ご恵贈御礼『情動と言語・芸術 認知・表現の脳内メカニズム』

芸術や言語を脳科学の観点から論ずる書籍はいろいろあるのですが、過日、最新の朝倉書店「情動学シリーズ」として『情動と言語・芸術 認知・表現の脳内メカニズム』をご恵贈頂きました。
d0028322_21530892.jpg

森悦郎先生は東北大学の高次機能障害学の前教授で、ずっと脳科学グローバルCOEでもご一緒させて頂いていましたし、川畑秀明先生には脳カフェにも来ていただいたことがありました。同じくセミール・ゼキ先生のお弟子さんの石津智大博士(現ウィーン大学)も著者として参加されています。

ここしばらくバタバタとしており、ゆっくり落ち着いて読めないので、まずは章立てのみ記しておきます。詳しくは朝倉書店さんのウェブサイトを参照下さい。

*****
執筆者一覧
●編 者
川畑秀明 慶應義塾大学文学部人文社会学科・教授
森 悦朗 大阪大学大学院連合小児発達学研究科・寄附講座教授

目次
1. 美的判断の脳神経科学的基盤  [石津智大]
2. 芸術における色彩と脳の働き  [池田尊司]
3. 脳機能障害と芸術  [川畑秀明]
4. 音楽を聴く脳・生み出す脳:症例から探る音楽の認知と鑑賞のメカニズム  [佐藤正之]
5. アプ口ソディア(Aprosodia)  [高倉祐樹・大槻美佳]
*****

【関連リンク】
拙ブログ:脳科学とアートのコラボ(2011.9.24)
拙ブログ:塚田稔先生の「仮面舞踏会」(2018.2.23)

by osumi1128 | 2018-07-22 07:48 | 書評 | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30