天才X努力:『荒木飛呂彦の漫画術』を読み終わって

d0028322_23144472.jpg荒木飛呂彦さんは天才だ。それは、2013年の東北大学ホームカミングデーの基調講演に登壇して頂いたときに、十分わかったのだけど、それに加えて努力家だったのだと本書『荒木飛呂彦の漫画術』を読み終わって痛感した。

漫画を成り立たせている要素として「キャラクター、ストーリー、世界観、テーマ」の4つがあり、それらを増補し統括するのが「絵」と「セリフ」だという。

そのキャラクターを作るのに、詳細な「身上調査書」をまず作成して、登場人物の性別、年齢、生年月日、血液型、出身地、慎重、体重、髪の色、瞳の色、学歴、将来の夢、恐怖、性格、特技、癖……と、本当に細かくいろいろな情報を予め決めておくことが大事。その細かさが半端ない。そうでないと、描いている間に矛盾が生じてしまったりするからだという。

本書は30年以上漫画を描いてきた荒木さんが、「王道漫画」を描くための「黄金の道」を記したものであり、いわば「企業秘密」ではあるのだけど、漫画の世界をこよなく愛しているからこそ、後に続く方が本書を「地図」として、自分を超えていって欲しいと願うのだろう。

頂点を目指すには、「単に一過性でヒットすればいい」と思っていては駄目だと釘をさしてもいる。これはおそらく、どんな分野であれ本当のことだと思う。努力し続けることができること自体も天才なのかもしれない。

荒木さんの漫画の描き方は、デビューの頃と比べて徐々に変わってきた。それは、ご自身の絵の描き方自体も、プロとしてトレーニングされ、洗練されていったからであるとともに、時代の流れをきちんと取り込んできたからでもある。「変わる」ことによってこそ、常に「変わらず」新しい感覚を備えた漫画になるということも、他の分野でもその通り。

本書における「漫画」を「論文」に置き換えて、いろいろ考えてみることにする。


by osumi1128 | 2015-06-14 23:35 | 書評 | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30