名古屋大学の女性研究者育成に学ぶ

過日、学内の多元物質研究所の男女共同参画セミナーがあり、パネリストとして招かれたのでお邪魔してきた。基調講演の講師は、名古屋大学大学院理学研究科の森郁恵先生で、名大が「女性限定公募」を行ったことにより、良い効果があったこと、リーディング大学院プログラムの中に「女性リーダー育成」を位置づけ、毎年「女性が9割、男性1割」の合宿を行ったこと、学童保育、単身赴任等の問題が次々と浮かび上がり、それを1つずつ解決していったこと、などを語られた。現時点で、名大理学部の女性教員は18名、29%とのこと(まぁ、欧米なら普通か、まだ少ないくらいです)。「逆差別ではないか」とよく言われる「女性限定公募」について、良い面の方が多かったと言い切っておられた。
名古屋大学の女性研究者育成に学ぶ_d0028322_23341914.jpg
名古屋大学は、工学部よりも理学部が強い大学だからこそ、という面もあると思われる。森先生曰く、「女性が入って来たことによって、変革が進んだ」とのこと。(世の中には、「変革を望まないから、女性に入ってきてほしくない」という組織も多いだろう) 合宿は子連れOKにしているので、女子大学院生にとって、子どもを持つことのの疑似体験になったり、男性が「マイノリティ」としての気持ちを味わって、理解を深めるなどの効果があるとのこと。
名古屋大学の女性研究者育成に学ぶ_d0028322_23343610.jpg
最後は、森先生の後に採用された女性神経科学者とともに、「世界拠点」の概算要求を通したというお話。名古屋大学ゆかりの郷通子先生のところに相談しに行った際、「女性でこういう相談に来たのは初めて」と言われたという。
名古屋大学の女性研究者育成に学ぶ_d0028322_23351724.jpg
パネル・ディスカッションは、所長の村松淳司先生が司会役となり、森先生に加えて、本学生命科学研究科の杉本亜砂子先生と大隅が加わった。生命科学研究科では、昨年の人事で2名の公募を女性限定にはしなかったが、結果としてどちらも女性が選ばれ、現在、ようやく3名の女性教授となった。

フロアとのディスカッションでは、女性教員からの仕事との両立やキャリアパスの現状についての不安や、女子大学院生を抱える男性教授の悩みなどが語られ、かなり本音の突っ込んだ議論ができた。

ともあれ、国大協の目標である「2020年までに女性教員比率を20%に!(トリプル20)」がオリンピックとともに迫ってきている現状にどのように対応するか、それぞれの大学、それぞれの部局における対応が求められている。

【参考リンク】

by osumi1128 | 2016-02-27 23:49 | ロールモデル | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28