セミナー@Richardson研&ゼキ先生表敬訪問

セミナー@Richardson研&ゼキ先生表敬訪問_d0028322_2263426.jpg昨晩早めに寝てしまって、あまり時差調整できていない。
夜中に目が覚めて、しばらく横になって考え事をし、いよいよ4時くらいに起きてセミナーのKeynote最終チェックやらメール処理やらをし、7時半くらいに朝食を食べて、9時半に最初の訪問先のロンドン大学(UCL)William Richardson先生のところへ向かう。
さんざんインターネットでチェックした割には、根本的なところで間違っていて、結局到着したのはぎりぎりになってしまった……orz
まぁ、それでもセミナーは無事に終わり、その後も良いsuggestionsや先方の情報など教えて頂いて、有意義な1時間半はあっという間に過ぎた。

その後、Semir Zeki先生のところを訪ねてDarwin Buildingへ。
なんでDarwin Buildingというのか、一応Wiki先生に訊いてみると(笑)、UCLの初代の解剖学の教授であったRobert Edmund Grantがダーウィンの師匠であったためらしい(Wiki先生がいつも正しいとは限らないのだけど)。




セミナー@Richardson研&ゼキ先生表敬訪問_d0028322_2361572.jpg今回のイベントの趣旨等をご説明した上、ご来日のご予定のチェックをして、留学中の日本人ポスドクの方も一緒にファカルティークラブのようなところでランチを頂いた。
上の画像は、ゼキ先生の翻訳本『脳は美をいかに感じるか―ピカソやモネが見た世界』 (下の画像)で、サインを頂いた。
東北大学脳科学センターと脳科学GCOE共催の国際シンポジウム(1/22)の方では視覚認知のお話を、市民向けのご講演(1/21)では神経美学のお話を伺える予定。
とても楽しみ!
by osumi1128 | 2010-12-08 02:19 | 旅の思い出

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31