拙著あとがきのあと(その5):岡ノ谷さんの書評@読売新聞

上海で仕事があって日曜日から2泊3日、実質1日の滞在でした。exciteブログにアクセスできない、ついでに言えば、TwitterもFacebookもDropboxもアクセスできない環境にいて、「ここは中国なんだ……」と実感しました。行きは仙台からの直行便で3時間、帰りは成田経由になってしまったので、半日がかり……。往路のチャイナエアよりも、復路のアナさんの方が日本的なおもてなしを受けられますが(しかもB787だったし)、便利さから言えば、やっぱり直行便ですね。ただし、日曜日と水曜日のみの運行なのです。(この出張のことは、別エントリーにします)

で、日曜日の読売新聞の書評欄、キンカチョウの歌学習や、ハダカデバネズミの社会性などの研究で著名な岡ノ谷一夫先生が、拙著『脳からみた自閉症 「障害」と「個性」のあいだ』を取り上げて下さいました! 岡ノ谷先生、ありがとうございます♫ 一部引用させて頂きます。
◯英語のDevelopmentは遺伝子が体を形成する過程である「発生」の意味も含む。これを「発達」と略して訳したのが誤解を招いている。
◯自閉症者と健常者の違いは症状の量的な差だけであり、本来は連続している。
まさに強調したいところを的確に捉えて下さいました。

岡ノ谷先生の書評のおかげで超プチクラウドファンディングに弾みがつくかも?
拙著あとがきのあと(その5):岡ノ谷さんの書評@読売新聞_d0028322_23455523.jpg

by osumi1128 | 2016-05-24 23:56 | 自閉症

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30