発表終わり

今朝は8:30からのシンポジウム、しかもトップバッター。
朝が苦手な私としてこれほど辛いことはない。
7時に起きてルームサービスで朝食を頼み、スライドの最終チェックをして、10分前に会場へ向かう。
(こういうとき、近いと便利なのだ。つまり、方向音痴+朝が苦手の両方のために、会場隣接のホテルを選んでいることになる)

一番大きなホールはさすがに8時半だとまだガラガラで、ちょっとやる気をそがれる。
しかも、同じセッションの最後に話す予定のFred Gageの姿がまだ会場になくて、さらにがっかり。
まあ、前座だから仕方ないなと諦め、アドレナリンを上げようと努力する。
Keynoteでの初プレゼンは、85点くらい。
とにかく時間をきっちり終わるようにオーガナイザーからは厳しく言われたので(直後が中西重忠先生の特別講演のため)、途中数枚のスライドをはしょり、20秒前に発表を終えたのだが、最後にCollaboratorsのスライドを見せるのを忘れてしまったのだ。
これはプレゼンとして大変失礼なことだ(深く反省)。
質疑応答はやっぱり頭の働きが悪くて、言いたいことを120%伝えられなかったので、80点というところか。

6人のスピーカーで、最後のスピーカーのGageが5分オーバーしたが、これはPlenary Lectureに呼んでいるくらいなのだから、多めに見てあげないといけない。
でも、時間が押しているから質問なしというのは、ちょっと可哀想。
Plenary Lectureは仕方ないとして、Symposiumなんだから・・・

その後の中西先生のお話は、お若い時に何を考え、どんな風に研究していらしたのかが分かって意義深かった。
冒頭に紹介していたSydney Brennerの言葉が面白かったので、ここで紹介しておこう。

Progress in science depends on new techniques, new discoveries, and new ideas, probably in that order.

中西先生ご自身も、常に時代の最先端のテクニックを取り入れて研究を進めてこられた。
私も同感で、技術の開発がブレイクスルーに繋がると信じて、例えば培養哺乳類胚を用いたelectroporationなどを確立してきた。
同時に、廃れてはいけない技術を伝承することも大切だと思う。
例えば、電子顕微鏡技術などは、キットでできないので若い世代の方があまり行わない傾向があるが、これはとても重要だと考えている。

さて、これからFred Gageとディスカッションの予定。
午後のセッションの後には、午前中のシンポジウムの演者とその仲間たちで中華街に繰り出して打ち上げの予定。
幸い台風は昨晩抜けていって、今日は良い天気だ。
by osumi1128 | 2005-07-27 13:20

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30