改札口の法則

公式には9連休となった年末年始が明けて、短い1月に案件が集中しています。

一人の人間がどのくらいの案件を抱えるかは、その方のキャパによると思いますが、
最終的には「改札口の法則」に従わざるをえません。

これは何かというと、
混雑した駅の改札口では、結局、
「一度にひとりずつ」しか通ることができないように、
多数の案件を抱えていても、最後の詰めは、
一つひとつずつ仕上げていくしかない、
という意味です。

そんな風に、一つひとつこなしていく間に、
「実績」と称されるようなものが後に残っていくのでしょう。

もし「効率」を考えるのだとすると、
改札口を通す「順番」をどうすればいいか検討するのは一案です。
つまり、案件のプライオリティーを考えて、
一番先に誰を通したらよいのかを工夫すべき。

「お宿題」を抱えた冬休みでしたが、
1週間以上まとまった休日は久しぶりで、心機一転、
2015年は新しいことにチャレンジする年としたいと思います。

by osumi1128 | 2014-01-08 12:41 | 雑感

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30