サプライズ!

研究者の生活は、研究所と大学とありますが、大学はやはり季節がはっきりしています。
秋は例年、学位審査のシーズン。
今年は学位申請者が3名と多めの年回りで、本日午前中に3人目のディフェンス(うちは一次審査と呼びます)が終わりました。
だいたい30分のプレゼンと30分程度の質疑応答が行われます。
私は聴きに行かないので、どうしているか、ただ気になる訳ですが、とにかく、論文で言えばminor revision、再度のプレゼンは行わなくても良い、というご判断を審査員の先生方から頂けたようです。
やれやれ、これで終わり、という訳ではまったくないのですが、一つの大きな山を越えた観があります。




ということで、心優しいラボメンバーが「学位一次審査突破おめでとう!の会」をランチタイムに開くことにして、昨日のうちからメニューの選定など準備をしていました。
結局、宅配のピザとお寿司と、一部持ち寄りのお料理(Nさん、有難うございました)となったのですが、開会にあたって、私から一言ご挨拶。
「無事に一次審査終了できたのは皆さんのおかげです」
で、乾杯!(といってもソフトドリンク)となったのですが……。

「実はもう一つお祝いがあります!」
と言って、学位取得予定の3名が一旦廊下に出て戻ってくると……

……手に大きな箱を抱えていて……

「先生、お誕生日おめでとうございま〜す!!!」
というサプライズだったのでした。

うちのラボの習慣となっているバースデイカードへの寄せ書きですが、いつも後手後手でbelatedになるのに、私の分は若干早めに頂いて恐縮です(^_^;)
皆さんがびっしり書いてくれるのを、一つ一つ読むとじんわりした気持ちになりました。

仙台に研究室を主催するようになって11年経ちましたが、学生さん2名、スタッフ2名の小さなラボから、徐々に成長してきました。
良いメンバーに来て頂けて、ここまでやってこれたのは、本当に幸せなことです。
これからも頑張らないと、と改めて思いました。

皆さん、有難うございました!

*****
夜、打合せを兼ねた会食の折にも、行きつけのお店でバースデイケーキのサプライズ!
今年はどうも早めに年を取ってしまいました(苦笑)。
ま、年齢自体はあまり関係ありませんが。
by osumi1128 | 2009-11-28 00:24 | 雑感

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31