リヨン料理

本日は学会初日ですが、実際には夕方から。
朝から3つほど書類を作って、うち一つは投稿原稿なので、ほっとしたところ。
お待ちかね(?)の旅の画像・食事編です。



いかにも、という感じのヨーロッパの路地に面したブゥションへ。
リヨン料理_d0028322_1934975.jpg

地下の穴蔵(元はワインの貯蔵庫)でアペリティフを。
リヨン料理_d0028322_1936612.jpg

お店の雰囲気はこんな感じでカジュアル。豚のサラミがぶる下がっています。画像に問題のある方はお申し越し下さい。
リヨン料理_d0028322_1938313.jpg

地元のワイン(ボジョレー)。倒れにくいように瓶の底がものすごく厚い。豚の絵がいかにも地元っぽい。
リヨン料理_d0028322_19412833.jpg

アペリティフはポーチドエッグのワインソース添え。ポーチドエッグもリヨン風のアイテム。例えば今回は食べませんでしたが、リヨン風サラダには必ず入っています。
リヨン料理_d0028322_19432848.jpg

Marie-Pierreさんがサラダを取り分けて下さって、前菜2品目はいろいろな盛り合わせ。
リヨン料理_d0028322_19455279.jpg

今取り分けているのは豚の田舎風パテですね。
リヨン料理_d0028322_19481067.jpg

サマースクール校長先生のW先生のメインディッシュは豚の頬肉のワイン煮込み。
リヨン料理_d0028322_19503870.jpg

私が食したのは鶏のレバーのムース。美味しかったけど、半分で挫折でした……。
リヨン料理_d0028322_19525585.jpg

フランス人男性3名が注文していたのがこれ。なんと、牛の胃袋にパン粉を付けて揚げたもの。ものすごいボリュームでしたが、ふと気付くと完食されてました(溜息)。
リヨン料理_d0028322_19543291.jpg

ちょっとワイングラスに隠れてしまってますが、お店のオネエサンが取り分けているのが、これも名物のクネル。魚の擂り身にソースがかかったものです。
リヨン料理_d0028322_19571796.jpg

さて、デザートの前にチーズです。真ん中のものは結構キツイ味でしたね。時計回りで左から2つが八木のチーズです。
リヨン料理_d0028322_2002496.jpg

こちらはフロマージュブランにハーブ等を混ぜ込んだもの。軽めです。
リヨン料理_d0028322_2035050.jpg

さらにデザートに突入する人もあり。溜息……。私はエスプレッソのみ。
リヨン料理_d0028322_2052562.jpg

始まったのが8時半くらい。ようやく12時前にお開きとなり帰途に付きます。こちらは市庁舎だったかな?
リヨン料理_d0028322_2071629.jpg

あ、スターバックス、みっけ!
リヨン料理_d0028322_2084111.jpg

地下鉄とトラムを乗り継いで帰りました。
リヨン料理_d0028322_2010213.jpg

地下鉄に掲示されていた印刷物。何か惹かれる雰囲気があったので。
リヨン料理_d0028322_20112959.jpg

by osumi1128 | 2009-09-06 20:11 | 味わう

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31