祝生命科学プロジェクト総合研究棟落成&包括的脳科学研究・教育推進センターシンポジウム

先週末はイベントが重なっており、ブログ更新が遅くなってしまいました。
まずは、生命科学研究科プロジェクト総合研究棟落成式の件から……。
祝生命科学プロジェクト総合研究棟落成&包括的脳科学研究・教育推進センターシンポジウム_d0028322_23255320.jpg

東北大学の生命科学研究科は8年前にできたのですが、元々、理学研究科の生物系、農学研究科、遺伝生物研究センター、加齢医学研究所からのポストによって設立されたという経緯があり、まだ独自の建物がありませんでした。
関係の諸先生方にとっては、まさに悲願の建物だった訳です。
で、めでたく竣工された建物は、とても素敵なところでした。
デザインも、機能的にも(←使ってみないと、という面はあるでしょうが、たぶん)。



ガラスが多用されていてとても明るいイメージです。1階のロビー部分。ソファの色も明るくていいですね。
祝生命科学プロジェクト総合研究棟落成&包括的脳科学研究・教育推進センターシンポジウム_d0028322_23422319.jpg

こちらは200名収容できる大講堂。
祝生命科学プロジェクト総合研究棟落成&包括的脳科学研究・教育推進センターシンポジウム_d0028322_23425676.jpg

こちらは小さめのセミナー室。奥に架かっている絵は玉川大学の塚田先生の作品。150号の大迫力!
祝生命科学プロジェクト総合研究棟落成&包括的脳科学研究・教育推進センターシンポジウム_d0028322_23434448.jpg

私のお気に入りはこちらの中庭の風景。これは土曜日の撮影分なのですが、空の色も綺麗でした。
祝生命科学プロジェクト総合研究棟落成&包括的脳科学研究・教育推進センターシンポジウム_d0028322_23465258.jpg

落成記念の序幕式と見学ツアーの後に、近くのエクセル東急ホテルにおいて落成記念式典と祝賀会が開かれました。
文科省からはライフサイエンス課長の石井様や、脳プロのプログラムディレクターもされている大阪バイオサイエンス研究所所長の中西先生からもご来賓のお祝辞を賜りました。

これから続々とお引っ越しの研究室が入ってきて、建物の中が賑やかになるでしょうね。
良い環境において良い研究が為されることと思います。
祝生命科学プロジェクト総合研究棟落成&包括的脳科学研究・教育推進センターシンポジウム_d0028322_23525595.jpg


*****
一夜明けて、翌日は朝9時から包括的脳科学研究・教育推進センターシンポジウムでした。
このシンポジウムのために、日本の神経科学学会の主要な先生方がお集まりでした。
以下ご発表順にお名前を。
中西 重忠先生(大阪バイオサイエンス研究所):神経情報の柔軟性と適応性:報酬系の伝達制御
丹治 順先生(玉川大):数える脳と時間をはかる脳
木村 實先生(京都府立医大):ご褒美と罰によって私達の行動を司る脳のしくみ
狩野 方伸先生(東京大):シナプス刈り込みのGABA作動性抑制による調節
三品 昌美先生(東京大):「分子から脳へ」の魅力
貫名 信行先生(理化学研究所):脳にたまるゴミとクリーン作戦
伊佐 正先生(生理研):意識に挑む脳科学
岡部 繁男先生(東京大):分子と細胞の動きが支える脳の機能
高田 昌彦先生(京都大):日本から発信する霊長類脳科学研究の新しい展開
田中 啓治先生(理化学研究所):プロ棋士の直感の神経基盤
川人 光男先生(ATR研究所):ブレインマシンインターフェースと計算神経科学
宮下 保司先生(東京大):主観的視覚を支える脳機構

これだけの発表を一度に聴けるチャンスは、そうそうあるものではありません。
参加できた方々は本当にラッキーだったと思います。
皆さん、脳科学の将来の方向性をそれぞれに熱く語っていらっしゃいました。

東北大学脳科学GCOEからは、私の他は臨床寄りのご発表でした。
福土 審先生:内臓感覚が生む脳
曽良 一郎先生:心の病と脳科学研究
糸山 泰人先生:アストロサイト障害としての視神経脊髄炎
大隅典子:東北大学脳科学GCOEのご紹介と高次脳機能に対する神経新生の関与

糸山先生のところは神経内科でALSの研究も治験まで進みつつあるのですが、今回は別の難病である視神経脊髄炎についてでした。
多発性硬化症という別の病気との診断が難しいのですが、現在、異なる病態メカニズムによることが明らかになりつつあり、将来的には良い診断マーカーも開発できるかもしれないというお話でした。

220名を超える参加者であったと聞いています。
はるばる京都から来た修士の学生さんもいらしたとか。
画像を取り損ねたのですが、ランチはロビーを上手く使っての立食でした。

閉会のご挨拶は丹治先生から。
丹治先生は元東北大学医学系研究科の教授であり、4月からは同センターのセンター長として仙台に戻ってこられます。
東北大学脳研究者プラットフォームから脳科学GCOEを経て、人文科学系や数理系の方々にも御参画頂いて、東北大学の脳科学がさらに発展することを期待したいと思います。
祝生命科学プロジェクト総合研究棟落成&包括的脳科学研究・教育推進センターシンポジウム_d0028322_0105866.jpg

Commented by bostonmarathon at 2010-01-19 00:31 x
建物はどこにできたのですか?
調べれば分かることかもしれませんが。
Commented by osumi1128 at 2010-01-19 23:21
片平キャンパスの北西、正門から入って2つ目右側になります。
Commented by bostonmarathon at 2010-01-20 15:26 x
片平でしたか。
by osumi1128 | 2010-01-19 00:13 | 東北大学 | Comments(3)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28