<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NIH-Japan Symposiumの備忘録:サイエンスを行うのは人

初めて会う方がよく「ブログ、見てます」と仰って下さるのですが、数年前よりもエントリー頻度が下がっているのは、(1)日々のつぶやきはTwitterとFacebookに移行、(2)震災後から2014年終わりくらいまで気張っていたモードからトーンダウン、(3)入れ替わりのタイミングで週刊ダイヤモンドに5週おきにコラム連載、という背景かなぁと思っています。でも、TwitterやFacebookは、自分で何を書いたのか、後から検索しにくいので、やはり長く残したい大事なことは、ブログとしてウェブに記録しておきたいと思います。

2月15日〜17日に、米国衛生研究所(NIH)とのジョイントシンポジウムの第3回めが開催されました。2011年の東日本大震災後、NIHの方々が本学の被災状況を心配されて種々ご支援された御礼として始まったシンポジウムですが、ご準備・運営頂いた関係各位のご尽力に心から感謝申し上げます。
d0028322_21404671.jpg
初日の夕方にキャリア・ディベロップメントのセッションがあり、外山玲子先生のコーディネートとイントロにより、筑波大学の深水先生のトークに加え、今回招聘されたNIH側の若手8名(学部卒業後のpost-bachelerの方から、PhDの学生さん、ポスドクやジュニアスタッフの方まで)にパネル討論に登壇頂きました。東北大学側からの参加者も、学部生や大学院生、とくに多数の留学生が参加して、グループディスカッションも盛り上がっていました。競争の激しいと言われる生命科学業界ですが、「なぜ、この分野に参画したのですか?」という質問に、「良いメンターに恵まれたからです(=高校のサイエンスの先生が良かった、大学の指導教員に勧められた)」という答えが多かったのが印象的でした。やっぱり「先生」って大事ですね……。
d0028322_21275369.jpg
翌日、オープニング・セレモニーで、総長やNIH側の代表の先生のご挨拶に加え、NIH日本人研究者の会(通称「金曜会」)を立ち上げられた尾里啓子先生のスピーチが素敵だったので、記しておきます。(追って英語のテキストを頂く予定)

尾里先生は、「サイエンスを行うのは人である。だから人と人の間の関係性を大事にすることが必要である。かつて日本からNIHに留学した方と、今もNIHにいる日本人の間の関係が続いて、このようなジョイントシンポジウムに繋がった。皆さんも人と人のネットワークを大事にして下さい」という意味のスピーチを、ゆっくりと、でもしっかりと述べられました。

尾里先生の英語は、決してネイティブ的な流暢さはありません。ですが、その分、重みがあるというか、よく伝わるというか……あぁ、表面的な話し方より、やっぱり「中身」が大事なんだだなぁ、と改めて思った次第です。天皇皇后両陛下の話される英語との共通性を感じました。

尾里先生は、日本人女性の中でも小柄な方ですが、その志はとても大きいと思います。2012年の春の叙勲において、瑞宝中綬章を授章されたのは、ご自身のご研究に加えて、日米学術交流等のご功績によるものとのことです。2013年のときには叶わなかったのですが、今回、来日頂くことができて何よりでした。
d0028322_21283363.jpg
ポスターセッションには100題を超える発表があり、若い方々で賑わっていました。元大学院生の耳鼻科の鈴木淳君がポスター賞を受賞したのも嬉しいことでした。画像はラボのFacebookを参照あれ。
d0028322_21372968.jpg
自分が担当したのはNeuroscienceのセッションで、NIH側からは代表を務められたBattey先生と、NIMHのMerikangas先生、国内からは宮川剛先生、本学からは富田博秋先生が登壇されました。
d0028322_21344464.jpg
d0028322_21343663.jpg
きっとこの画像で尾里先生の小ささ(物理的な)がわかるはず♬ お隣のMerikangas先生は豪快な方でした!


by osumi1128 | 2017-02-27 21:37 | 若い方々へ | Comments(0)

大人のための最先端理科第105回に岡田節人のことを書きました

5週に1回担当している週刊ダイヤモンドのコラム「大人のための最先端理科 生命科学」に、1月17日に亡くなられた岡田節人先生のことを記しました。改めてご冥福をお祈りいたします。
d0028322_23072288.jpg
デジタル版はこちら

by osumi1128 | 2017-02-12 23:07 | サイエンス | Comments(0)

徳島に行ってきた:四国5大学連携女性研究者研究交流発表会に参加

徳島大学からの依頼により、平成28年度第3回四国5大学連携女性研究者研究交流発表会で講演をしました。このプロジェクトは平成26年度の文科省ーJSTの人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業(連携型)」により、徳島大学、香川大学、愛媛大学、高知大学、鳴門教育大学および地元企業の連携行われています。
d0028322_18275958.jpg
講演後の情報交換会でもスピーチを求められたので、「メンター」と「バトン」という2つのキーワードにまつわるお話をしました。
キャリアを形成する上で、メンターは重要。多くの場合、直属の指導者がメンターになる訳ですが、メンターは何人いてもいいし、自分で勝手に「この方が私のメンター!」と決めても良い。昨年4月から徳島大学の学長を務められている野地澄晴先生も、私にとってのメンターの一人。大学院の最後の頃から共同研究でお世話になり、励まして頂いたり、苦言も頂戴した。そういうメンターを大事にするのが良い。
私自身は、こういう「男女共同参画」や「ダイバーシティ」を推進するための活動を10年以上に渡って続けて来たが、それは私よりも年上の先生からバトンを渡されたから。年上の先生からは「昔はもっとたいへんだった。活動は常に続けないとバックラッシュに負けてしまう」と言われ続けて来た。この10年の間に遅々とした歩みではあるけれど、確実に変わって来たと感じる。これからは私のバトンを次の方に渡す時期だと思っている。
d0028322_19002403.jpg
さらにその後の二次会では、久しぶりにお話した野地先生から、種々、大学改革のことなどを伺うとともに、いくつか書籍をご紹介頂きました。そのうちの一つは「グリット(やり抜く力)」についてのものだったのですが、いくつか同じタイトルの本がありますね……。

とりあえず下記の本『グリット 平凡でも一流になれる「やり抜く力」』の説明より引用。
GRIT(グリット)は、いま米国で最も注目されている「成功のためのキーワード」です。
最新科学で明らかになったのは、「真の成功」のための最重要要因は、生まれながらの才能やIQではなく、GRITだということです。(むしろ「IQの高い人は、自分を過信し、努力を怠る」)
GRITは、Guts(度胸)、Resilience(復元力)、Initiative(自発性)、Tenacity(執念)の4つの要素からなり、「やり抜く力」を意味します(それぞれの頭文字をとると、GRITになります)。
d0028322_18573540.jpg
上記の本の元?にもなっている、社会心理学者の著書はこちら。しっかり読みたい方にはこちらの方がベターでしょう♬
d0028322_10181000.jpg





by osumi1128 | 2017-02-04 19:01 | 若い方々へ | Comments(0)