風邪にご用心!

飛び込みの仕事などもあり、机の上がまだまだ片づかない日々です。
そう考えると、アメリカ出張のときの方がやっぱり少しゆとりがあって、情報の入力・消化と発信のバランスがとれていたのかもしれませんね。

渡米前に消化管に影響の出る風邪を引いて、それが治ったと思ったら、日本に戻って今度は「喉・咳・鼻水」という典型的な風邪を引きました。
日頃、ラボメンバーには「病気にならないように気を付けましょう」と言っている自分が風邪を引いていてはいけないのですが、ちょっと寒さと出張疲れで病原菌をやっつけるだけの体力が及ばなかったようです。

日頃気を付けている「風邪対策三カ条」というものがあります。
1.寒くないようにする(とくに、「首」を冷やさない。つまり、喉、手首、足首など)
2.ビタミンCの大量摂取(錠剤でも、ホットレモネードでも、蜜柑でも)
3.人混みの中に行く場合は、必ずマスクをする
今回は、帰国してから東京等に出張する際に「マスク」を忘れたのが敗因かもしれません。
新幹線に乗ってから気が付いたのですが、コンビニに駆け込む時間もないなどで守れませんでした。
皆さんも、どうぞ気を付けて下さいね。
病気は「なってから治す」のではなく「予防が肝心」です。

さて「数値目標」云々のエントリーにコメントをたくさん有難うございました。
MYさんがご指摘の「講座制」の問題は、女性問題に限らず、新しい分野をすぐに取り入れるなどの際にネックとなっていることですから、改善されていくことを望みます。
また、少子化対策とも関連すると思いますが、子供のいる家庭に対する経済的援助や、分娩費用の軽減なども、外堀を埋める意味でも必要です。
男性の育児休業取得率が女性と同等になったら、ボスも「女性を採用すると不利」とは思えなくなるでしょう。

皆さん、いろいろなご意見を是非『「科学技術に対する基本政策について」に対する答申(案)』にエントリーしましょう。
締め切りが12月11日です。
by osumi1128 | 2005-11-29 22:27

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30