ガゼ雲丹を食べるなら、やっぱり仙台でしょう♬

首都圏で暮らしていた頃(といっても20年も前になってしまいますが)、雲丹といえば箱に綺麗に並べられたものや、軍艦巻きになった状態、祖父の出身地の山口名産の瓶詰めくらいしか知らなかったのですが、仙台に着任して初めて「殻付き」の状態で供されることを知りました。
d0028322_08185544.jpg
「ガゼ雲丹」とは「箱雲丹」に対比して、殻付きの状態のサービスを指します。「殻付き雲丹」としてメニューに載っていることもあり。ちょうど今の時期が美味しいシーズン。過日、市内で頂いたのは、今年初めて、さらに今までで食べた中で最高のクォリティ! そうか、殻付きガゼ雲丹の中にもランクがあるのだなぁと思い至りました。

こういう話をすると食欲が落ちる方もいるかもしれませんが(苦笑)、雲丹の可食部は生殖腺。美味しさの成分としては脂質と核酸ですね。まだ完全に精巣・卵巣に分かれる前の状態が大きくて味も良いとのこと。

カジュアルに食べるのであれば、仙台朝市で。

ちなみに、下関名産の雲丹は、アルコール漬けで保存食品。これはこれで、酒の肴として素晴らしい珍味です。暖かいご飯に載せて頂くのも最高! 例えばこちら(画像は高島屋オンラインストアから拝借)。
d0028322_08352074.jpg
粒雲丹の謂われなどは下記のサイトをご参照あれ。

by osumi1128 | 2018-07-08 08:39 | 味わう | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー