2015年のお初釜

本日は東京のお茶の先生のところでお初釜でした。昨年はバタバタとしてしまって、結局いちどもお稽古に伺えず仕舞いでした。今年のお初釜も、晴れやかに着物を着る気分にはなれず、洋装で参加させて頂きました。
2015年のお初釜_d0028322_19262857.jpg
毎年お初釜に掛けるおめでたい鶴のお軸は、酒井道一という琳派の流れを組む方とのこと。松竹梅に鶴亀も加えた図柄もよく見ますが、このくらいすっきりしている方がお洒落ですね。お香合は振り振り(←クレヨンしんちゃんとはまったく関係なしww)。お花は椿に柳。柳は典型的な飾り方としては、床の間の上の方から下げるのですが、先生が「この部屋の大きさに合わせて、先の細いところだけ使ったの」とのことでした。
2015年のお初釜_d0028322_19263531.jpg
黒塗りの真の台子で、金銀に塗られた「島台」のお茶碗で先生のお手間を拝見できるのは、お初釜のときしかありません。貴重な機会です。お菓子はいつもお稽古でお願いしているご近所の「ちもと」さんの「花びら餅」。夏のかき氷も有名になっていますが、最近は「八雲もち」が大人気とのこと。

それにしても、こうやって季節ごとに同じことを繰り返すことができるのは、平和な世の中に生かしてもらっているのだとしみじみ思いました。

お茶を頂いた後にくじ引きで景品を頂き、その後、社中の皆さんとの会食でした。今年はなんとか畳の上で季節を感じる時間を持ちたいと願っています。

by osumi1128 | 2015-01-11 20:06 | 雑感

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31