米国駐日大使からのメッセージ

地震・津波の被災者の困窮が続く中、まだ余震も続いており、福島原発の状況は予断を許さない。
本日付で、John Roos米国駐日大使からは以下のようなメッセージが出た。

A Message to American Citizens from Ambassador John V. Roos - March 17

Twitter上での日本語の要点を転載しておく。
@AmbassadorRoos




福島第一原子力発電所から50マイル(80 km)圏内に居住しているアメリカ市民は避難するか屋内退避するように勧告しました

最新のニュース:アメリカ市民の皆さんへの3月17日付メッセージです

米国大使館は状況が変わりしだいアメリカ市民の皆さんに情報をお届けします

緊急援助の必要なアメリカ市民で詳細情報の必要な方は表記のe-mail アドレスまで連絡を下さいJapanEmergencyUSC@state.gov

米国はこのような悲惨な事態となっている日本と日本在住のアメリカ市民の皆さんを援助するためにあらゆる支援を行ないます。

(米国大使館では)日本在住のすべての米国市民の所在と安否確認のために領事部業務を24時間行っています。

日本への支援として、災害対策専門家、捜索救助チーム、技術アドバイザー、後方支援を申し出ています。

海兵遠征軍の人道支援調査チームが仙台で被害を受けた地域の調査を行い、飲料水を配送するなど救助活動において日本政府の支援を行いました。

第三海兵遠征軍と在日海兵隊基地の海兵隊員と海軍兵、及び民間人約481名が「友達作戦」を支援するために前方展開しています。

Friday, March 18 @ 0900: U.S. Embassy Tokyo has arranged buses to transport 600 U.S. citizens from Sendai to Tokyo: http://goo.gl/W0RQk
by osumi1128 | 2011-03-17 17:42 | お知らせ

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31