初めてのGlobal Neuroscience Social

昨日、無事に帰国。サンディエゴは1990年代から何度も訪れた場所で種々の思い出があるのですが、今年は新たにSfNのソーシャル開催という経験が加わりました。
d0028322_06134439.jpg
UCアーバインでPIをされている五十嵐啓さんから「せっかく多数の日本人がSfNに参加するなら、そこでソーシャル(あまりに巨大で全体の懇親会はできないため、グループ別に開催される懇親会のような交流イベント)を開催したらどうでしょうか?」という相談を受けたのが昨年の8月末。日本神経科学学会会長の伊佐正先生や、国際連携委員会の尾藤晴彦先生にもご相談し、SfNのSponsored Socialの申し込みを大隅と五十嵐先生との連盟で行って頂き、今年の3月に受理されて実現しました。
d0028322_06154600.jpg
今回、日本人のためのソーシャル(Japan Nightなど)ではなく、研究者としての頭脳循環をグローバルに推進することを目的とした内容として行いました。そのため、学会からの支援により公式なプログラムに掲載されるソーシャルとして開催できたことは良かったと思います。
d0028322_06145900.jpg
企画はすべて五十嵐先生によるもので、私はSNSでの拡散などのお手伝いをしました。会場はマリオット・ホテルの宴会場の中でも一番端っこだったのですが、予想以上の数の参加者に恵まれて何よりでした。また、サプライズとして五十嵐先生の元ボスであるMay-Brit Moser先生も駆けつけてくださいました!
d0028322_06141103.jpg
「えー、飲み物、自分で買うの?(タダではなく)」や「スピーカーの話が長かったのでは?」などのご意見もあろうかと思います。Human Frontier Science Programその他の留学や国際共同研究用の研究費の説明を行うなどのプランもありえると思っています。来年の企画に活かしたいと思いますので、ぜひ、本ブログのコメント欄その他でご連絡下さい。
d0028322_06161683.jpg
スピーカー等の情報を備忘録として載せておきます。

SfN2018 SfN-sponsored Social: Global Neuroscience Social
Tuesday Nov 6 6:45-8:45pm Marriott Marquis: Grand Ballroom 13

Different countries have different ways of neuroscience. Experiencing neuroscience in foreign countries will give you a new perspective in your science career. This new Global Neuroscience Social is for mixing neuroscientists from American, European and Asian countries and encouraging you to acquire experience in new countries. Three PIs with their own labs in non-native counties will give short presentations to discuss their experiences.

-Want to meet rising-star PIs in various countries?
-Considering applying PI positions in other countries?
-Want to get information for international grant submissions like HSFP or ERC?

Then you should join us!!!

Short Talk Presenters:
1.Megan Carey. Champalimaud, Portugal (USA→Portugal)
2.Izumi Fukunaga, OIST, Japan (UK→Germany→Japan)
3.Emre Yaksi, NTNU, Norway (Turkey→Germany→USA→Belgium→Norway)


Special Guests: Joshua Johansen, Johathan Whitlock, Jayeeta Basu, Takaki Komiyama, Michael Yartsev, Thomas McHugh, Keisuke Yonehara, Hiroshi Ito, Nicolas Tritsch, Tadashi Isa, Haruhiko Bito, Zach Mainen, Barry Everitt


6:45 – 7:00 Free session for grabbing drinks
7;00 – 7:05 Introduction
7:05 – 7:30 Short Talk by Junior/mid-career investigators (5 min talk + 2 min questions) x 3
“How and why I started my career in a new country: scientific advantages to move into my country” (Standing session)
7:30 – 8:45 Free mixer
[Moderator: Noriko Osumi (Tohoku Univ, Japan) and Kei Igarashi (UC Irvine, US)]


Food and drinks
Cash bar and dry snacks will be provided.

Supported by:
Japan Neuroscience Society, FENS, IBRO, Kavli Institute for Systems Neuroscience NTNU, and Champalimaud Neuroscience Programme.


by osumi1128 | 2018-11-09 06:17 | 科学 コミュニケーション | Comments(0)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30