門戸開放プログラム

先日、東北大学医学部一年生対象の教育プログラムとして「門戸開放」の時間があり、6名の学生さんたちがラボ見学に来ました。
まずは、午前中の「医学研究」の講義で時間切れとなって見せられなかった動画をいくつか見てもらいました。
門戸開放プログラム_d0028322_21581572.jpg

実験関係で見てもらったのは次のようなものです。
・マウス脳の摘出と固定
・実験動物施設見学
・培養細胞・組織切片観察
・光遺伝学によるてんかんモデルラット動画視聴

実は、最初と最後のメニューは当日追加となったオプションでした。
マウス脳の摘出は、医学部3年生で「基礎修練」と呼ばれる研究室配属中の学生さんにデモしてもらいました。
門戸開放プログラム_d0028322_21583427.jpg

てんかんモデルラットの方は、テニュア・トラック准教授の松井広先生と打合せがあったので、これ幸いと、PCの中にあった動画を見てもらいました。
門戸開放プログラム_d0028322_21585141.jpg

実際に手を動かすと、さらに発見があると思います。
by osumi1128 | 2014-01-13 22:01 | 東北大学

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30