いくつになっても冬休みの宿題が無くならない><

2015年も残りあと10日ほど、今週、最後の講義を川内キャンパスで行いました。「ジェンダーと人間社会」という全学教育(いわゆる教養科目)のオムニバウ講義を1コマ担当しました。タイトルは「性の決定」。生物学的な視点からの「性」についての話でした。
いくつになっても冬休みの宿題が無くならない><_d0028322_22150234.jpg
いくつになっても冬休みの宿題が無くならない><_d0028322_22160989.jpg

(週刊ダイヤモンドのコラムとしても書いています♬)

講義の最後に「ミニッツペーパー」という小さな紙に感想などを書いてもらうのですが、皆さん楽しんでもらえたようで、けっこう長いコメントが多かったですね。来年はまた一工夫します。

「大学の先生は夏休み・冬休みが長くていいですね」と言われることがありますが、まったくそんなことはありません!!! 授業の担当が無いときにも、研究は平常営業ですし、学生さんは学部生だけではなく、大学院生もいます。

さらに最近、何か「夏休みの宿題」や「冬休みの宿題」が増えている気がします……。この時期、締切が年明けに設定されている申請書や評価書などが……。年明け早々の「班会議」での研究成果報告もありました。┐(´д`)┌ヤレヤレ

大人になったら冬休みの宿題から解放されると思っていたのですが、まだまだ続くようです。

by osumi1128 | 2015-12-19 20:22 | 雑感

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30