしれませんが、郷に入れば郷に従えですから仕方ありません。

今でも、広い木のテーブルを見ると、つい当時のエピソードを思い出してしまいます。
d0028322_00031373.jpg



by osumi1128 | 2016-01-17 00:05 | 旅の思い出 | Comments(1)

大学における研究費不正を防ぐためのシステム改革

過日「大学における研究費執行をどのように改善すべきか?」という記事を書いたが、その補足をしたい。実は、これから述べる改革案は、あと1年余で訪れる「労働契約法改正」の対策ともリンクする。

平成25年4月1日の労働契約法の改正により、1年ごとの有期労働契約が繰り返されて通算5年を超える場合には、無期労働契約に転換されることになるが、当然ながら、大学にはすべての有期労働契約職員を定年制の雇用形態にする財源は無い。したがって、5年を超えないように、いわゆる「雇い止め」が生じることになる。これは平成30年4月以降に一斉に生じる可能性が高い。研究室主催者の元で研究費執行業務に当たる事務職員の多くはこれに該当する有期労働者なので、大問題となることが考えられるのだ。
d0028322_15474521.jpg
さて、日本の大学の研究費執行システムに無駄が多いことはすでに述べた。研究室と部局と重複している業務が多々ある。さらに加えるならば、紙媒体ベースなので承認のための判子がいくつも押され、その分の時間の無駄と、責任の曖昧さが生じやすい点も問題であろう。ではどのようにして、無駄を無くし、なおかつ研究費執行における不正を防ぐようなシステムにすればよいだろう?(註:筆者は、研究倫理教育の推進や意識の醸成は必須であると考えるが、精神論だけで不正防止が可能であるとは思っていない。また、ごく少数の不正を行う者のために、より多くの人々の貴重な時間が失われるような「チェック機構の強化」は合理的ではなく、国としての研究力を損なうので極めて宜しくないと考える。)

その改革案だが、特段の秘策という訳ではない。欧米に倣うという理解でも良いし、日本でも「民間企業的」な対応に変えるだけである。

具体的には次のようなことが骨子となる。
1)研究費執行業務を電算化・ウェブ化する
2)研究室において研究費管理および研究費執行業務を行う職員は、部局の事務系職員を充てる
3)1名の事務系職員は執行金額の規模に応じて、必要により複数の研究室の研究費管理および執行業務を行う
4)物品を発注する研究者はPIの承認を得て、PIは研究費執行業務を行う職員に物品発注を委託する
5)納品の検収はそれぞれの研究費執行職員が行う

補足すると、まず1)により、大学全体として大幅に必要な職員の数が減る。この職員の方々に2)の研究費執行業務を行って頂く(あるいは、大学としては、徐々にもっと特化したスキルを活かせるポジションを増やしていくのが良い)。研究費執行職員(追って何か良い名称を考えよう。とりあえずグラント・マネージャー<GM>と呼ぶことにする)は、現状の研究室の「秘書」のように、研究室に物理的に滞在する必要があるとは思わない。ほとんどの処理はリモートで、オンラインで行えるだろう(客人にお茶を出すための要員が必要な研究室は、きっとリッチなので、研究費でもポケットマネーでも、別に有期雇用職員を雇用すればよい)。

研究費執行不正を防ぐポイントは3)〜5)の部分である。このGMは、少なくとも大学の雇用試験を突破して任期無しの雇用形態の方々であり、「研究室のために、研究室の費用で」雇用されているのではない。忠義を果たすべきなのは、研究室ではなく大学である。もし、研究費執行で問題が生じれば、大学のブランドに傷がつく、という意識で職務に当たる方々である。PIは研究費を具体的に何に使うかについて一定の専門性と権限を有するが、不正な発注が行われていないかどうかは、日々、研究費執行職員が職務としてウォッチする。したがって、架空発注や預け金のような事例が生じることは「システム」として防ぐことが可能となる。

現状のまま平成30年を迎えると、多くの有期雇用の方が「雇い止め」によって、ただ職を失うことになる。中には、高い能力のある方もいるはずなので、(現状でも行われているが)一定の試験などを行うことによって、GMなどの立場で無期雇用に進むことができれば良いだろう。GM業務に長けた方が長く仕事を続けて頂ける方が、5年毎に新しい「秘書」を雇用するより、はるかに無駄がないとも言える(ナントカと畳は新しい方が良い、などと考える方は別)。

以上の改革案は、Facebook上での議論も元にしている。実例として、沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、内閣府により設置され、文科省直轄ではなく、いわば「私学」であり、すでに研究費執行システムは上記のようなものになっているということを、その設立に深く関わられた北野宏明氏(ソニー・コンピュータサイエンス研究所取締役所長)からコメント頂いた。新しい組織を作るときの方が、既存のシステムをスクラップビルドするよりも容易なのかもしれないが、大学ランキングの低下や研究力の低迷が続く今、大きなテコ入れが必要なのではないだろうか? 何より、ここで提示した改革案は、大学にとっても、職員にとっても、研究者にとってもwin-winであると考えられる。

本年より第5期の科学技術基本計画が開始されるが(2015年12月18日付CSTI答申はこちら)、計画を実行するのは「人」であり、人をないがしろにした計画では絵に描いた餅である。不正の生じにくいシステム作りは、人材をどのように活用するのかが鍵となろう。




by osumi1128 | 2016-01-03 16:01 | 科学技術政策 | Comments(8)

恭賀新年2016

d0028322_10070075.jpg


by osumi1128 | 2016-01-01 10:07 | 雑感 | Comments(0)