<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

岡田節人先生の思い出

阪神・淡路大震災から22年目の日に、岡田節人が亡くなられた。享年89歳。最後にご尊顔を拝したのは、京都大学の友人のご披露宴の折だったのではと思う。その方の息子さんが、なんともうお受験らしいので、12年以上前のことになる。

最初にお目にかかったのは、たぶん大学院時代の発生生物学会の年会だったはず。京都大学の岡田研で修士号を取った方が、自分にとっては医科歯科で2つ上の先輩だったので、折りに触れ、その人となりは伺っていた。学会では若い方の口頭発表を一番前で聴いて、「あんた、何のためにその研究をしとるんや?」などと、鋭い質問をされていた。「節人節(ときんどぶし)」と呼ばれていた。
d0028322_22263039.jpg
ご縁があって、その後、何度か国際会議で御一緒させて頂く機会があった。内藤財団の国際会議で、香港に御一緒したこともあったはず。だが手元に残っているのは、日本から10数名が参加してインドのマイソールというところで開催された1995年のシンポジウムの折のもののみ。やはり、トレードマークともいえる緑のジャケットをお召しになっている。上の写真は、シンポジウムの最後の懇親会で、感謝の記しとして、先方の主催者の先生に額をお渡ししているところ。カエルの研究者の方だったので、カエルのモチーフだ。
d0028322_22261073.jpg
節人先生のことは、きっとこれから、もっと身近な方々がたくさんのメッセージを残されると思うが、発生生物学会や細胞生物学会など、関連学会の方々にとっては、とてもとても大きな存在であった。国際発生生物学会の会長もなさっておられたし(そのときの国際学会では、白地の紋付袴でバンケットに出られていた)、京都大学を退官されてから、基礎生物学研究所の所長、そしてJT生命誌研究館の館長などを歴任されていたので、本当に長い間、この分野を見守って来られたと思う。

伊丹に代々続く造り酒屋の「ぼんぼん」だったので、車はアルファロメオ、大学の先生にしては(笑)ファッションも一流、でもさらにお爺様の代のエピソードが豪奢で、蝶だったか鳥だったかのコレクターだったのだけど、斡旋業者から「珍しい鳥(蝶?)がありますが、その輸入のためには、一緒に象(!)を連れてこないといけないのですが……」、「よっしゃ、買うたる!」ってことで、象とともに鳥がご自宅に到着。でも冬が越せなくて象が死に、結果、鳥も死んでしまった……」なんていうお話を伺ったことがある。

伊丹弁でお話されるのだけど、「You know, ...」という英語の発音が「そやろ?」と同じだったなぁ、なんてことを思い出す。文化功労者に選ばれた折に、授賞式のために宮中に参内したら、同時に受賞される何かの芸術系の方から「最近は科学をされている方も受賞しはるんですな……」と言われたと笑っておられた。でも、節人先生ご自身は音楽の造詣も深く、生命誌研究館の「サイエンスとアート」を融合したようなイベントにも熱心であられた。

私自身にとって、研究キャリアの最初が発生生物学だったのは、もともと時間軸に沿って変化する現象が好きだったこともあるが、『試験管の中の生命 細胞研究入門』(岩波新書)の影響もある。節人先生は日本において、古典的な「実験発生学」の時代から、細胞レベルの研究への梶を切った方だった。その当時、結構流行っていた「誘導因子」を個体まるごとから見つけるということよりも、もう少し単純な系にシフトした方が、明快に理解できることも多い、という方向付けだった。

節人先生は「Transdifferentiation(分化転換)」という概念を提唱され、モノグラムも英語で書かれている(……そう、思えば、昔の学者はこういうモノグラムを書かれたものだが、最近はインパクト・ファクターの付かない著作は無駄だから行わない、という研究者が増えたのが残念だ)。ちなみに、TS Okadaの「S」は「節人」の「節」を「Setsu」と読んだもの。

Transdifferentiation: Flexibility in Cell Differentiation by Tokindo S. Okada (Hardback, 1991)
d0028322_22373994.jpg
分化転換とは、例えばイモリの黒目の細胞(色素細胞)が色素を失った脱分化した状態を経て、透明な水晶体細胞に分化するという現象のことを指す。言葉そのものを名付けたのは、もしかすると元熊本大学長などもされた江口吾郎先生だったかもしれない。

恐らく、節人先生にとっては、留学先のエジンバラ大学でコンラッド・ウォディントンの影響があったのだろうと想像するが、分化転換という現象は、その後、例えば山中先生のiPS細胞の誘導や、あるいは、直接、皮膚の細胞を、多能性幹細胞を経ずに神経系の細胞にする、などの技術の下敷きとなっている。そういう意味では、節人先生や江口先生のご研究が山中先生のノーベル賞に繋がったと言えなくもないだろう。スティーブ・ジョブズの伝説的なスピーチの言葉をちょっともじって言うなら、「点と点は後から見れば繋がっているのだ」。

それにしても、つい先日(1月10日)にはオリヴァー・スミティーズ先生がお亡くなりになったところだ。2007年にノーベル生理学医学賞を受賞されたスミティーズ先生は、奥様の前田信代先生のご家族が仙台在住というこもあり、何度も本学を訪れておられる。昨年11月に来仙された折、当研究室にもご訪問頂き、ラボメンバーとディスカッションさせて頂いたばかりだというのに、突然のことで言葉もない。その折にデータの解釈について指摘して頂いたことを、現在第三コーナーを曲がった段階の研究を発表する際に是非活かしたいと願っている。

巨星の先人たちのご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌。


by osumi1128 | 2017-01-18 23:15 | 雑感 | Comments(0)

アカデミア広報とは?:フレンドリーなアウトリーチと健全なアドボカシーを目指して

しばらく前に、阪大医学部に広報室ができて「日本で初めて」という新聞報道を見かけたので、「それは違うでしょう。初めてだったのはうち(東北大)でしょう」と思ったのだが、それはさておき、過日、「アカデミア広報」についての取材を受けた。

アカデミアや関連行政向けに発行されているフリーペーパーの特集記事に、東北メディカル・メガバンク機構の広報を取り上げるという企画で、機構長や現場の方々に加えて、同機構の広報渉外・企画の部門長という立場のためお鉢が回ってきたのだが、これまでの科学コミュニケーションに関する経験を含めてお話しさせて頂いた。話し足りなかったこともあるので、記録と補足のために拙ブログにも残しておく。
d0028322_10203507.jpg
科学を支えているのは科学者だけではない。ダヴィンチの時代なら、裕福なパトロンが類まれな才能を持った人材を抱えていたが、職業としての科学者が成立し、その数が増えた現在、科学者の営みはかなりの部分、国家が支えている。つまり、国民の税金が科学の振興のために使われる。寄付の税制が異なることもあり、我が国では米国のように大富豪が大きな財団を作って、直接、科学者に資金を渡すことは少ない。したがって、現在の日本で科学を支えているのは、間接的ではあるが、国民である。ステークホルダーである国民に対して、科学者の説明責任があるのは当然だ。ただし、科学者が皆、国民に対しての説明をうまくできるかというと、必ずしもそうではない。長い歴史の中でより難解になった分野などはとくに、新しい発見を理解するためのリテラシーのギャップが著しい。そこで、科学者と国民を繋ぐインタープリターが必要となる。

……というのが、第三期科学技術基本計画策定のための文科省委員を務めていた頃から一貫して、「科学コミュニケーションの必要性」として主張してきたことだが、この10年余の間に、アカデミアを取り巻く状況は非常に変わってきた。一言で言えば、商業化が進んだのだと思う。これは国立大学を法人化したことの当然の帰結とも言えるだろう。研究組織間の競争が熾烈になる過程において、それぞれの研究組織をアピールするか、ということに、一世代前とは異なる意識が向けられるようになった。

製品を売る会社では、「宣伝」と「広報」は区別されている。研究成果等を訴えたいアカデミアの場合、これは実に悩ましい。雑誌やテレビなどのマスメディアに「広告」を出すことは、現時点ではさほど多くない。お金がかかりすぎるという側面もあるし、大学という組織は法人化されたとはいえ、まだまだ部局の集合体なので、数ある成果の中から「宣伝」に使う材料を「広報部門」の誰かが決めるということには、抵抗も大きい。それよりも、アカデミアとしての、なんというか、「品位」のようなものを大事にしたい伝統はあって、つまり、いかにも商業的な「宣伝」になってはいけない、というようなメンタリティが背景となっている。

したがって、現在、アカデミア広報の主流となっているのは、論文発表に合わせたプレス・リリースだ。研究成果を他分野の研究者や市民にわかりやすい形に直して、研究機関のHPに掲載するとともに、記者クラブなどに投げ込みをする、場合によっては記者会見を開く。結果として、マスメディアに取りあげてもらうことを期待する、ということが定着してきたと思う。また、TwitterやFacebookなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を広報に利用する機関も増えてきた(大学公式Twitterアカウントを作ったのも、うちがかなり早いはずで、実際、東日本大震災時には、被災状況や生活関連情報などの周知にかなり役立った)。多くの私大では、さらに若い学生をターゲットとして、各種のお知らせにLINEを使っているようだが、本学ではまだトライしていない。

東北大学では大学本部の広報課が裏方となって「サイエンス・カフェ」のイベントを毎月開催しており、この1月に136回目が開催された。英国が発祥というサイエンス・カフェは本来、もっと小規模な科学イベントなのだが、本学のスタイルは、地元のせんだいメディアテークの1階ロビーという広い場所を会場に、ときには100名を超える聴衆が集まることもある。「本学教員による講演+グループ・ディスカッション+質問発表・まとめ」というスケジュール。グループ・ディスカッションには「サイエンス・シュガーズ」(カフェにはお砂糖という意味ね)という学生のファシリテータが活躍する。総合大学の利点を活かして、講師には多様な研究者が参画してきた。また、いわゆる文系のイベントとして「リベラル・アーツ・サロン」も開催されるようになった。

アカデミア広報が充実してきたことに加え、ここ数年、日本人のノーベル賞受賞者が連続したことや、国立科学博物館や日本科学未来館に科学コミュニケータの人材が増えたことなども連鎖反応となって、世の中に溢れる情報の中で、アカデミアから研究に関して発信される割合は確実に増えたと思う。だが、スダンダップ・コメディアンのネタに科学用語が使われるほどには、まだまだ日本のサイエンスは市民に浸透しているとは言い難い。噺家やお笑い芸人が2016年のノーベル生理学医学賞の受賞対象となった「オートファジー」などを話題にするようになれば、本当に科学のアウトリーチが進んだと言えるだろう。

私個人としては、依頼される原稿だけでなく、2005年に始めたブログを使って、折々に自分が関わった研究成果について発信する活動を続けている(「サイエンス」や「科学コミュニケーション」のカテゴリ記事参照)。この背景には一つのエピソードがある。もう10年以上前のことだが、学生主体のとあるイベントに招かれ「科学コミュニケーション」についてのパネル討論に参加した折、某新聞社の記者と御一緒だった。そのとき「もっと新聞に科学記事を掲載して頂けないか?」と申し上げたところ、「新聞は世の中の<悪>について書くのが本務。科学記事を発信したいのなら、マスメディアに頼らなくても、独自の大学HPなどでできるでしょう」と切り替えされた。実際には、新聞にはスポーツ面など、世の中の「悪」を取り上げたのではない記事も圧倒的に多いのだが、それはさておき、「そうか、既存のメディアに頼らなくてもいいのだ」と、目から鱗の瞬間だった。よく考えると、論文の元となっているのは、科学者がその帰属する組織(例えば、王立科学アカデミー)宛に「このたび、このようなことを発見しました云々……」という「レター(手紙)」が原型とも言える訳で、当時は「peer review(査読)」のシステムも無かったのだから、個人の責任において発信することには何ら問題は無い。

自分の関わる研究広報としては、研究費の一部を用いてニュースレターを発行したこともある。CRESTという枠組みで「ニューロン新生の分子基盤と精神機能への影響の解明」という研究を行う5年間の間、年に2回、市民向けの「Brain & Mind」という冊子を編集した。東北大学グローバルCOE「脳神経科学の成果を社会へ還流する教育研究拠点」を主催していた頃には、広報スキルの高い方やイラストレータを雇用し(どちらも現在、東北メディカル・メガバンク機構で大活躍されている)、さらにレベルの高い冊子を作成したり、市民向けのイベントを開催したりした。現在、文科省の新学術領域研究などでも、年度末の分厚い報告書(実は誰も読まない)を発行するのではなく、市民も読めるような冊子(そういう配慮が為されているか、内輪の研究者向きかは、それぞれ異なるものの)に変わってきたのは、良い方向であると思う。

以上のような経験と研究環境の変化を踏まえ、アカデミア広報として、さらに今後、目指すべきは、フレンドリーなアウトリーチと健全なアドボカシーだと思う。主体となるプレス・リリースの内容は、キャッチーかつ平易であるとともに、誇大広告となってはいけない。わかりやすさと正確さの狭間で、研究者も広報担当者も最大限に知恵を絞らなければいけない。そうして、税金を元にして行われた研究の成果がきちんと市民に還元され、その生活やこころを豊かにし、幸せにすることに繋がってほしいと願っている。


by osumi1128 | 2017-01-14 10:21 | 科学 コミュニケーション | Comments(0)

大人のための最先端理科第100回:ヒトへの応用も始まったゲノム編集の未来と倫理

ただいま発売中の週刊ダイヤモンド「大人のための最先端理科」の連載第100回を担当しました。「ゲノム編集」シリーズの最終となる第3回目で、うちの元大学院生の関係した論文のことも、少しだけ触れています♬ ご笑覧あれ!
d0028322_08225710.jpg
週刊ダイヤモンドのオンライン版でも読めます♬
大人のための最先端理科第100回:ヒトへの応用も始まったゲノム編集の未来と倫理



by osumi1128 | 2017-01-12 08:24 | サイエンス | Comments(0)

ミシェル・オバマ氏のファーストレディとしての最後のスピーチ:多様性と教育を信じて

先週の金曜日にミシェル・オバマ氏がホワイトハウスで行ったスピーチが素晴らしかったので残しておきます。大統領夫人、つまりファーストレディとして最後の公式スピーチとのことでした。(画像はNBCのサイトから転載しています)
d0028322_21324531.jpg
プロンプト無しの21分のスピーチの中で、とくに若い方々に向けて人的多様性(diversity)こそが、アメリカ合衆国の伝統であり、力であることが強調されました。さまざまな国々からの移民を受入れ、何世代にもわたり、その多様な文化、才能、考え方が融合することで、米国が素晴らしい国になったのだと。それぞれ多様な宗教を信仰していても、みな、誠実さや正義、正直さが大事だと唱えているのだから、それに誇りをもち、その多様性を認めることが大切だと。

You see, our glorious diversity, our diversities of faiths, and colors, and creeds, that is not a threat to who we are. It makes us who we are.
つまり、私たちの多様性の輝かしさ、信仰や信条や肌の色の違いというものは、私たちを脅かすものではありません。それは私たちを私たちたらしめるものです。

ただし、このような権利は、ただ与えられるものではなく、日々、努力して獲得していくべきものだ、とも付け加えていました。

Right now, you need to be preparing yourself to add your voice to our national conversation. You need to be prepared yourself to be informed, and engaged, as a citizen. To serve and to lead, to stand up for our proud American values, and to honor them in your daily lives. And that means, getting the best education possible, so you can think critically. So, you can express yourself clearly.
今から、皆さんは国レベルの会話に、あなたの声を付け加える準備をする必要があります。情報を得て、市民として参画する準備をです。市民として携わり、先導し、誇らしいアメリカの価値のために立ち上がる必要があります。日々の生活の中でその価値を称賛することが必要です。そしてこれは、最上の教育によってこそ可能となります。教育によって、批判的に考えたり、自分自身を明瞭に表現することが可能となるのです。

このように、「教育(education)」という言葉を繰り返し述べられたことが印象的でした。教育を受けることができる環境は、世界中すべてではありません。ミシェルさんは自分の夫や自分が大統領やその夫人になったのも、すべては教育のおかげであり、それを享受しつつ努力したことが元であると信じています。それこそがアメリカン・ドリームであると。例えば、以下のようなフレーズが心に残りました。

Be empowered. Empower yourselves with a good education. Then get out there and use that education to build a country worthy of your boundless promise.
Lead by example with hope. Never fear.
エンパワーしましょう。良い教育によって自分をエンパワーするのです。そうしたら次は、その力を用いて、この国があなたの果てしない望みにかなう国となるようにしましょう。希望を持って模範を示すのです。決して恐れることはありません。


締めくくりとして、「皆さんにとってのファーストレディとなれたことは、私にとってもっとも光栄なことでした。そして、皆さんが私のことを誇りに思って下さったのであれば幸甚です(Being your First Lady has been the greatest honor of my life, and I hope I've made you proud.)」と述べるあたりでは、ミシェルさんの目にも涙が浮かんでいました。

昨年の大統領選の後にも書きましたが、ミシェルさんが将来、米国大統領に選ばれる可能性はあっておかしくないと、さらに確信したスピーチでした。

【参考リンク】
ニューヨーク・タイムズの記事(動画抜粋にテキスト付き):

フル動画:

Elle誌にスピーチの全文テキストが掲載されていました:

by osumi1128 | 2017-01-08 21:26 | ロールモデル | Comments(0)

2017年新春:今年もどうぞよろしくお願いいたします

拙ブログ、今年も元気に続けます。
どうぞよろしくお願いいたします。
d0028322_22413895.jpg



by osumi1128 | 2017-01-02 22:42 | 雑感 | Comments(0)