伝わるプレゼンテーション

先日、中秋の名月を迎えて今日は十八夜。
東の空に上る月は「居待月」と言うらしい。
だんだん月が上がるのが遅くなっていくので、立待月、居待月、寝待月、更待月……となる。
典雅な呼び名は忙しい日常に、少しだけ安らぎをもたらす気がする。

*****
「大学の先生」は、もちろん教員であるから、通常の学部生向け・大学院生向けの授業に加えて、先日の横手の高校で行ったような出前授業を行うのが仕事だが、研究者としては、学会発表、市民公開講座、サイエンスカフェ……などもある。
よって、年間のプレゼン回数は50回以上にのぼると思う。
それなりにスキルやノウハウが蓄積してきたので、2004年に『プレゼンテーションの基本』という本を刊行し、4刷くらいになっているはず。
元々は、ラボ内で毎回同じことを学生さん等相手に言うので、きっと世の中の他の先生にも喜ばれるに違いないと思って執筆したのだが、ときどきスキルアップのセミナーに呼ばれることもある。
今年も、10月1日の夕方17:00から第一講義室で大学院生向けに行う予定。

【予習したい方へ】
仙台通信:Twitter Lecture:プレゼンのコツ(その1)
仙台通信:Twitter Lecture:プレゼンのコツ(その2)




一つ前の「オープンエデュケーション」のトピックとも関連するが、大学の講義もどんどんオープンなものになりつつある。
ウェブ上に置かれれば誰でも視聴できるようになる訳で、そうすると人気のある講義とそうでないものは、どんどん格差が付くことにもなる。
例えば、NHKなどでも取り上げられた「サンデル先生の〈正義〉に関する講義」はハーバード大学からYouTubeにコンテンツが提供されている。

サンデル先生の講義は「語る」ことが中心で「プレゼンテーションエイド」つまり、平たく言えば、パワーポイント(PPT)のスライドなどは無しではあるが、インタラクティブな講義を行う上で大変参考になる。

『ウェブで学ぶ』の冒頭で紹介されているのは、マサチューセッツ工科大学(MIT)の物理学ルーウィン教授の「体を張った」名物講義
こちらもやはりいくつかのバージョンがYouTubeにアップされている。
「一回の講義は1つのイベントのようなものだ」と言うルーウィン教授が1回の講義の準備にかける時間は25時間以上という。

かつて学部の講義で「発生学」を初めて聴いたとき、某N先生は「人体発生学」の教科書を頭からお読みになって、「句点」のところで「……ですね。」と仰った。
これが、90分の講義時間の間、ずっと続いたのである。
……結果として、私がその講義に参加したのは、その1回だけであったと思う。
「自分で教科書を読んだ方が早い」と判断したからだ。
今にして思えば、これはN先生が「自分で勉強しなさい」ということを薦めていたのだと思う。
何故なら、期末試験の他に『実験医学序説』を読んで感想を書く、という課題もあったのだ。

……ともあれ、四半世紀の間に講義スタイルはかなり変わってきたことは確か。

助手になって初めて担当した90分の講義は、板書の準備もし、配布用ハンドアウトやオーバーヘッドプロジェクタ用のトランスペアレンシー(←知らない若い方も多いだろう)を整えて臨んだが、三分の一くらいの時点で投げ出したくなったことを今でも覚えている。
自分は「教える側」としては駆け出しで、授業を聴いている相手は何年にもわたって「教わるプロ」となっていて、しかも「必修」だから講義室にいるだけ。
私のエネルギーはどんどん彼らに吸い取られていき、ほとんど萎えそうな気持ちだった。

そんなことを原点にして、ひたすら努力を重ねてきたつもりであり、今も日々是精進。

最近ときどき見ているのがTEDのプレゼン。
これはもう「エンターテイメント」の域なので、はるかに難易度が高いものであり、皆がこんな風にできる訳ではないと思うが、「楽しさ」や「意外性」という要素が、学生だったり聴衆だったりの「学びたい」気持ちを高め、「記憶」を定着させやすくすることは間違いない。
したがって、種々のビジュアルなエイドが多用されている。

先日参加したTEDxChange Globalでも講演されていたHans Rosling博士の「HIV: New facts and stunning data visuals」
ボランティアの方が日本語字幕を付けているトークもあるので、お薦めしておこう。
「ハンス・ロスリング:地球規模の人口増加について」

【関連リンク】
サンデル先生の〈正義〉に関する講義
マサチューセッツ工科大学(MIT)の物理学ルーウィン教授の「体を張った」名物講義
Hans Rosling博士の「HIV: New facts and stunning data visuals」
「ハンス・ロスリング:地球規模の人口増加について」

『プレゼンテーションの基本』
by osumi1128 | 2010-09-25 23:52 | お知らせ | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128