日本橋が変わった

朝の弱い私は、月曜日午前九時集合の東京の用事に始発の新幹線に乗る勇気はない。
よって、またとんぼ返りで夕方出てきた。
数日前には刈り取りbefore & afterの田んぼが混在してパッチワーク状だったのが、今日は刈り取られたところの方が圧倒的に多い。
実りの秋も終盤というところか。

さて、せっかくなので、中学の同級生の友人が参加しているという現代アートの企画に行ってみた。
三越前の三井第三別館ビルを中心に、日本橋から神田エリアに展開しているというのだが、まず、場所を正確に把握しておらず、辺りをうろうろ。
このエリアに来るのは久しぶりで、新しくなった三越も、千疋屋のビルなどが変わったのも初めて。
三井タワーというビルが三井本館に隣接して建てられ、高層階には超高級ホテルのマンダリンオリエンタル東京が12月にオープン予定だという。

東京の景気はとても良いらしい。
というのは、外資系銀行にお勤めのお茶のお友達情報。
数年前は「私もリストラされるかも・・・」と何度も聞いたが、結局彼女は管理職として残っている。
金融業界は景気を一番敏感に反映するとのことで、今は「とてもaggressive」なんだそうな。
確かに、東京へ来るとここには資本が集中しているということがよく分かる。
こういう一極集中は、東海沖地震、台風や洪水、ヒートアイランド化などを考えると、東京がコケたら日本がみなコケるということになるのが予測されて、ちょっとコワイ。
とはいえ、1929年に建てられ重要文化財に指定されている三井本館を残しつつ建てられた三井タワーなど、素敵な建築を見るのは面白い。
アートもまた都会ならでは醸成されるものも多いだろう。

さて、その企画とは空き家になったビルの部屋などを利用して、その場での製作などを見せるもの(興味のある方は下記のウェブをご覧あれ)。
http://www.altdesigners.com/
元々の江戸下町エリアに現代アートというのはなかなかシュールでポップ。
とっても残念だったが友人には会えなかった。
数年前に哲学をやっているご主人の転勤に伴って横浜から広島に移ったのだけど、最近のメールによればちょっと馴染めずにブルーという話だった。

それまでずっと育った東京圏から8年前に仙台に来たときに、私も2年くらいずっとブツブツ文句を言い続けた(とくに日が短くなる秋から冬にかけてが最悪)。
アレがない、コレがない、日が沈むのが早い、人が少ない(今はそれがどれほど楽なことなのかよく分かるのだが)、地下鉄の終電が早い、コンサートや展覧会が来ない、店のサービスが悪い(というか、サービスが何たるか分かっていない)、エトセトラ・・・
友人もきっとそういうモードなのだろう。
さらに、研究者と違って一匹狼のイラストレータの彼女と話の通じる友達が周りに少ない(予想)ということも辛いのかも。
インターネットでどこにいても全国や世界の情報が手に入る時代であっても、自分の周りの環境というのはとても大事なことだ。

この秋から新しくラボに加わったポスドクのMさんは、大阪からの引っ越しで、さらに「初めての一人暮らし」ということもあり、少々心配している。
by osumi1128 | 2005-10-02 22:21

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30