<   2017年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

週刊ダイヤモンド連載コラム第115回:ヒトの臓器を動物で作る 射程に入ったキメラの実現

今週発売している4月29日号の週刊ダイヤモンドに拙連載コラム第115回が掲載されています♬ 
「iPS細胞Xゲノム編集でどこまでできるか?」という時代に突入したことをヒシヒシと感じる今日このごろです……。

大人のための最先端理科【生命科学】
d0028322_23355762.jpg

by osumi1128 | 2017-04-25 23:37 | サイエンス | Comments(0)

2017年日本国際賞生命科学分野受賞者の言葉:基礎研究をする喜び

一つ前のエントリーの続きです。

2017年の日本国際賞生命科学分野の受賞者二人の生い立ちや共同研究に至る経緯などを説明した動画が国際科学技術財団のHPより視聴できます

最後の部分で、若い方々へのメッセージが載っていますので、こちらにもクリップしておきます。
d0028322_23151474.jpg
d0028322_23151963.jpg
ダウドナ博士の最後の部分、英語では下記のようになっています。

The joy of making discoveries through collaborations is another great aspect of science.
Science is fun!

この気持を持ち続けたいと思います。



by osumi1128 | 2017-04-25 23:23 | サイエンス | Comments(0)

2017年日本国際賞生命科学分野の授賞はゲノム編集研究者に!:生命倫理についての早急な議論と合意が必要

4月19日に2017年の日本国際賞の授賞式が行われました。今年は客席からの参加でしたが、自分が分野検討委員会の最後の年に定義文(後述)作成から関わったという意味でも、また、ゲノム編集という画期的な技術に対する授賞としても、その対象が女性研究者2名だったという点においても、感慨深いものがありました。

今年33回目となる日本国際賞は、現天皇がまだ皇太子殿下であった時代に設立され、数年前までは陛下ご自身がご祝辞を述べられました。日本国際賞の30年の歩みをまとめた動画では、お若い頃の天皇陛下や、これまでの多数の受賞者のお顔など、懐かしく思いました。


今週は授賞式関連の種々の行事がありましたが、翌日の20日に、東大伊藤記念ホールにて市民向けの公開シンポジウムが行われ、エレクトロニクス・情報・通信分野含めて3人の受賞者の講演を聴いて来ました。
d0028322_10133974.jpg
エレクトロニクス・情報・通信分野の受賞者であるアディ・シャミア博士は現在ワイズマン研究所の教授で、暗号研究・情報セキュリティの研究で著名な方ですが、幼いころに同研究所のサマーキャンプのイベントに参加したことで科学への興味を抱いたと仰っておられました。

エマニュエル・シャルパンティエ博士はパリ第6大学を経てパスツール研究所で学位を取得、ウィーン大学、ウメア大学などを経て、現在はベルリンにあるマックス・プランク感染生物学研究所の所長です。もともとは細菌がウイルス等の感染に対してどのように立ち向かうのかを研究しておられました。

方やジェニファー・ダウドナ博士は、ポモナ大学で学士を、ハーバード大学で博士号を取得し、コロラド大学のポスドクを経てイエール大学で独立し、現在はカリフォルニア大学バークレー校の教授であり、ハワード・ヒューズ研究員ですが、リボザイムという、RNA酵素を研究して来られました。

二人の研究者が出会ったのは2011年3月のプエルトリコで開催された微生物関係の学会。それぞれ専門の異なる二人の研究者が意気投合して共同研究を開始することになり、細菌の適応免疫にCRISPRの配列が関わるということを見いだしたのです。実は、この配列は1987年にすでに当時阪大におられた石野良純先生が見出されたものだったのですが、その意義はわからなかったというものでした。

「ここから研究は思いもよらぬ方向に発展していきました」とダウドナ博士は話されました。それは、純粋な興味として始まったCRISPR研究が、思いのままにゲノムに変異を入れたり、新たな遺伝子を挿入したりする「ゲノム編集」という技術に応用できるということが分かったからです。

これまでも、いわゆる遺伝子工学、バイオテクノロジーという言葉で人為的な遺伝子の「切った貼った」は行われていましたし、組換えDNA作物の作出や、ES細胞と組み合わせて遺伝子ノックアウトマウスを作製するという使われ方もありました。ところが、彼らが開発したCRISPR/Cas9によるゲノム編集は、より正確に、より高率良く、より素早く遺伝子改変を行うことが可能です。誰でも簡単に行うことができるため、瞬く間に生命科学研究者の間に広まりました。

つまり、石野博士の繰り返し配列の発見から四半世紀を経て、その生物学的意義が理解され、生命科学の技術として応用されるようになった訳です。最初から応用だけを考えていても、画期的な技術は生まれないでしょう。

まだアラフィフの二名の女性研究者はどちらも颯爽としていて、ロールモデルとして本当に素晴らしいと思いました。講演の後では、高校生や大学生の女子も食いついて質問していました。頑張れ、未来の研究者さん!
d0028322_10555065.jpg

ところで、ダウドナ博士はすでにTEDでもトークを行っていますが、ゲノム編集技術の生命倫理的な側面について、社会での深い議論が必要だと主張されています。つまり、人類はゲノム編集を生殖細胞に用いてデザイナーベビーを作れるところまで来ているのです。この点に関して、日本の動向が気になるところです。直近の新聞報道では、国側と研究者の集団である学会側との間での意見がまとまらなかったということでした。


おそらく、この倫理的問題が一定の解決を見ないと、ゲノム編集にノーベル賞が授与されることにはならないと私は予測しています。これまでノーベル委員会は生命倫理が関係する成果については慎重な態度で臨んで来ました。例えば、ジョン・ガードン博士の確立した「クローン技術」は、それ単独ではなく、山中伸弥先生の「iPS細胞」と抱き合わせで「初期化(リプログラミング)」としての授賞となりましたし、さらに遡れば、初期胚から作られるES細胞も、相同組換えとセットで病態モデルとしての「ノックアウト動物の作製」という内容で認められました。人工受精でさえ、最初の例であるルイーズちゃんの誕生から四半世紀以上の時間が必要でした。

遺伝子工学が可能となったとき、アシロマ会議が開催され、組換えDNAによって作られた生物の「封じ込め」が合意され、さらにカタルヘナ議定書が取り交わされたように、ゲノム編集についてもきちんとした議論と合意形成が必要と思います。

関連情報:
連休中ですが、4月30日に日本学術会議主催による公開シンポジウムが開催される予定です。

関連拙ブログ:

*****
ちなみに、2015年の秋に作成した定義文はこちらです。

2017年「生命科学」定義文
「生命、農学、医学」領域
授賞対象分野:「生命科学」
(背景、選択理由)
生命科学の分野は近年、いっそうの広がりと深化を見せ、生命の成り立ちについての理解が飛躍的に進みつつあります。
例えば、次世代シークエンサーを用いたゲノムおよびエピゲノム解析、質量分析器を用いた各種オミックス解析、超解像度顕微鏡や三次元電子顕微鏡などを用いた分子形態学的解析、種々のゲノム編集技術を用いた細胞・個体レベルの解析などが現在、目覚ましい勢いで進展しつつあり、こうした革新的な解析技術により、これまでの概念を大きく変えるような発見が次々と為されています。生命倫理や個人情報の取り扱いに配慮しつつ、このような生命現象の理解を進めることは、人類の叡智に寄与するものであるとともに、未来の新しい医療の創造や普及につながることが期待されます。
(対象とする業績)
2017年の日本国際賞は「生命科学」の分野において、科学技術の飛躍的発展をもたらし、新たな生命現象の発見や、生命機能の理解を可能にする解析・分析技術の革新など、社会に大きく貢献する業績を対象とします。

たった400文字程度(英語バージョンは160 words程度)の文章に、多数の先生方が知恵をしぼり時間をかけて練り上げるというプロセスも、この賞の重みに関わるということを身をもって体験させて頂きました。改めて、財団関係の皆様には心から感謝申し上げます。

おまけ:
2016年の授賞式の動画では、分野検討委員として壇上にいたのですが、両陛下の後ろに映りこむことができて光栄でした♬



by osumi1128 | 2017-04-22 11:03 | サイエンス | Comments(0)

再び奈良女子大学に行ってきた:シンポジウム「理数教育における魅力の創造」に参加

前回は2015年の11月に講義のために伺ったのですが、奈良女子大学の理系女性教育開発共同機構Core of STEMという組織が主催するシンポジウム「理数教育における魅力の創造」の講演に呼ばれて、再び奈良へ。

学長、担当理事の先生もご出席の中、同プロジェクトに関わる吉田信也先生が3月に行ったシンポジウムの報告として、「なぜ、女子生徒は理数系の科目に魅力を感じないのか、ではどうすれば良いのか?」についての奈良女子大の取り組みについてお話になりました。

興味深いと思ったのは、国語、社会、数学、物理、化学、生物、地学の教科に対するイメージとして「情緒的である」という感じ方に関しての高校生徒で男女差が見られたこと。もちろん、国語に対しては男女ともに情緒的であると捉えている人数が多いのですが、数学や物理に対して男子生徒は「情緒的である」と捉えているのに対して、女子生徒はそうではない。

これは、男子生徒は数学や物理に対して「ロマン」を感じることができる、そのような先人のロールモデルの気持ちを共有したり、追体験できるということなのではないかと思いました。

ともあれ、女子が好まない物理に対して、もっと身近なところから導入する工夫ができるのではないか、ということで、そのような教材やテキストを作ろうとしているようです。例えば「光」を学ぶのに、日焼け止め、虹、ダイヤモンドの輝きなどの入り口が考えられるなど。

私の講演は「なぜ理系に進む女性は少ないのか?」という、訳本のタイトルと同じ題目で60分の時間を頂きました。過日のTEDxTohoku Universityのときは15分の持ち時間でしたが、60分あると、かなり多数の事例を挙げて話すことができます。小さいときからの「刷り込み」が女性の理系進学を阻むこと、「無意識のバイアス」に気づくことや、「意識を変えること」、「ネットワーキング」などの重要性などについて話しました。
d0028322_22352320.jpg
その後、東北大学サイエンス・エンジェルの2名もショートトークを行いました。
d0028322_22300289.jpg
d0028322_22300963.jpg
環境科学研究科および理学研究科の女子大学院生です。

奈良女子大からも、学部生(なんと、一家4人のうちお父さん以外が奈良女関係とのこと)と大学院生が発表。
d0028322_22322077.jpg
参加者の中には、奈良女子大学附属高校の女子生徒さんも。
d0028322_22322671.jpg
終了後の懇親会では、さらに意見交換を。個人的には、女子大が女性のリーダー育成に果たす役割も大きいと思っています。
d0028322_22385821.jpg


by osumi1128 | 2017-04-16 22:39 | 科学技術政策 | Comments(0)

大英自然史博物館展とセットで行こう!:科博企画展「卵からはじまる形づくり」

年に1回の社会人向け講義のために神保町の東京堂さんへ行った帰り、かねてより訪問しようと狙っていた国立科学博物館の企画展「卵からはじまる形づくり〜発生生物学への誘い(いざない)」を観てきました。

日本発生生物学会が設立50周年という節目でもあり、科博さんとのコラボで成立した企画。学会挙げての豪華企画陣もさることながら、オープンキャンパスのレベルをはるかに超えたプロっぽい展示制作物になったのは、工藤光子さんというキーパーソンのおかげ。流石です♬
d0028322_16562220.jpg
展示会場には多数の「生の標本」があり、顕微鏡などを使って実際に自分の眼で見ることが可能です。説明のパネルもとてもわかりやすいものになっています。それでも、ちょっと難しいと思うことがあれば、遠慮なくアシスタントに入っている現役研究者やその卵たちに訊いてみると良いと思います。

今日はちょうど、トークショーの時間に重なったこともあり、東北大学から企画運営に関わっている生命科学研究科の田村宏治さんと、倉永英里奈さんにもお目にかかれました。画像はDuoトークをされた太田欽也さん@Academia Sinica, Taiwan(真ん中)と新美輝幸さん@基礎生物学研究所(右)と、MCの田村さん(左)。太田さんがキンギョの尻尾が二股になる仕組みについて、新美さんはカブトムシの角の二股についてトークをされました。
d0028322_16552417.jpg
毎週末、トークショーが企画されています。事前申し込みは必要ありませんので、気軽に立ち寄れそうです。詳しくはwebをご参照あれ。

また、大型連休の間には、実際にニワトリ胚を取り出して観察する実習もあります! 子どもさんに是非、観て欲しいです。胚の心臓がバクバク動いているのを観ると、本当に感動します。こちらは要予約です。申し込みはこちら

発生生物学の歴史の最初は「観察」でした。その後、イモリの胚などを用いた「実験発生学」の時代となり、さらにショウジョウバエが導入され、線虫が導入され、ノックアウトマウスが作られるようになり、それらの学問の潮流の中で、2012年のジョン・ガードン先生&山中伸弥先生のリプログラミングに繋がったことを忘れてはいけないと思います。発生生物学に関係する分野のノーベル賞をたどるだけでも、そのことがわかります。科学者の純粋な興味が、やがて他の方の手で大きなイノベーションに発展するのです。

ちなみに、パンフレットの最後の方にうちの助教の木村君が撮影した精細管におけるPax6の発現の美しい画像が載っていたのは想定外ww(訊いてないですよ!) ピンクが精母細胞の核で発現しているPax6です。精子形成における機能の解析はこれからのお楽しみ♬
d0028322_17094461.jpg
同じく、6月11日まで開催されている大英自然史博物館展のチケットで、こちらの企画展も観ることができますので、ぜひお立ち寄り下さいね。
d0028322_17195364.jpg
大英自然史博物館展の方では、個人的には、実物観たのが初めての始祖鳥の化石が、思っていたよりずっと小さかったこと、ドードーのCGがよく出来ていたことが印象に残りました。あと、藻類学者のKathleen Drewや植物学・地質学者のMarie Stopesなどの女性科学者がいたことも覚えておこうと思いました。日本にも、もっと本格的な自然史博物館があると良いですね。
d0028322_17231906.jpg






by osumi1128 | 2017-04-08 17:27 | 科学 コミュニケーション | Comments(0)

第1回TEDxTohoku Universityに参加

「Ideas to spread」をコンセプトに世界中で展開されているイベントのTEDの姉妹版、TEDxTohoku Universityが本学学生さんの企画運営により開催され、トークをしました。

TEDは今や「TED風プレゼン」という言い方ができるほど、現代のトークやプレゼンの仕方にインパクトを与えました。もちろんその「スタイル」が重要というよりも、15分のトークの中にいかにストーリーを組み込むか、何がメッセージなのか、そのシンプルさ、メッセージ性が強い影響を与えたのだと思います。東北大学工学部キャンパスのカタール・サイエンス・ホールを会場として、TEDxTohokuや日本のTEDxの経験者で本学出身の方が力を合わせて、本日のイベントが成立しました。

私のトークは、オープニング・セレモニーの後、10名のトークの中の最初でした。事前の打合せによりテーマは「もっと科学に女性を! Women need science, Science needs women」として、科学分野において女性の参画が足りないこと、その背景となっている無意識のバイアス、それに気づくことや、メンター・ネットワーキングの重要性について話をしました。トークの後のブレイクや懇親会で、何人からも声をかけて頂けたので、昨日のリハーサル含め、週末返上で行った甲斐がありました。
d0028322_16405311.jpg
d0028322_21330306.jpg
東北復興関係のトークもいくつかありました。もっともスタンディングオベーションを得たのは、予想通り、ライフブリッジの櫻井亮太郎さん。東北の魅力について発信しているユーチューバー、Chris Broadさんの活動も素晴らしい。真ん中の花魁の衣装の方はLily Norikoさん。同時通訳の会社Lily's Transupportを運営いる方です。最後のトークをされました。留学の経験は無しって、すごいなぁ……。
d0028322_21282706.jpg
今回の企画運営チームの約半数が留学生というのもユニークな点だったと思います。辛子色のトップスの女子たちは、その隣の2名の男子とともにエンターテイメントとして2曲披露した、本学学生のブルーグラスのユニット。
d0028322_21324464.jpg
個人的には、学友会に昇格したアカペラコーラス部del mundのユニット、Cloverさんたちが良かったかな。披露したのは「ふるさと」と「なごり雪」でした。
d0028322_21371536.jpg
全体代表はChanon君。タイからの留学生。
d0028322_21363469.jpg
お疲れ様! そして、次もイベント開催できるように頑張って下さい!

TEDxTohoku UniversityのFacebookページはこちら

(いずれ、プレゼンはスクリプト付きでウェブにアップされる予定)

ちなみに、本日は「世界自閉症啓発デー」でもありました。もう一言、自分のイントロ、加えた方が良かったと反省……。最後になってスライド2枚削ったので、あと18秒あったのに。

by osumi1128 | 2017-04-02 22:17 | 東北大学 | Comments(0)