第8回IBRO大会@フィレンツェ

ジェノヴァからフィレンツェは列車の旅。
途中まで海沿いを通って、その後、内陸部に入る。
向日葵畑が続く、いかにもトスカーナ的な景色や、大理石の石切場と加工場などを眺めつつ、ピサでの乗り換え含めて約4時間くらいでフィレンツェに到着。
「内陸部だからジェノヴァより暑いよ」と言われていたが、こんなに暑いとは思わなかった。
ネットで見てみると気温は37℃、ってことは体温より高い。

学会は昨日から始まり、今年50周年となる国際脳科学会議(IBRO)の歴史や、歴史的なイタリアの神経科学者(ゴルジとかガルバニとかですね)についての講演、開会セレモニーとしてフィレンツェの伝統的な音楽隊のデモンストレーション等があった。
Plenary Lectureの後には女性1名、男性2名でトゥーランドットや椿姫などのオペラの小品が歌われた。
アンコールは「オーソレミオ」で、拍手喝采。
第8回IBRO大会@フィレンツェ_d0028322_2172824.jpg

by osumi1128 | 2011-07-15 21:10 | 旅の思い出 | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31