I(Innovation)はお金で買えないけれど……

今日は午後からは、ちょっと大きな視点でものを見る仕事の日だった。
政権交代等でごたごたしたが、間もなく第4期の科学技術基本計画が策定される予定であり、主題が「Science & Technology」から「Science, Technology & Innovation」にシフトする。
イノベーションという言葉自体、もういい加減に聞き飽きた感もあるのだが、800億円注ぎ込んだ某プロジェクトから産業応用されるようなシーズが出なかったり、ということもあって、きちんと出口を考えよう、というのは税金を使うからには当然という世間の目もある。




そもそもイノベーションって何?ということもあるのだが、とりあえず「これまでに無い、社会を変えるくらいの画期的なテクノロジーやシステム」くらいの緩い定義にしておいたとして、「イノベーション」そのものは、デパートに売っていたり(最近はデパートでモノを買うヒトは少ない?)、もちろんAmazonでクリックしたりできるようなものではなく、どれほど資金を投入したとしても買うことはできないだろう。
それは、バックグラウンドの異なる人間が出会い、共感して生みだされるものであり、それぞれにオリジナルなものであるはずだ。
ただし、イノベーションの芽を育てるには、手間暇だけでなく資金が必要。
新しいものは試してみないとわからないし、やってみて改良改善していかなければならない。

そう、だから「I(Innovation)はお金で買えないけれど、お金が無ければI(Innovation)は育たない」のだ。

お金で買えないI(Innovation)のために必要なのは、専門性を持ったユニークな人材、柔軟でポジティブな思考を備えた人物が育つことや、人と人が出会う場や、風通しの良い環境だったりだろうか……。

(上記「I」の代わりに「愛」を当てはめて頂いても、結構使えるフレーズかも)
by osumi1128 | 2011-02-24 19:37 | 科学技術政策

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30