週刊ダイヤモンド連載「大人のための最先端理科」第171回: ブレーク寸前の新技術 培養皿で“ミニ脳”を作る

長谷川眞理子先生の記事が加わって、掲載日がずれました。第171回目を担当するコラム「ブレーク寸前の新技術 培養皿で“ミニ脳”を作る 」が週刊ダイヤモンド誌に掲載されています。
週刊ダイヤモンド連載「大人のための最先端理科」第171回: ブレーク寸前の新技術 培養皿で“ミニ脳”を作る _d0028322_06500382.jpg
今回は、過日奈良で開催された第22回国際神経発生学会のレポートを兼ねています。

ちなみに、ちなみに、今回第169回のコラム「鍵は見た目? 繁殖の可能性? 生物の「種」を分けるものは何か 」を執筆された長谷川眞理子先生(総研大学長)、第170回「ミクロとマクロの世界を繋ぐ 臨界現象の統一理論の魅力 」を書かれた小谷元子先生(東北大学材料科学高等研究所所長)と本コラム執筆の私は、みな東京学芸大学附属高等学校の同窓生♬ 3人とも理系ですが、国語教育に共通する環境因子があったのでしょうか……。


by osumi1128 | 2018-06-18 06:56 | サイエンス

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31