バイオメディア・アートの新展開

またまた東京です。
用務の一つは日本学術会議の科学力増進分科会(毛利さんが委員長)の会議で、サイエンスアゴラがらみのイベント等の打合せ・確認等だったのですが、これについては、また改めて。
ちなみに予告ですが、脳科学関係で市民公開シンポジウム主催します。
その他にも出番があるようです……。

英語の総説よりも先に、科研費書かないといけませんでした……。
昨今は重複申請の縛りがキツイので、あまり出せるものがないのですが、本当は基盤研究のような個人で行う基礎的なものの枠がもっと広がったらよいのにと思っています。

バイオメディア・アーティスト(って言うのだろうか?)の岩崎さん@早稲田からのお知らせです。



「バイオメディア・アートの新展開:交錯する美と知の迷宮へようこそ」
日時: 2009年10月2日(金)18:30-20:30
入場無料(登録不要,定員280名)

場所: 東京大学鉄門講堂
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html

「細胞を創る」研究会2.0(2009.10.1-3)のホームページ:http://jscsr.org/sympo2009/
お問い合わせ:info (at) jscsr.org
パネリスト:
久保田晃弘(メディアアーティスト,多摩美術大学教授)
銅金裕司(メディアアーティスト,京都造形芸術大学教授)
竹内昌治(マイクロデバイス工学,東京大学准教授)
岩崎秀雄(造形作家・微生物学,早稲田大学准教授:コーディネーター)

いつの時代にも,芸術は生命の表現に心血を注ぎ,生物を素材とする表現を行ってきました。生命科学が高度に発展し,「細胞を創る」という構想まで浮上してきた現在,生命科学の技術や概念,また生物そのものを取り上げたアートが,現代芸術の分野で改めて大きな関心を集めています。
アーティストたちはその時々の最新技術を用いて,時にはその技術の使い方を塗り替えるような使い方を考案してきました。例えば,20世紀後半には(ニュー・)メディアアートの名のもとで,芸術とエレクトロニクスやコンピュータのさまざまな試みが行われ,科学と芸術の双方の分野で多くの成果が生み出されてきました。これに対して芸術とバイオテクノロジーのコラボレーションは21世紀になってようやく本格化したばかりで,その事例もまだ多くはありません。そんな新しいアートの世界とその世界観を,気鋭のアーティストと研究者に紹介していただきます。(上記サイトより転記)


うーん、行きたいけど、ちょっと無理そう……。
盛会を祈念しています。
by osumi1128 | 2009-10-01 02:51 | お知らせ

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30