仕分け評決への意見:科学技術振興調整費 女性研究者支援システム改革

どうも標記の事業については、まだ出足が悪いようなので、行政刷新会議担当副大臣・政務官へ送ったメールをこちらに貼り付けておきます。
同様の御意見の方はどうぞご参考になさって下さい。





送ったメールはこちら。
(すみませんURLのリンク、埋め込んでいません)
行政刷新会議担当
副大臣中川正春様
政務官後藤斎様

お世話になっております。
東北大学ディスティングイッシュトプロフェッサー・
総長特別補佐(男女共同参画担当)の
大隅典子と申します。

標記事業につきましては「予算要求の縮減(1/3程度)」との評決がなされました。
公表されている評価者のコメントには
「保育所の設置に限定するなら良いが、研究費は余分」
「女性研究者に課題な補助金を与えるのは逆差別になりかねない」
「支援は重要だ。研究費をつけるという支援の仕方はいけない」
等が散見されました。

平成18年度から開始されたいわゆる「モデル事業」は
いわば女性研究者の裾野の拡大であり、
環境整備や両立支援を推進して来ました。
その成果は着実に出つつあります。
これに対して平成21年度から開始された「加速プログラム」は
より高い職位に付ける女性研究者の増加を目指した施策です。

我が東北大学は1913年に日本で初めて女子学生を受け入れた伝統がありますが、
現状における女性研究者の割合は9.4%と非常に低い状況です。
そこで、これまでの「杜の都女性科学者ハードリング支援事業」を推進し
さらに今年度からは「杜の都ジャンプアップ事業 for 2013」として、
今後5年間の間の女性研究者採用プランを策定し、
種々の取組が開始されたところです。
http://www.morihime.tohoku.ac.jp/index.html

イノベーションの推進はこれからの日本のあり方の基本と思われ、
それを担う人材には多様性が必要です。
ご存じのように、研究人口に占める女性比率は、
日本では先進国の中で最下位の13%となっており、
ついに韓国にも抜かれてしまいました。

韓国はトップダウンで女性研究者育成支援を行っており、
その中心は
National Institute for Supporting Women in Science & Technology
(NIS-WIST)という国の機関です
http://english.wist.re.kr/

女性採用大学へのインセンティブの付与、
女性対象の研究費の支援などが行われています。

また「逆差別」とう御意見はよく言われることですが、
圧倒的に両性の比率に差がある場合において、
法律的に差別とはならないことは、
日本学術会議から2008年7月24日に出された提言
「学術分野における男女共同参画推進のために」
(科学者委員会男女共同参画分科会とりまとめ)
において明記されております。
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-20-t60-8.pdf

本来このようなシステム改革は大学等で独自に行われるべきではありますが、
毎年、運営費交付金が減らされている状況にあっては、
自らの資金で女性研究者育成支援を推進することは、
事実上不可能な状況にあります。
標記事業の大幅な縮減は、
女性研究者の育成について、せっかく芽が出始めたところで
摘み取ってしまうようなものになります。

関係各位におかれましては、このような付帯条件についてご勘案頂き、
日本の科学技術を遂行する人材の多様性が確保されるように、
女性研究者支援システム改革の推進を強く御願いする次第です。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。


Commented by まめ母 at 2009-11-20 14:20 x
はじめまして。地方大学の助教です。当該事業によってさまざまな支援をいただいております。そこで、私もメールを送りました。稚拙な文章ですが、大隅先生とほぼ同じ内容かと思います。声が届くことを期待しております。(字数制限のため次のコメントに文面を記載します)
Commented by まめ母 at 2009-11-20 14:21 x
今回の事業仕分けでは、事業の予算の1/3を縮減ということで、事業自体が否定されているのではなく「節約する」ことが求められているのだと受け止めたいと思います。
ただ、カットすることを求められている研究費支援は、多様な資金繰りの手段の一つとして、必要な場合もあります。国立大学法人化後、運営交付金の削減により、特に国立大学の理系では、個人で研究室を運営するのが非常に困難な状況です。女性が研究を進めるうえでの大きなハードルの一つであると思います。対象者に支援が必要かどうかの審査を適正に行うこととし、予算枠としては継続すべきだと思います。
また、本事業の成果はさまざまなところで実感しております。京都大学で開催された学会への参加を通して、女性研究支援センターを利用する機会があり、その充実ぶりに感心しました。女性研究者支援システム改革事業によって、ようやく私たちの求めていたものが旧帝大を中心にできつつあるところだと感じました。(**大学で目指しているものがすでに実践されている)
Commented by まめ母 at 2009-11-20 14:22 x
しかし、こういった施設はまだ、お試し期間であり、継続的な運営が行えるかどうかは、利用者である女性研究者や共働きの男性研究者の数の増加にかかっていると思います。利用者の数の増加のためにも、まずは環境を整えることが優先されるべきだと思います。
理系の修士卒で専業主婦になったような人たちも、男女共同参画に関しては関心が高いです。環境さえ整えられれば、さまざまな形で研究の世界に戻ってきてくれる可能性はありそうです。さまざまな雇用形態での女性研究者の裾野が広げられなければ、男女共同参画の環境は継続的に維持できず、一線で活躍する女性の数も増えないように思います。
政府には長い目、大きな視野で見た支援事業を展開していただきたいと存じます。
Commented by 博士課程男 at 2009-11-20 17:38 x
女性研究者の増加を目指した施策は必要だと思います。
ただ,ここで一つ心配なのは,博士課程の男性の定員を
減らす必要はないんでしょうか?
研究者養成の段階から施策をしていかないと,職に就けない
男性ポスドクが後々大きな問題になると思います。


Commented by とみー at 2009-11-20 18:42 x
この件に関しては出足が悪いということですが,女性研究者支援の意義は当事者である若手女性以外にはあまり理解されづらく,また若手女性研究者の割合が少ないことも影響しているのでしょうね.

また,少なくない男性研究者が「逆差別」を懸念していることも一因でしょう.そういう事例はなくはないのですが,全体として少ないことは統計をみれば分かります.しかし,自分の生活がかかっているとなかなかそのように共感できないことも事実ですよね・・・

以前,少しだけ勉強させていただいた知識とこのエントリを参考に文章をしたためて,文科省へ送りました.少しでも力になれば・・・
Commented by Sapphire at 2009-11-20 21:13 x
初めまして。地方の教育系大学で教員をやっております(女性です)。私自身はこの事業の恩恵は受けていないのですが、自分を振り返って活躍する女性の先輩に大きな影響を受けたことを考えると、あちこちに多くの女性研究者が存在していてほしいと思います。文面を参考にさせていただいて、文科省にコメントを送りました。役に立つかどうかはわかりませんが・・・
Commented by yuyu_chocomaron at 2009-11-20 22:29 x
はじめまして。
地方の大学で研究員しています。(当方も女性です)
女性研究者支援の活動は自分の大学でもありますが、それに関わっている人たちは熱心に活動されているようですけれども、周りはどうかというと、その活動自体は認知していると思うのですが、だからといってその活動に参加するかというとそういうわけではありません。
たまに「女性研究者ばかり」、「今は女性を採らないといけないんでしょ・・・」みたいなことを同年代の男性PDや上の世代の男性研究者の声を耳にすることさえあります。ある意味、全学の中で一番活発に支援活動がなされているキャンパスで。
Commented by yuyu_chocomaron at 2009-11-20 22:29 x
そんな中で、「博士課程の男性定員を減らす・・・」ということを耳にしたら、きっと「逆差別だ!」と大騒ぎになるのではとおおよそ想像できます。
女性研究者支援制度は若い女性だけが関係する制度ではなく、彼女たちの周りにいる上の世代や同期、それから次世代と、性別関係なくすべての人たちが関係していると思います。
制度がおこなわれて、ようやく崩れない土台ができて、これからというときにこのような出来事が起こるのは、「これから」何か変えられるかもしれない、変えていけるかもしれないという時期に非常にやるせないです。
私たちが関係省庁に送った声(私ももちろん送りました)はどこまで届くのでしょうか。どこまで受け止めてもらえるのでしょうかね、私たちの声。
気づいてもらえるのでしょうか、本当に大切なことに。




Commented by ワープアポスドク at 2009-11-21 14:31 x
・・・博士課程に進学する女性の学生を増やすことがまずは重要ではないでしょうか?女性学生だけ学費を軽減したり、特別奨学金をつけるなどして。アファーマティブアクションをかけるならここだとおもうのですがいかがですか?。
現状は博士課程に進学する学生は理系であれば圧倒的に男性バイアスになっているような気がします(正確なデータなどもってはいないですが)。現状の女性研究者の数が圧倒的に少ないのはそもそも研究者を志す女性が少ないためでもあるのではないかと思います。

学位取得後の研究者にアファーマティブアクションをかけるのはともすれば逆差別になるのではないかと思います。
Commented by 化け屋 at 2009-11-22 15:50 x
博士課程に女子学生に特別支援するのが第一段階でしょう。無能な留学生にお金をばら撒くより批判は少ないはず。逆に、現役の研究者を優遇しすぎるのは問題かと。明らかに能力を超えているお金をもらって勘違いしている人、多数。化学者だけどね。こういう政策って、20年ぐらいかけて完成させるものだよね。
Commented by 研究員 at 2009-11-22 18:45 x
一部の研究者の不当な研究費確保は、全体にとって不利益です。東北大学長の論文ねつ造疑惑は大丈夫なんでしょうか。
学長は世界トップレベル研究拠点プログラムのひとつにも関わっているようですが、仕分け会議のような公の場で説明できるのか不安です。
不適切な書き込みなら削除してくださって結構ですが、以前から気になっているので、書きこみました。
Commented by まめ母 at 2009-11-24 10:57 x
女性研究者にとっての大きなハードルは、“子育て”と“家庭”です。
博士課程に女性が増えるだけでは、テニュアやキャリアの女性研究者は増えないと思います。博士を持っていても専業主婦(あるいは、何とか研究補助の職を得ている)という方が私の周りにはたくさんいます。
最先端の科学とワークライフバランスをどのように両立させるかは大きな問題ですが、男女共同参画が進めば女性ばかりが家庭のために研究をあきらめる必要はなくなるのではないかと思います。
Commented by 地方研究者 at 2009-11-25 01:20 x
まめ母さんのおっしゃる通り博士課程に女性が増えるだけでは女性研究者は増えないと思います。しかし、博士課程に女性が増えなければそもそも女性研究者は増えないですよね。女性特有のライフイベントに配慮したキャリアパスというのは必要だと思います。一部の大学では任期制では産休育休がとれないという制度があるなど大いに改善すべきですが、研究費の配分など男女問わず研究者として平等であるべきものに対してバイアスをかけるのは行き過ぎですよね。
Commented by J at 2009-11-26 23:39 x
男女共同参画のもと、実力が伴わない人が女性というだけで教授になったりすることがあると聞きます。それは行きすぎです。
Commented by ギリギリポスドク at 2009-11-27 22:23 x
”声の小さいものは干される”が今回の仕分けの教訓と思いますので、恥ずかしながら一言。

”男女共同参画が進めば女性ばかりが家庭のために研究をあきらめる必要はなくなる”とのことですが、若手研究者は男女問わず既に、
家庭をあきらめる、
研究をあきらめる、
人生をあきらめる、
といった厳しい現状にあります。
そんな中で、家庭と研究の両立のために女性優遇を進めてくださいと言われても、それは過保護・逆差別にしか聞こえません。
衣食足りていないので礼節を失いかけていますが、「本学は、男女共同参画を推進しています」の一文を見るにつけ、恨み言の一言も言いたくなるのです。
“子育て”と“家庭”がハードルであるのは十分承知しております。
でもそれは、女性採用大学へのインセンティブの付与や、女性対象の研究費の支援で埋め合わせるのが本当に妥当なのでしょうか。老若男女共に共感できる男女共同参画案を切に願います。
Commented by 北 佐枝子@東北大学ポスドク at 2009-11-28 15:39 x
私は,東北大学地球惑星GCOEでポスドクをしております.先生とは学部は違いますが,女性研究者支援の事業で開かれる大隅典子先生の講演会などを聞いたりして,女性研究者をやっていく上での勇気をもらっていました.

そういう女性研究者支援が縮小すれば,東北大学でなんとか進んできた女性研究者の支援が大きく衰退し,女性研究者登用目標など大幅に下回る状況になることは,間違いないです.

東北大学地球惑星GCOEプログラムも,世界的研究拠点を作ることを第一の目的としていますが,女性研究者の働き方を柔軟に支援しているものでもあります.このGCOEプログラム(事業番号3-52  大学の先端的取組支援 )も,予算1/3縮減の仕分け結果になり,私は,61名の仲間と共に反対の意見書を文部科学省に提出し,緊急声明を本GCOEの公式HPにも発表しました.ご一読ください.
声明: 
www.gcoe.geophys.tohoku.ac.jp/info/20091127.htm
新聞記事:
www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news/20091128-OYT8T00021.htm
Commented by abenatsu at 2009-11-28 19:21 x
初めまして。思いっきり仕分けられたJAMSTEC(海洋研究開発機構)の研究員(女性)です。事業仕分け始まって以来,大隅さんのTLやブログを拝見させていただいています。大変多くの情報を頂いて助かっております。

自分の部門も大変(URL参照)なのですが,遅まきながら女性研究者支援の事業仕分け結果についても,パブリックコメントを書こうと思っております。

そこで,つかぬ事を伺いますが,予算が1/3になると,具体的に自体がどうなるでしょうか?例えば東北大のモデルで。

 例えば,私は研究費も必要だと思うので,この議論には賛成できないのですが,「研究費はいらない」という理由で1/3に縮減(つまり2/3カット)というのは計算が合わないと思うのです。
Commented by abenatsu at 2009-11-28 19:21 x
(続き)
一人の研究者の研究費と給与(奨励金)の比率は1:4くらいでしょうか?
だとるすと,1/5カットならまだ話は分かる。
というような,例があれば,この後のブログやTLなどでつぶやいていただければ幸いです。(なんだか蓮舫議員の様になっているけれど。。。)

ところで,私は男女共同参画の方にはあまり貢献していないかも,と思っています。自分のプロジェクトで手一杯。出来ることからしか出来ないので仕方ないと言い訳しつつ,でも自分が生き生きと研究を続けていれば,後進が付いてきてくれると信じております。
 大隅さんの存在自体,きっと周囲の方々に,沢山の勇気を与えておられるのではないかと思います。とてもお忙しそうなご様子ですが,どうぞお身体にお気をつけて,今後ともご活躍をお祈りしております。

PS.北さん,お互いがんばろうね!
by osumi1128 | 2009-11-20 13:12 | 科学技術政策 | Comments(18)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30